News

2017年8月30日(水)

『CoD:WWII』マルチプレイヤーデザイナー・Sean Soucy氏にインタビュー。師団の選択が勝利のカギ

文:電撃PlayStation

 『CoD』シリーズの原点となる第二次世界大戦(WWII)に舞台を移したPS4用最新作『コール オブ デューティ ワールドウォーII(CoD::WWII)』。

 ドイツ・ケルンで開催された“gamescom2017”の会場にて、本作のマルチプレイヤーデザイナー Sean Soucy氏(以下、敬称略)にインタビューを実施。世界が注目するマルチプレイの内容を中心にお話を伺った。

『CoD: WWII』

今までの『CoD』らしい感覚も残しつつ、“WWII”の世界を描く

――本作のマルチプレイの特徴を教えてください。

Sean:ブーストジャンプやウォールランニングなどのアクションはありませんが、地形を生かしたり、WWIIらしい戦術的なプレイにフォーカスした戦いが楽しめるようになっています。

――ブースで実際にプレイしてみたのですが、近年の『CoD』とはひと味違う手触りでした。どのような調整がなされているのでしょうか?

Sean:武器は昔ながらの『CoD』らしさを感じられるように調整されています。WWIIという設定に戻ることを考慮してゲーム内のあらゆる要素を見直し、プレイヤーが期待するものに近づけるよう武器の調整を行いました。

――前作『CoD:Infinite Warfare』と比べると、本作の武器の感覚はどう変わっていますか?

Sean:選択する武器にもよりますが、一部の重火器は反動が少し増加しています。ただし、プレイヤーが慣れ親しんだ『CoD』の武器の感覚を維持することも重要であり、WWIIの体験を再現することも重要なので、これだという感覚を実現できるまで長い時間をかけて調整を行いました。

――マップデザインは、史実を再現したものになっているのでしょうか?

Sean:当時の戦闘や出来事には豊かな歴史があるので常に気にかけていましたし、できる限り忠実で多様な体験を提供できるように心がけました。ベータのマップではノルマンディー上陸作戦が行われた浜辺のひとつであるオック岬や、バルジの戦いの舞台となったアルデンヌの森が登場します。これらは歴史的に重要な意味を持つ第二次世界大戦の戦闘で、本作にはそのようなマップが豊富に登場します。

――本作から追加された“WARモード”の魅力はどんな点でしょうか?

Sean:師団システムがもたらす戦術の変化が一番の魅力だと思います。選択する師団が変われば、戦闘の内容が変わり、戦術も変化します。たとえば空挺師団がSMGで接近戦を挑み、山岳師団のスナイパーが遠距離から支援します。さらに機甲師団が重火器を持ち込むことで、非常に興味深いゲームプレイの組み合わせが生まれます。

――師団について詳しく教えてもらえますか?

Sean:発売時には空挺師団、歩兵師団、機甲師団、山岳師団、遠征軍の5つの師団が登場します。それぞれに独自の武器スキルと基本訓練が用意されています。とくにWARモードでは目標に合わせて適切な師団を選択することが大事になってきます。チーム構成も重要なので効率的なチームを組みたいなら、各師団から少なくとも一人ずつ選択しておくのがいいでしょう。

――師団のカスタマイズは可能ですか?

Sean:師団は新たな方法でキャラクターやプレイスタイルをカスタマイズできます。師団ごとに特定の武器スキルと師団技能が選択可能になりますが、好きな武器を使うことも可能です。

――Seanさんのお気に入りの師団はどれですか?

Sean:シーンによりますが、オック岬では歩兵師団で走り回るのが好きですね。狭い塹壕のハイペースな戦闘となるので、銃剣を装備して突撃します。とても楽しいですよ!

――ちなみに戦車は利用できますか?

Sean:WARモードでは利用可能です。『CoD』のマルチプレイヤーに乗り物を登場させるのは新鮮な気分でした。戦車を操縦することはできませんが、機銃席に乗り込んで攻撃できます。

――サプライドロップはありますか?

Sean:サプライドロップはゲーム内に登場しますが、プレイヤーに人気の要素である外見のカスタマイズなどで、詳細についてはまだ多くを語らないようにしておきます。外見を変化させるだけのものもあれば、ステータスを変化させる装備もあります。軍服やヘルメットなどです。

――日本のユーザーに向けてメッセージをお願いします。

Sean:ぜひとも師団システムを試してみてください。ピック10クラスシステムの代わりとなるもので、さまざまな要素が用意されています。各師団をやり込んでもらえればレベルが上がり、メインキャラクターのスキルに加算されていきます。WARモードでは、目標を制圧するのに最も効果的でバランスの取れたチームになるような師団を選択してプレイしてみてください。

――ありがとうございました。

9月2日(土)からプライベートベータを実施

 先行ベータ期間は終了してしまっているが、9月2日(土) 午前2:00 ~ 9月5日(火) 午前2:00(日本時間)の期間、プライベートベータが開催される。

 多彩な個性を持つ師団を駆使し、WWIIの世界を駆け回ろう!

(C) 2017 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY WWII are trademarks of Activision Publishing, Inc. All other trademarks and trade names are the properties of their respective owners.

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.648

    電撃PlayStation Vol.648表紙画像

    2017年10月12日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙&巻頭】SAO フェイタル・バレット
    【付録&本誌 W攻略】英雄伝説 閃の軌跡III
    【特集】モンスターハンター:ワールド
    【PS EXTRA】進撃の巨人2
    【電撃特報】仮面ライダーCF
    【SUPER PUSH】グランツーリスモSPORT
     真・三國無双8 / とある魔術の電脳戦機
     いたスト DQ&FF 30th ANNIVERSARY
     シャドウ・オブ・ウォー / 巨影都市
     ARK / Vなま / Death end re;Quest
     LOST SPHEAR/俺達の世界わ終っている。
     信長の野望・大志 / サイコブレイク2
     Destiny 2 / 塔亰Clanpool
     限界凸城 キャッスルパンツァーズ ほか
    【Online Game Station】
     PSO2 / DQX / FFXIV / DDON / FFXI
    【コード付録】リディー&スールのアトリエ
     巨影都市 / キャッスルパンツァーズ
     塔亰Clanpool / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら

週間アクセスランキング
(PlayStation)

[集計期間2017年 10月15日~10月21日]