News

2017年9月22日(金)

【電撃PS】人気アニメ『ダンまち』ゲーム最新作のプロデューサー木村氏をインタビュー

文:電撃PlayStation

 2018年春にPS4、PS Vitaで発売予定のダンジョン探索型アクションRPG『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』
『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』

 本作のプロデューサーを担当する木村真二郎氏に、コンシューマ版『ダンまち』の概要や注目の要素についてお伺いしました。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』
▲プロデューサーを務める5pb.の木村真二郎氏。

――タイトルに『インフィニト・コンバーテ』とありますが、どのような意味合いでつけられたのでしょう。

木村真二郎氏(以下敬称略):日本語に直すと“永遠の戦い”となりまして、今回メインの物語もありますが、それが終わると自動生成の“エクストラダンジョン”が探索できます。そこで何度でも遊べる、長く楽しめるという意味でつけました。

――コンシューマ化の構想はいつからあったものでしょうか。

木村:実はアニメ化の前から構想がありまして、ゲームにしたいなとずっと思っていました。アニメ化されるという話になり、いよいよ制作をと思っていたのですが、企画がなかなか通らず時間がかかってしまいました。そうこうしているうちに2期も人気となり、ファンのみなさんが期待しているはずだ、ぜひゲーム化しようと制作に入りました。

――木村さんご自身がゲーム化したいというお気持ちだったのですね。ジャンルをアクションRPGとしたのはなぜでしょうか?

木村:まず、ゲーム化を考えるときに、私としてはゲームにしやすいかどうか、そしてゲームにしたときにどういう形が原作のファンを裏切らずに楽しんでもらえるものになるかを考えます。その点ですと“ダンまち”は“ダンジョン”とタイトルについているので、ダンジョン型のRPGしかないなと。さらに、アクションという要素は、ゲームを遊びなれていないアニメファンの方やや海外のファンが、手軽に直観的、そして長く遊べるだろうという観点から採り入れました。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』

――アニメ1期の主人公ベル・クラネルと、外伝にあたる2期の主人公アイズ・ヴァレンシュタインがそのままプレイヤーキャラとなるとのことですが、どういった経緯でこのシステムが採用されたのでしょう。

木村:企画を2期まで引っ張ってしまったということもありますが、2期によってアイズがみなさんに知られるようになったというのが理由です。ベルの成長ももちろんですが、【剣姫】として知られるアイズの強さ、かっこよさも魅力の1つなので、アイズで強敵を倒していく展開もユーザーさんに楽しんでもらえるのではないかと。難易度的にも、ベルとアイズとではまったく強さを変えています。

――主人公の切り替えはどのようにして行うのでしょう?

木村:『インフィニト・コンバーテ』は10章仕立てになっていまして、おもにベルがメインストーリーを担当します。章によってはベルのストーリー終了後にアイズを選ぶことができ、同じ時間軸のそれぞれの視点から物語を楽しむことができるシステムです。

――この作品における具体的な目標は何になりますか。

木村:ゲーム本編では駆け出し冒険者のベルを成長させていって、最終的にはボスキャラを倒すことが目標となります。初期段階から強いアイズが潜るダンジョンは深層まで探索できますが、それなりに苦戦するようなゲームバランスにしてあります。本編後のエクストラダンジョンではクエストをこなしていき、クエストをクリアするとお楽しみのお出かけ(デート)イベントが発生するという流れです。エクストラダンジョンは原作とはまた異なるダンジョンとなりまして、特殊な6種類のダンジョンを用意する予定です。

――こちらの作品の世界観は、原作準拠となりますか?

木村:そうですね。私が原作もののゲームを制作するときは、原作の雰囲気をどうやって生かすかを考えます。基本的にはできるかぎり原作の世界観・魅力を出すため、設定は崩さないようにしています。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』
▲駆け出し冒険者であるベルの成長の物語。本編の展開は、原作を忠実に再現している。

――逆に、本作オリジナルの部分はどの要素になるのでしょう。

木村:お出かけ(デート)イベントがそれにあたります。いろんなキャラクターとの特別な物語が発生しますし、特殊なクエストをクリアすることで温泉に行けたりもします。お気に入りのキャラをインタラクティブに選択できるというのも、ゲームの楽しみ方の1つです。ベル、アイズともに複数のデート可能キャラクターがいて、それぞれとお出かけできるエピソードが発生するようになっています。また、特定のキャラクターとデートを繰り返すと、デートイベントもより親密な内容となっていきます。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』
▲本編終了後に観られるデートイベントがこちら。デート対象キャラクターも多数存在するとのことで、期待は高まるばかり!

――木村さんがオススメする物語やエピソードがあれば教えてください。

木村:プレイヤーがベルになって成長段階を体験できるという点が、1番の魅力だと思います。そのほかにも、先ほども言いましたが温泉に行けたり、特定のキャラクターと添い寝ができたりするデートイベントも楽しんでください。今回、これまでのアドベンチャーゲームとは開発エンジンが異なりますが、アドベンチャーシーンもしっかり制作できています。

――ダンジョンパートでの質問です。ダンジョンではデフォルメキャラが採用されているのはなぜでしょう。

木村:まず誰でも手軽に、簡単な操作で遊べるということを基本に考えて、とっつきやすさからデフォルメキャラにしました。多くの敵に囲まれるシーンもありますので、デフォルメのほうが敵をたくさん出しやすいという技術的理由もあります。

――ダンジョンにアイテムや装備が落ちていることも?

木村:原作に宝箱はないのですが、その代わりに誰かの落し物として袋が落ちています。モンスターが装備品を強化する素となるドロップアイテムを落とすので、探索して集めていく楽しみもあります。また、ギルドではクエストクリアの報酬がもらえ、魔石を換金できるようになっています。

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』
▲デフォルメキャラが活躍するダンジョンパートでは、モンスターもデフォルメされているのが特徴的。手軽に操作しつつ、奥深いバトルを楽しもう。

――探索・戦闘パートで木村さんが苦労された部分はありますか?

木村:原作のとおりですとベルがすごい早さで成長しますが、ゲームで強くなる速度は自分しだいです。そのあたりのつじつまをどう合わせていくか、たとえばベルが長剣が持てるようになるタイミングをどう設定するかなどは、アドベンチャーゲームよりも精密でないといけない部分でした。また、ベルは素早く引きながら攻撃を放つ戦い方をします。デフォルメキャラでもベルらしく回り込みつつ戦えるように、攻撃モーションを調整しています。

――最後に、作品の発売を楽しみにしているファンの方々にメッセージをお願いします。

木村:この作品は、原作者の大森藤ノ先生に全体的に監修していただき、原作やアニメファンが楽しめる雰囲気を目指して制作しています。アクションRPGとしてもシンプルな作りで、長く遊べるようになっています。クエストの種類も複数用意しておりまして、いろいろな楽しみ方が可能です。いろんなキャラクターとも交流できるので、楽しみにしていてください。できるだけ早くみなさんにお届けできるよう、がんばります!

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか インフィニト・コンバーテ』

 なお、本作は9月21日(木)から24日(日)まで開催される東京ゲームショウ2017にて試遊が可能です。『ダンまち』ファンはぜひ会場でプレイしてみてはいかがでしょうか。

(c)大森藤ノ・SB クリエイティブ/ソード・オラトリア製作委員会 (c)MAGES./5pb. ※画面はすべて開発中のものです。

データ

▼『電撃PlayStaton Vol.646』
■プロデュース:アスキー・メディアワークス
■発行:株式会社KADOKAWA
■発売日:2017年9月14日
■定価:694円+税
 
■『電撃PlayStation Vol.646』の購入はこちら
Amazon.co.jp

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.648

    電撃PlayStation Vol.648表紙画像

    2017年10月12日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙&巻頭】SAO フェイタル・バレット
    【付録&本誌 W攻略】英雄伝説 閃の軌跡III
    【特集】モンスターハンター:ワールド
    【PS EXTRA】進撃の巨人2
    【電撃特報】仮面ライダーCF
    【SUPER PUSH】グランツーリスモSPORT
     真・三國無双8 / とある魔術の電脳戦機
     いたスト DQ&FF 30th ANNIVERSARY
     シャドウ・オブ・ウォー / 巨影都市
     ARK / Vなま / Death end re;Quest
     LOST SPHEAR/俺達の世界わ終っている。
     信長の野望・大志 / サイコブレイク2
     Destiny 2 / 塔亰Clanpool
     限界凸城 キャッスルパンツァーズ ほか
    【Online Game Station】
     PSO2 / DQX / FFXIV / DDON / FFXI
    【コード付録】リディー&スールのアトリエ
     巨影都市 / キャッスルパンツァーズ
     塔亰Clanpool / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら

週間アクセスランキング
(PlayStation)

[集計期間2017年 10月15日~10月21日]