News

2017年9月23日(土)

『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』レビュー。ウィングダイバーで巨大生物を駆逐せよ【TGS2017】

文:麦茶ん

 東京ゲームショウ2017のディースリー・パブリッシャーブースで、PS4ダウンロード専用ソフト『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター(EDF4.1 WDS)』をプレイしましたので、レビューをお届けします。

『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』

 本作は、『地球防衛軍4』や『地球防衛軍4.1 THE SHADOW OF NEW DESPAIR』のスピンオフにあたる縦スクロール3Dシューティングゲーム。舞台は、異星生命体“フォーリナー”が再び襲来してから数カ月経った世界です。また、マザーシップ撃退の裏側で起きていた事件がテーマになります。

 今回のプレイした体験版では、最初のステージをEASY、NORMAL、HARDの難易度から選択してプレイ可能でした。ゲーム性はいたって簡単で、敵の攻撃を避けつつ、自分の弾丸を浴びせまくる、俗に弾幕ゲーと呼ばれるものです。

 ちなみに、本作で自身が操作するのは、空中を飛び回れる兵科として人気のある“ウイングダイバー”。シリーズ内では、飛行するためにエネルギーを使いますが、本作ではなんとずっと飛び続けています!

『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』
『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』
『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』
▲武器は、“イクシオン”や“レイピア”などさまざまなものが選択できました。
『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』
▲カラー変更もできるので、自分の好みの色で出撃しましょう!

 敵は『地球防衛軍』シリーズでおなじみのアリやクモなどが、気持ち悪いという嫌悪感を覚えるほど出現。HARDでのプレイだったので、なんとか回避できましたが、「これよりも高い難易度だと、さらに大量の蟻酸や糸が襲いかかってくるのかな……」と思うとゾッとしました……。

『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』
『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』
『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』

 また、ステージのなかには“SHOOT UP TIME”と呼ばれる制限時間付きの演出があります。この間は、そのまま表現すると「だあああああ!」と敵が流れるように現れて、こちらの攻撃を一歩的に浴びせ続けることができる時間です。

 敵を倒した数でスコアが伸びるという要素もあるので、ここで攻撃ボタンを押しっぱなしにして、ガンガンスコアを稼ぐといいと思います。何よりも、爽快感がたまらない!

 体験版で試遊できるのは、最初のステージだけですが、その短時間でも敵を駆逐する気持ちよさが味わえるので、気になった方はチェックしてみてください。あと、カラー変更画面でおみ足を拝めるので、ウイングダイバーが好きな方にもオススメです!

■東京ゲームショウ2017 開催概要
【開催期間】
 ビジネスデイ……2017年9月21日~22日 各日10:00~17:00
 一般公開日……2017年9月23日~24日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)1,200円(税込)/前売1,000円(税込)
※小学生以下は無料

(C)Clouds (C)GIGA-RENSYA (C)SANDLOT (C)D3 PUBLISHER

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。