News

2017年10月17日(火)

SMEの新レーベル“UNTIES(アンティーズ)”発足。PS VR対応の『DEEMO -Reborn-(仮)』も制作決定!

文:電撃PlayStation

 ソニー・ミュージックエンタテインメントは、ゲームパブリッシング事業を行う新レーベル“UNTIES(アンティーズ)”の発足を発表した。

“UNTIES(アンティーズ)”

“UNTIES”の名前の由来

個性的なゲームと、そのクリエイターの優れた才能を世界中に解き放つ

 ゲームパブリッシュが抱える様々な束縛からクリエイターを解放し、自由な制作と制約なき出版を実現したいという意志から命名しました。

 近年、ゲーム開発環境の発展に伴い、小規模な制作体制でも良質なゲームの開発が可能になっています。また、デジタルパブリッシュの進化により、流通形態を問わず世界中のユーザーに自作タイトルを配信できるようになったことで、欧米を中心にインディーゲームのムーブメントが起き、トレンドになっています。

 その反面、小規模な制作体制であるからこそ生まれる独創的なゲーム性、ユニークで個性を持ったタイトルの数々が、注目されず市場に埋もれてしまうのを散見します。“UNTIES”は、そのような状況の中に潜む名作タイトルを見い出し、より多くのユーザーの目に触れ、遊んでもらえるよう、SMEが持つエンタテインメントビジネスのノウハウと推進体制を活かして、優れたゲームタイトルの情報拡散・販売をマルチプラットフォームで行います。

“UNTIES”リリース第一弾タイトル『TINY METAL(タイニーメタル)』

『TINY METAL(タイニーメタル)』

めぐる運命が、戦場を駆ける!

 “UNTIES”からのリリース第一弾タイトルは、気鋭のクリエイター・由良浩明が率いる開発スタジオ“AREA35”が手掛ける、本格戦略シミュレーションゲーム『TINY METAL(タイニーメタル)』です。

 PS4/Switch/PCのマルチプラットフォーム展開で、11月21日(日本時間)に世界同時リリースを予定している本作は、往年のターン制ストラテジーゲームが持つ懐かしさに、Unreal Engine を使用して描かれる最新の3Dグラフィックが融合した、世界中の幅広い世代の方々に楽しんでいただけるタイトルとなっています。

 クリエイターのターン制ストラテジーゲームに対するこだわりから、懐かしいゲーム性の中に新しいシステムを追加した、独自の改善点が盛り込まれた力作です。

『TINY METAL(タイニーメタル)』
『TINY METAL(タイニーメタル)』
『TINY METAL(タイニーメタル)』
『TINY METAL(タイニーメタル)』

■『TINY METAL』概要
【タイトル】『TINY METAL(タイニーメタル)』
【開発スタジオ】AREA35
【ジャンル】戦略シミュレーション
【プレイ人数】1人(オンライン機能あり)
【プラットフォーム】PlayStation 4/Nintendo Switch/PC
【発売日】2017年11月21日発売予定

⇒『TINY METAL(タイニーメタル)』公式サイトはこちら

“UNTIES”の今後のラインナップ

プレイヤーの深層心理から武器を具現化して戦う3Dアクションゲーム
『Last Standard』

 現役大学生による新進気鋭の若きクリエイター集団“I From Japan”が手掛け、先日行われた“東京ゲームショウ2017”のインディーゲームコーナーでも話題となった3Dアクションゲームです。

 SNSを介して深層心理を解析する“サイコダイブシステム”により、プレイヤーの深層心理から作り出された武器を手に戦うことができます。個人の個性により生成される武器での攻防が、本タイトルの最大の見どころとなります。

『Last Standard』
『Last Standard』

■『Last Standard』概要
【タイトル】『Last Standard』
【開発スタジオ】I From Japan
【ジャンル】3Dアクション
【プレイ人数】1人(オンライン対戦予定)
【プラットフォーム】PC 他未定
【発売日】未定

⇒『Last Standard』公式サイトはこちら

メカの造形に魅了される3Dロボット騎兵アクションゲーム
『Merkava Avalanche』

 コアな開発メンバー2名で構成され、ゲームクリエイティブに長けた“WinterCrownWorks”が開発する『Merkava Avalanche』は、ロボット戦闘が好きなプレイヤーであれば思わず魅入る、戦車型の騎兵メカによる集団戦闘3Dアクションゲームです。

 高速移動戦闘の迫力もさることながら、ドッヂやワイヤーなどを駆使して敵機に近づき、射撃やグレネードを使って相手を撃破していくという戦闘スタイルが魅力の意欲作です。

『Merkava Avalanche』
『Merkava Avalanche』

■『Merkava Avalanche』概要
【タイトル】『Merkava Avalanche』
【開発スタジオ】WinterCrownWorks
【ジャンル】サバイバル・ロボットアクション
【プレイ人数】1人
【プラットフォーム】PC 他未定
【発売日】未定

⇒『Merkava Avalanche』公式サイトはこちら

あの名作がVRで登場! 『DEEMO -Reborn-(仮)』制作決定

『DEEMO -Reborn-(仮)』
『DEEMO -Reborn-(仮)』
『DEEMO -Reborn-(仮)』

大ヒットタイトル『DEEMO』の完全新作

 インディーからスタートし、スマートフォンをはじめ数々のプラットフォームでヒット作を生み出してきた“Rayark”。彼らの代表作は、ピアノの旋律が心に響くリズムゲームでありながら、ストーリーも感動的で数多くのファンの心をつかんだ、不朽の名作『DEEMO』です。

 “UNTIES”では“Rayark”と共に、本作を完全新作として3D化、そしてVR化するプロジェクトを開始しました。プロジェクトの発足を記念して、本作の内容を少しだけお伝えするティザームービーを公開しています。今後の続報にもご期待ください。

■『DEEMO -Reborn-(仮)』概要
【タイトル】『DEEMO -Reborn-(仮)』
【開発スタジオ】Rayark Inc.
【ジャンル】リズムアクション
【対応言語】日本語/英語/繁体字中国語/簡体字中国語/韓国語/
      フランス語/ドイツ語/スペイン語/ポルトガル語/ロシア語 予定
【プレイ人数】1人
【プラットフォーム】PlayStation 4(PlayStation VR 対応)
【発売日】未定

⇒『DEEMO -Reborn-(仮)』ティザームービーはこちら

(C)2017 AREA35, Inc. / (C)2017 HIROAKI YURA. All rights reserved.
Published by Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
(C) 2017 I From Japan inc. All Rights Reserved. Published by Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
Copyright (C) 2017WinterCrownWORKS All Rights Reserved. Published by Sony Music Entertainment (Japan) Inc.
(C)Rayark Inc. DEEMO(R) Published by Sony Music Entertainment (Japan) Inc.

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.651

    電撃PlayStation Vol.651表紙画像

    2017年11月22日発売
    特別定価:694円+税

    【表紙】ファンタシースターオンライン2
    【特別企画】モンスターハンター:ワールド
     クリエイターアンケート2017
     もっと勝ちたいアナタに贈る FPS戦術概論
    【PS EXTRA】ディシディア FF NT
    【電撃特報】SAO FB / 仮面ライダーCF
    【DENGEKI SUPER PUSH】地球防衛軍5
     リディー&スールのアトリエ
     カリギュラ オーバードーズ
     戦場のヴァルキュリア4 / 龍が如く 極2
     とある魔術の電脳戦機 / 進撃の巨人2
     信長の野望・大志 / メタルマックス ゼノ
     聖剣伝説2 / New みんなのGOLF
     ARK:Survival Evolved / リトアカ
     ワールドエンド・シンドローム
     The Surge / ATV ドリフト&トリックス
     七つの大罪 / 閃の軌跡III / CoD:WWII
     アサシン クリード オリジンズ
     Horizon Zero Dawn / World of Tanks
    【Online Game Station】FFXIV / DQX
     Destiny 2 / FFXI / DDON
    【コード付録】PSO2
     信長の野望・大志 / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら