News

2017年11月2日(木)

Switch版『東方紅舞闘V』が配信開始。追加キャラ“古明地こいし”がDLCで参戦

文:電撃オンライン

 メディアスケープは、“Play,Doujin!”プロジェクト作品、サークル“CUBETYPE”制作のNintendo Switch用ソフト『東方紅舞闘V』を本日11月2日に配信開始しました。

『東方紅舞闘V』

 『東方紅舞闘V』は“CUBETYPE”制作の『東方Project』ファンゲーム第2弾となる、3D格闘対戦アクションゲーム。本作には、“東方紅魔郷”に登場したキャラクター9人が登場し、縦横無尽に3D空間を飛び回り華麗な弾幕バトルを繰り広げます。

 また、Nintendo Switch版発売に合わせ、新ルール“障害物マップ”が解放されています。これまでのステージはすべて平面のみでしたが、障害物により戦術の幅が広がります。この新ルールはPS4/PS Vita版にもアップデートで適用されます。

『東方紅舞闘V』

追加コンテンツ“古明地こいし”追加キャラ&ストーリー&BGMについて

 PS4/PS Vita/Nintendo Switchで、追加キャラクター“古明地こいし”のDLCが配信されています。価格は324円(税込)。また、ストーリーモードに“古明地こいし”専用ストーリーと対戦BGMが追加されます。

 なお、Nintendo Switch版は本DLCを2018年1月8日まで無料ダウンロードできます。PS4/PS Vita版は1回の購入で両機種に導入できます。

『東方紅舞闘V』
『東方紅舞闘V』

PS4/PS Vita版の新規テーマ、アバター配信

 PS4/PS Vita用テーマ“東方紅舞闘Vテーマその2”、“東方紅舞闘Vテーマその3”が配信開始されました。各324円(税込)です。

 古明地こいし追加記念として、すでに『東方紅舞闘 V』本編を購入済みの人は“テーマその3”を11月2日~16日の期間、無料でダウンロードできます。

『東方紅舞闘V』

 また、新アバター“アバター2”、“アバター3”も配信されています。古明地こいしを含めた全10キャラクターの描き下ろし。“アバター3”はすべてPS VRを装着したキャライラストとなっておりインパクト抜群です。セットでは324円(税込)、単品では各54円(税込)で販売されています。

『東方紅舞闘V』
▲アバター2。
『東方紅舞闘V』
▲アバター3。

※画面写真はすべて開発中のものです。
(C)上海アリス幻樂団(C)Mediascape Co.,Ltd./CUBETYPE.

データ

▼『東方紅舞闘V』
■メーカー:メディアスケープ
■対応機種:Nintendo Switch
■ジャンル:アクション
■配信日:2017年11月2日
■価格:3,000円(税込)

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/18~04/24)

  1. 1

    【MHW】壊れ性能の新防具と鑑定武器の強さと仕様「マム・タロト」は最高の神アップデート【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】落石利用で「マム・タロト」を達成度MAXで攻略、調査前と調査後の比較【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】新モンスター「マム・タロト」は期間限定クエストだった!有利に戦える方法や環境利用、肉質や弱点属性など【モンハンワールド】

  4. 4

    【MHW】歴戦個体に閃光弾が一部無効に!?ツタの葉の増殖や調査クエストのソートが可能に「第二弾大型アップデート」に伴う仕様変更【モンハンワールド】

  5. 5

    【MHW】驚愕!アップデートで有料ダウンロードコンテンツがサイレント修正「乱れ桜は春爛漫」の詳細【モンハンワールド】

  6. 6

    【MHW】大幅下方修正!最強のコンテスト大剣「竜熱機関式【鋼翼】改」がサイレント調整、影響は少なそう?【モンハンワールド】

  7. 7

    【Minecraft】マイクラ人狼でコラボしてみた#1【ぴくとはうす×我々だ!】

  8. 8

    【MHW】新要素16人で討伐!新モンスター「爛輝龍 マム・タロト」の実機プレイはカプコンTVで【モンハンワールド】

  9. 9

    【MHW】マルチ!最強の鑑定武器狙いで「マム・タロト」をしばくモンスターハンターワールドなのである【モンハンワールド】

  10. 10

    【モンスト】もう引き際が分からない!再びラミエル狙いでガチャ!