News

2017年11月10日(金)

『ネプテューヌVIIR』&『オカルティック・ナイン』主題歌を歌う亜咲花さんにインタビュー

文:電撃PlayStation

 11月8日(水)に、アニソンシンガー亜咲花さんが歌う『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』と『OCCULTIC;NINE(オカルティック・ナイン)』の主題歌が収録されたCD“Play the game”が発売されました。

 ここではそれを記念し、亜咲花さんへのインタビューをお届けします。

『亜咲花』
▲アニソンシンガー亜咲花さん。

亜咲花さんプロフィール

 18歳の高校生アニソンシンガー。昨年の秋に放送されたテレビアニメ『Occultic;Nine ‐オカルティック・ナイン‐』のEDテーマ“Open your eyes”でデビュー。テレビアニメ『セントールの悩み』のEDテーマ“Edelweiss”や『新次元ゲイムネプテューヌVIIR』EDテーマ“キミと始まる物語”、『OCCULTIC;NINE』OPテーマ“Play the game”などを歌う。

『OCCULTIN;NINE』OPテーマは絆を描いた楽曲

『オカルティック・ナイン』

――『OCCULTIC;NINE』OPテーマを担当するという話が来た時の感想を教えてください。

亜咲花さん(以下敬称略):『OCCULTIC;NINE』はデビュー時にTVアニメのEDテーマを歌わせていただいていて、思い入れがある作品です。ゲームではOPテーマを担当させていただけることになり、とてもうれしく思いました。

――“OCCULTIC;NINE”の作品そのものの印象はどうでしょうか?

亜咲花:いろいろな考察ができる作品だと思います。アニメも全話観ましたが、ゲームではどのような結末が待っているかが楽しみです。アニメもそうでしたが、「終わってもずっと余韻に浸れる」と言いますか、後味がある作品だと思います。

――“Play the game”のポイントはどこでしょうか?

亜咲花:“止めないでレディオDJ”というフレーズがこの曲のキーポイントだなと思っていまして、レコーディングもこの部分は特に気合を入れて歌っています。

 この曲の私の自己解釈なんですが、「主人公の我聞悠太と父親の絆を描いた曲なんじゃないかな?」と思っているんです。そういう2人の家族愛を感じることができる曲になってると思うので、そこに注目して聞いてほしいと思います。

――志倉さんに作詞していただいた感想はいかがですか?

亜咲花:デビュー曲の“Open your eyes”も志倉さんに作詞作曲していただきました。志倉さんの曲は日本語の中に英語を織り交ぜる形が印象的です。これをいかにかっこよく歌うことができるかという点を常に意識しています。

『新次元ゲイムネプテューヌVIIR』EDテーマ“キミと始まる物語”は、EDテーマなのに終わりを感じさせない

『ネプテューヌ』

――続いて、『新次元ゲイムネプテューヌVIIR』EDテーマの話が来た時の感想を教えてください。

亜咲花:『ネプテューヌ』はすごく長く続いているシリーズで、「自分がそんな作品のEDテーマを担当させていただけるなんて!」という気持ちでした。自分の歌を通して少しでもゲームの世界観を表現できればと思って収録しました。

――『ネプテューヌ』シリーズの印象を教えてください。

亜咲花:私はゲーム好きで、ホラーゲームやアクションゲームを好んでプレイしていますが、RPGはあまりプレイしたことがなかったんです。今回お話をいただいたのをきっかけに『ネプテューヌ』シリーズをプレイしてみました。キャラクターがとてもかわいくて、声優さんもすごく豪華ですよね!

 私はネプテューヌちゃんと妹のネプギアちゃん推しです。私には弟がいるんですけど、プライベートではよく弟を振り回すタイプでして、その辺がネプテューヌちゃんと似ているなと親近感を感じています。

――『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』EDテーマ“キミと始まる物語”の魅力を教えてください。

亜咲花:EDテーマなのに終わりを感じさせないところが魅力です。作品は終わっても世界は続くよということを感じさせてくれる曲なんです。

 例えば歌詞の中にも、“未来への予感”とか、“Our Storys is NOT THE END”物語はまだ終わりじゃないよみたいなフレーズがあります。未来を感じさせてくれる、そんな曲になっています。

――これまで歌ってきた曲とは印象は違いますか?

亜咲花:かなり違いますね。こういう爽やかな雰囲気の曲は初めて歌いました。なのでこのワクワク感をどう伝えていこうかというのを悩んだりしましたね。

――好きなフレーズは何かありますか?

亜咲花:やはり先ほども話した“未来への予感”というフレーズですね。最初にこのフレーズが出る部分で感情を爆発させたいと思ったんですけど、この先なにがあるんだろうっていうワクワク感を最後にとっておきたかったので、押さえながら後半に気持ちを取っておく歌い方をしています。

――最後にユーザーさんにメッセージをお願いします。

亜咲花:3rdシングルに収録されている2曲は、どちらもゲームの世界観を随所に詰め込んだ曲になっています。

 この曲を聴いて作品の世界観を感じていただいて、ゲームも楽しんでいただければと思います。ゲームプレイ後のも聞いていただければ、また新たな聞き方ができると思います。ぜひ、作品と一緒に楽しんでください。

 亜咲花さんが歌う渾身の2曲を収録したCD。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

『ネプテューヌ』のロールスクリーンも予約受付中!

 また、亜咲花さんが主題歌を歌う『ネプテューヌ』のグッズ“ネプテューヌ ロールスクリーン”が予約受付中。本商品を電撃屋で予約すると特典が付属します。

『ネプテューヌ』

 本商品は、イラストレーターのつなこさんが描き下ろした電撃PS Vol.644の表紙イラストをあしらったロールスクリーン。当社比で史上最大のサイズでイラストを楽しめます。

 電撃屋で予約すると付属する特典は、2018年1月8日に開催される“電撃屋冬まつり in 幕張”で先行販売される際に付属する特典と同じものを予定。その内容は決まり次第お知らせします。

『ネプテューヌ』
▲お部屋に飾った場合のイメージ。
『ネプテューヌ』
▲左右それぞれで開閉も可能です。

 本商品は電撃屋で予約を受け付けていますので、ぜひお見逃しなく!

●ネプテューヌ ロールスクリーン

・発売日:2018年1月27日(土)予定
・予約しめ切り:2017年11月21日(火)23時59分
・価格:27,000円(税込)

(C)Project OC9/Chiyo st.inc
(C)MAGES./5pb./Chiyo St. Inc.
(C)2017 IDEA FACTORY / COMPILE HEART

関連サイト

電撃PlayStation

最新号紹介

  • 電撃PlayStation Vol.668

    電撃PlayStation Vol.668表紙画像

    [ 11月号 ] 2018年9月28日発売
    特別定価:880円+税

    【表紙&攻略冊子&コード付録】閃の軌跡IV
    【毎号付録】デンプレコミック #22
    【Gallery】アサシン クリード オデッセイ
    【特集】日本ファルコム×アクアプラス
     『閃IV』『うたわれ斬』発売記念対談
     歴代表紙タイトルの“今” [ Vol.445-665 ]
    【PS4超新作ラインナップ 2018-2019】
     JUDGE EYES:死神の遺言 / GOD EATER 3
     キャサリン・フルボディ / DMC5 ほか
    【POWER PUSH】勇者ネプ / SAO FB
    【電撃特報】ラピス・リ・アビス
    【MONTHLY DEEP】CRYSTAR -クライスタ-
     CoD:BO4 / ソウルキャリバー6
     ロックマン11 / RDR2
    【BRAND NEW】うたわれるもの斬
     無双OROCHI3 / EDF:IRON RAIN
     ゆらぎ荘の幽奈さん 湯けむり迷宮
    【Online】バトオペ2 / ボーダーブレイク
     FFXIV / FFXI / PSO2
    【電子書籍データ付録】
     PS&PS2 全ソフトカタログ 特別編集版
    【コード付録】うたわれるもの斬
     無双OROCHI3 / DDON / MHF-Z

    >> 詳細はこちら

週間アクセスランキング
(PlayStation)

[集計期間2018年 10月16日~10月22日]