総合 > 電撃App > 記事一覧 > 『遊戯王 デュエルリンクス』“大将軍 紫炎”や“強化蘇生”を収録したミニBOXが登場
2017-12-02 15:00

『遊戯王 デュエルリンクス』“大将軍 紫炎”や“強化蘇生”を収録したミニBOXが登場

文:電撃App

 コナミデジタルエンタテインメントは、配信中のiOS/Android/PC用カードゲーム『遊戯王 デュエルリンクス』で、第8弾ミニBOX“ブレイド・オブ・スピリッツ”を提供開始しました。

『遊戯王 デュエルリンクス』
『遊戯王 デュエルリンクス』

 『遊戯王 デュエルリンクス』は、世界中で楽しまれている『遊戯王オフィシャルカードゲーム』を、モバイルゲームならではの機能や演出で楽める対戦型カードゲームです。

 また、ゲーム内では“新BOX追加記念キャンペーン”が実施中です。ログインすると500ジェムがもらえます。

第8弾ミニBOX“ブレイド・オブ・スピリッツ”

 “ブレイド・オブ・スピリッツ”の注目カードは、“六武衆”を束ねる3つの効果を持つモンスター“大将軍 紫炎”です。

『遊戯王 デュエルリンクス』

 “大将軍 紫炎”は、自分のフィールド上に“六武衆”と名のついたモンスターが2体以上存在する場合、手札から特殊召喚できます。また、フィールド上に表側表示で存在する限り、相手は1ターンに1度しか魔法・罠カードを発動できなくなります。

 オススメのコンボは“大将軍 紫炎”ד六武衆-ザンジ”דコピー・ナイト”です。“コピー・ナイト”は、レベル4以下の戦士族モンスターを召喚した時に発動可能な罠カードで、発動するとその召喚されたモンスターと同名のモンスター扱いになります。

 “六武衆-ザンジ”の召喚時に発動すれば“六武衆”が2体そろうので“大将軍 紫炎”を特殊召喚できます。もちろん“六武衆”なので、“大将軍 紫炎”の身代わりにすることも可能です。

 “大将軍 紫炎”以外には、攻撃力3,300の持つ強力なモンスター“超伝導恐獣(スーパーコンダクターティラノ)”や墓地からレベル4以下のモンスターを特殊召喚できる罠カード“強化蘇生”など、デッキ強化に役立つ新カードUR2種、SR8種、R14種、N16種の全40種が収録されています。

『遊戯王 デュエルリンクス』
『遊戯王 デュエルリンクス』

“ランク戦”について

 本日12月1日から開始される“ランク戦”より、勝利数に応じた報酬に“URチケット”が登場します。本チケットは、“破壊竜ガンドラ”や“サクリファイス”など、指定されたURカードラインナップのカードと交換できます。

 なお、入手したチケットは、ランク戦終了後1カ月まで交換可能です。

『遊戯王 デュエルリンクス』

※バージョンが異なるアプリの相手とはデュエルできません。

データ

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『モンスト』獣神化ウンディーネのステ公開。砲撃型ワンウェイレーザーELと新SSに注目

  2. 2

    『FGO』に星5ランサー“エレシュキガル”が実装決定

  3. 3

    『FGO』アルトリア・ペンドラゴンをイメージしたオリジナルウォッチが登場

  4. 4

    『モンスト』ウンディーネの獣神化が発表。クリスマス特別降臨モンスターの情報も

  5. 5

    『シャドバ』第7弾パック“時空転生”の新カードを独占先行公開(ウィッチ9種類)

  6. 6

    『きららファンタジア』を先行プレイ! キャラクター大集合のゼイタク感がたまらない

  7. 7

    『グラブル』×『進撃の巨人』コラボイベントが本日より開催。サプチケも期間限定で販売

  8. 8

    『スターオーシャン:アナムネシス』小説第1回を掲載。『はたらく魔王さま!』などの和ヶ原先生が執筆

  9. 9

    『スターオーシャン:アナムネシス』2年目はコンテンツの開発を重点的に

  10. 10

    『シノアリス』新篇“現実篇”がスタート。アリスや赤ずきんの新デザイン設定画が公開

[集計期間:12月07日~12月13日]

ページ
トップへ