News

2017年12月25日(月)

百合ADV『FLOWERS冬篇』のPS Vita版が2018年3月16日に発売。PC版の色味に近づける“色合い調整機能”搭載

文:電撃オンライン

 プロトタイプは、PS Vita版『FLOWERS冬篇』を2018年3月16日に発売します。価格はパッケージ版が4,800円+税、ダウンロード版が4,300円(税込)。

『FLOWERS冬篇』
『FLOWERS冬篇』

 『FLOWERS』は、PCゲームブランド“Innocent Grey”により“百合”、“季節とともに成長してゆく少女たち”をテーマに制作された全4作のアドベンチャーゲームです。『FLOWERS冬篇』は、『FLOWERS』シリーズの最終季となります。

PS Vita版の特徴

PC版の色味に近づける“色合い調整機能”

 『FLOWERS冬篇』の原作はPC用ソフトのため、グラフィックは一般的なPC用液晶モニターにあわせて彩色されています。

 一方、PS Vitaは構造そのものが液晶モニターとは大きく異なる“有機EL”を搭載した1000シリーズと、構造はPC用液晶モニターに近いものの黄色みがかった浅めの発色になる2000シリーズがあり、どちらも一般的なPC用モニターとはかなり違った色味になっていました。

 そこで、代表的なPC用ディスプレイメーカー“EIZO”のLEDバックライトディスプレイ“EV2736W-FS”を初期出荷状態で使用し、そこで表示される色合いとPS Vitaの色合いを比較。

 より“EV2736W-FS”の印象に近くなるように、PS Vitaで表示されるグラフィックの色変換を行う機能が“色合い調整機能”となります。

 “色合い調整機能”には以下の3タイプがあり、“タイプA”もしくは“タイプB”に設定した際には、それぞれの色合い調整の“適用量”も調節でき、好みにあわせて画面設定が行えます。

色合い調整機能
調整なし……PS Vita TVでプレイする際や各々のPS Vita固有の発色で楽しみたい人用です。
タイプA……PS Vita 1000シリーズの有機EL表示のビビッドな発色をおさえてPC版に近づけます。
タイプB……PS Vita 2000シリーズの液晶表示の色味を鮮やかにし、黄色みをおさえてPC版に近づけます。

タッチスクリーンに対応

 従来のボタン操作に加え、メッセージ送り、選択肢の決定、早送り&巻き戻し、選択肢ジャンプなどのあらゆる機能がタッチスクリーンにも対応し、PS Vitaならではの直感的操作で快適にプレイできます。

PS Vita TVに対応

 PS Vita TVにも完全対応していおり、テレビにつなげば大画面でのプレイも可能です。

ゲーム概要

Story

 “真実の女神に辿り着くための鍵を教えよう”

 八代譲葉の試練を乗り越えニカイアの会の会長となった白羽蘇芳。

 蘇芳は約束通り“始まりであり終わりの七不思議”の名を得た。それが春に消えたアミティエ、匂坂マユリに繋がると。

 冬月を迎えた聖アングレカム学院に起こるさらなる苦難。蘇芳は友人たちの力を借り幾多の困難に立ち向かっていくが──。

 「──私のことは忘れてほしい」

 願い求めていた彼女の言葉によって打ちのめされてしまう。再び現れる義母の陰、すれ違う想い、思わぬ再会は彼女に何をもたらすのか。

 終わりの季節がすべてを融かす──。

『FLOWERS冬篇』 『FLOWERS冬篇』
『FLOWERS冬篇』 『FLOWERS冬篇』
『FLOWERS冬篇』 『FLOWERS冬篇』
『FLOWERS冬篇』 『FLOWERS冬篇』
『FLOWERS冬篇』 『FLOWERS冬篇』
『FLOWERS冬篇』 『FLOWERS冬篇』

聖アングレカム学院

 3年制のミッション系女学院。1クラスに1人、クラス委員長(級長)が設けられ、クラスを取りまとめます。

 また、生徒会に準ずるものとして“ニカイアの会”という生徒会組織があり、優秀な生徒が選ばれます。ニカイアの会の生徒は学院で行われる年間行事を取りまとめるのが主な活動です。

 代表的なものは聖母祭ですが、他にも新入生オリエンテーション、健康診断、フィールドワーク(遠足)、宗教講演会、合唱会、礼拝などを教師とともに執り行います。

『FLOWERS冬篇』

アミティエ制度

 未来を担う女性の育成を目指し、実践的なコミュニケーション能力取得のために作られた教育システム。入学時に面接、筆記試験が行われ強制的にその者にもっとも適したアミティエ(疑似友人)をあてがわれるというものです。

 これは全寮制という性格上、学院側から親しい者を作らせ生活に馴染ませるという理由と、卒業時に広くコミュニケーションが取れる人物を育てるという2つの理由があるからです。

『FLOWERS冬篇』

登場人物

白羽蘇芳(しらはねすおう)[声優:名塚佳織]

『FLOWERS冬篇』

 無口で心配性で小心者――。ニカイアの会の会長となった蘇芳は、八代譲葉から受け継いだ文言を鍵とし本格的にマユリの消息と学院の謎に迫りつつありました。

 しかし思うように調査が進まないままに会の仕事が増え焦燥感ばかりが募っていく……。映画や小説を友にしていたため、会話の中で映画や小説の引用が出ることもしばしば。

 趣味は文学・音楽・映画鑑賞。部活動は料理部。1年生。アミティエは花菱立花。

匂坂マユリ(こうさかまゆり)[声優:岡本理絵]

『FLOWERS冬篇』

 何事にも前向きで明るく周囲から慕われるクラスの中心人物だったマユリは、とある事情により学院を去ることになりました。

 旧友たちに別れを告げる間もなく姿を消してしまいます。家庭の事情で実家に帰ったと思われていましたが……。

 趣味はお菓子作りと映画鑑賞。部活動は美術部。1年生。白羽蘇芳と花菱立花のアミティエでした。

花菱立花(はなびしりっか)[声優:明島ゆうり]

『FLOWERS冬篇』

 生真面目で面倒見のよい穏やかな性格。元々クラス委員長として周りから信頼され慕われていますが、匂坂マユリが学院から去った後、2つに分かれていた信頼は一極化され大きな影響力を持つようになりました。

 ニカイアの会の副会長となり、蘇芳と会を支えるために奮闘します。何かに焦燥を募らせている蘇芳を心配しつつも、自分を頼ってくれないことに寂しさを感じています。

 趣味は紅茶の茶葉集め。部活動は合唱部。1年生。アミティエは白羽蘇芳。

八重垣えりか(やえがきえりか)[声優:佐倉綾音]

『FLOWERS冬篇』

 人嫌いの変わり者。男性的なしゃべり方をしますが、これも他者との間に壁を持ちたいが故。1人を好むものの、からかうためには話しかけにもいきます。

 白羽蘇芳とは書痴仲間であり、互いに好きな作家を紹介し合うなど唯一胸襟を開く間柄です。マユリを探すことに懸命な蘇芳を、持ち前の好奇心と頭脳を使ってサポートします。

 アミティエである千鳥との仲は良好。趣味は読書と人の弱み探し。1年生。アミティエは考崎千鳥。

考崎千鳥(たかさきちどり)[声優:洲崎綾]

『FLOWERS冬篇』

 芸術家肌の変わり者。感情を表情に出さないため取っつきにくいと思われており、気になったことは素直に口に出し尋ねるためいらぬ騒動を起こすこともしばしば。

 転入する前まで劇を中心とした芸能活動を行っており、下地であるバレエ、歌唱においては学院でも指折りです。えりかとともに蘇芳のサポートをします。その過程で蘇芳と触れ合ううちに、えりかが蘇芳を好きな理由を理解し蘇芳と本について図書談義をするほどに。

 変わらずえりかのことが大好き。趣味はクラシックバレエとボイスレッスン。1年生。アミティエは八重垣えりか。

沙沙貴苺(ささきいちご)[声優:長妻樹里]

『FLOWERS冬篇』

 好奇心旺盛なトラブルメーカー。春を経て過度なイタズラ行為は控えるようになりましたが、驚く顔が見たい、イタズラがしたい、というよりもふざけ合いはコミュニケーションの1つとして行っているのでこれからもなくなることはないでしょう。

 秋でのさまざまな騒動を経て少しだけ大人に近づいた苺。妹のことはもちろん、周りが気づかない小さな変化も敏感に察します。誤解されやすい性格は相変わらずですが、場の空気を読む感性は目を見張るものがあります。

 趣味は流行り物とカエルの置物集め。部活動は料理部。1年生。双子の妹の林檎とアミティエ。

沙沙貴林檎(ささきりんご)[声優:長妻樹里]

『FLOWERS冬篇』

 怠け者気質のおっとり娘。自分から能動的に行動することはありませんが、こと怪談系、不思議な逸話などには食いつき平素とは違う顔を見せます。

 人気者の姉とは違い本来1人を好むも、そこつ者の姉のフォローをするため一緒に行動することが多い。姉の苺同様にほろ苦い経験を経て大きく成長し、姉のことを今まで以上に大切に思うようになりました。

 鋭い観察眼と独特の感性で蘇芳を助けます。趣味は読書と怪談話。部活動は料理部。1年生。双子の姉の苺とアミティエ。

ダリア=バスキア[声優:高城みつ]

『FLOWERS冬篇』

 聖アングレカム学院教師兼シスター。穏やかで包容力のある教諭ですが、母というよりもおっとりとした姉といった風。

 クラシックバレエに精通し、学院のバレエの授業は彼女が教えています。冬になり、時折厳しい表情を見せるようになったダリア。何か心配事があるようですが……。

 趣味はガーデニング。

八代譲葉(やつしろゆずりは)[声優:瑞沢渓]

『FLOWERS冬篇』

 エキセントリックで行動的。言動や行動が芝居がかっており、ともすれば変人だと思われそうな性格ですが、憎めない人柄と、周りに目を配り気遣う好人物として生徒からの人望は厚い。

 冬の初めに想い続けてきたネリネと結ばれるも2人は駆け落ちし、ともに聖アングレカム学院から姿を消しました。学院では2年生で、ニカイアの会の会長を務めていました。

小御門ネリネ(こみかどねりね)[声優:西口有香]

『FLOWERS冬篇』

 敬虔なカトリック教徒であり善良で温和な好人物。話し好きでつねに誰かと触れあっていたい寂しがりやですが、現実離れした美しい容姿から壁を作られてしまうことが悩み。

 譲葉と駆け落ちをしたネリネは譲葉とともに海の見える街で平穏な日々を送っています。学院では2年生で、ニカイアの会の副会長を務めていました。

特典情報

 PS Vita版『FLOWERS冬篇』のパッケージ版の初回生産分特典として、ドラマCD“Candytuft”が用意されています。

※PC初回限定版に同梱されていたドラマCDと同内容です。
※本ドラマCDの鑑賞は、ゲーム本編クリア後推奨とのことです。
※本特典はパッケージ外付けの特典として添付されます。
※在庫状況については、各ショップにお問い合わせください。

(C)2018 Innocent Grey/Gungnir/PROTOTYPE

データ

▼『FLOWERS冬篇』
■メーカー:プロトタイプ
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■発売日:2018年3月16日
■希望小売価格:4,800円+税
▼『FLOWERS冬篇(ダウンロード版)』
■メーカー:プロトタイプ
■対応機種:PS Vita
■ジャンル:ADV
■配信日:2018年3月16日
■希望小売価格:4,300円(税込)

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。

ゲーム実況エクストリーム
再生数ランキング(04/19~04/25)

  1. 1

    【MHW】壊れ性能の新防具と鑑定武器の強さと仕様「マム・タロト」は最高の神アップデート【モンハンワールド】

  2. 2

    【MHW】落石利用で「マム・タロト」を達成度MAXで攻略、調査前と調査後の比較【モンハンワールド】

  3. 3

    【MHW】新モンスター「マム・タロト」は期間限定クエストだった!有利に戦える方法や環境利用、肉質や弱点属性など【モンハンワールド】

  4. 4

    【MHW】歴戦個体に閃光弾が一部無効に!?ツタの葉の増殖や調査クエストのソートが可能に「第二弾大型アップデート」に伴う仕様変更【モンハンワールド】

  5. 5

    【MHW】驚愕!アップデートで有料ダウンロードコンテンツがサイレント修正「乱れ桜は春爛漫」の詳細【モンハンワールド】

  6. 6

    【MHW】大幅下方修正!最強のコンテスト大剣「竜熱機関式【鋼翼】改」がサイレント調整、影響は少なそう?【モンハンワールド】

  7. 7

    【Minecraft】マイクラ人狼でコラボしてみた#1【ぴくとはうす×我々だ!】

  8. 8

    【MHW】新要素16人で討伐!新モンスター「爛輝龍 マム・タロト」の実機プレイはカプコンTVで【モンハンワールド】

  9. 9

    【MHW】マルチ!最強の鑑定武器狙いで「マム・タロト」をしばくモンスターハンターワールドなのである【モンハンワールド】

  10. 10

    【モンスト】もう引き際が分からない!再びラミエル狙いでガチャ!