総合 > 電撃App > 記事一覧 > 本日配信の『オーディンクラウン』をレビュー。MOBA初心者に優しいカジュアルさを評価
2018-02-08 19:30

本日配信の『オーディンクラウン』をレビュー。MOBA初心者に優しいカジュアルさを評価

文:オーサー

 ゲームジーンズより本日2月8日に配信開始されたiOS/Android用アプリ『オーディンクラウン』のレビューをお届けします。

『オーディンクラウン』

 『オーディンクラウン』は、サイバーエージェントグループのゲームジーンズの第1弾タイトル。アクションRPGとMOBA(※)を組み合わせた新ジャンルとして期待が寄せられ、事前登録者数80万人を突破した注目タイトルです。

※マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ(Multiplayer Online Battle Arena)の略称。リアルタイムストラテジーの一種で、キャラクターを操作し、味方プレイヤーと協力して敵陣を攻略していくゲームです。

『オーディンクラウン』
『オーディンクラウン』

 ちなみに、筆者がMOBAジャンルのゲームをプレイするのはこれが初めて。そのため、MOBAというジャンル自体の感想も交えつつ、本作をレビューしていきます。

※本記事の内容はβテスト時点のものです。

まずはクエストからプレイ!

 本作のメインコンテンツは、1人で遊ぶ“クエスト”モードと、最大5対5での対戦などができる“バトル”モードの2つ。クエストでキャラクターや強化アイテムを手に入れ、育成したキャラクターでバトルに挑戦するのが主なゲームの流れです。

『オーディンクラウン』

 クエストでは、記憶をなくした少年・ライルを中心にストーリーが展開。カエルの姿になってしまった太陽の神や仲間たちとともに、伝説の王冠“オーディンクラウン”を巡る争いに身を投じていきます。またシナリオの序盤はチュートリアルを兼ねており、CPU戦を通じてバトルの流れをしっかりと学べます。

『オーディンクラウン』
『オーディンクラウン』
▲チュートリアルではとてもわかりやすく説明してくれるので、MOBAをプレイ筆者でもすぐに戦闘の流れをつかめました。

 シナリオを進めていくと、バトルに必要となるキャラクターや装備を獲得でき、一定数のシナリオをクリアするとガチャチケットも手に入ります。ガチャからはレアリティの高い装備が出現するので、まずはクエストをプレイするのがおすすめです。

『オーディンクラウン』
▲ガチャではキャラクターのパラメータを上げてくれる武器を入手できます。
『オーディンクラウン』
▲特定の武器を獲得すると、その武器に対応したキャラクターも手に入ります。

 なお、本作ではすべてのキャラクターおよび装備がゲーム内通貨の“ゴールド”で入手可能です。ゴールドはクエストやバトルのプレイや所持しているキャラがガチャで被った時などに獲得できるので、クエストとガチャを繰り返しながら、ガチャで引けなかったキャラ&装備を購入しましょう。

『オーディンクラウン』
▲ガチャで獲得済みのキャラクターを入手すると、キャラクターのレアリティに応じてゴールドがもらえます。
『オーディンクラウン』
▲好きなキャラクターを確実に入手できるのはうれしい限り!

1on1でオンライン対戦のコツをつかもう

 バトルには、“1on1”形式のシングル戦と “5on5”形式などのチーム戦があります。バトル形式によって細かいルールや勝利条件が設定いますが、まずはもっともシンプルな1on1で基礎的なシステムを覚えましょう。

『オーディンクラウン』

 “1on1”はマップが一本道になっており、両プレイヤーがマップの両端から敵陣に向かって進攻していきます。それぞれのスタート地点付近には“タワー”が設置されており、“相手キャラクターの撃破”または“相手タワーの破壊”によって勝利となります。

『オーディンクラウン』

 ただし、タワーは耐久力が高いうえに、近づくと自動で攻撃してくるので、相手キャラクターの体力を減らしたとしても、タワーの後方で待たれると簡単に攻め入ることができません。

『オーディンクラウン』
▲バトルのスタート地点でもある自陣では、HP回復が可能。キャラクターの体力が減ってきたら無理はせず、余裕をもって自陣へと後退しましょう。

 ここで重要になるのが、タワーの後方に設置されている“コア”と呼ばれるオブジェクトです。コアは、相手キャラクターやタワーを攻撃してくれる兵士“ポーン”を定期的に出現させます。ポーンは耐久力が低く動きも遅いのですが、これを盾にすることで安全に相手タワーを攻撃することが可能となるのです。

 また、本作には戦闘中のみ適用される“フォースレベル”というものがあります。フォースレベルは相手ポーンを倒した時などに出現する“フォースストーン”を集めることで上昇し、レベルに応じて自身のキャラクターの能力値が上がったり、HPが一定量回復したりとさまざまな恩恵が得られます。

『オーディンクラウン』
▲“フォースレベル”が上がるとキャラクターが強化されるので、序盤は効率よくレベルを上げるのがセオリーです。“フォースレベル”はバトルが終了するたびにリセットされます。

 つまり、味方のポーンをいかに守り、相手のポーンをいかに倒すか。これが勝利へのカギとなるわけです。ただし、ポーンばかりに気を取られていると、相手キャラクターの攻撃を受けて自身がピンチになることも。

 アクションバトルだけでなく、ポーン/キャラクター/コア/タワーのどれを狙うかによって戦況を有利にしていく。そんな頭脳戦を楽しむことがMOBA、そして『オーディンクラウン』の基本であり醍醐味でしょう。

『オーディンクラウン』

 キャラクターの操作はとてもシンプルで、は画面をスワイプすると移動、対象をタップすると攻撃を行います。また、フォースレベルの上場によって使用可能となるスキルも画面左下のアイコンをタップするだけで発動できるので、アクションが苦手な方も快適にプレイできるはずです。

『オーディンクラウン』
▲スキルはキャラクターごとに3種類覚えており、状態異常攻撃や味方の回復など効果はさまざま。
『オーディンクラウン』
▲フォースレベルが上がると、“クラウンパワー”と呼ばれる非常に強力なスキルが使用可能に。効果はキャラクターによって異なり、一度のバトルで1回しか使えません。

5on5でより奥深いバトルを

 チーム戦である“5on5”は、本作のメインコンテンツとなるモード。多人数が入り乱れて戦うので、マップは広大かつ入り組んだものとなり、複数のルートから相手側へと攻め込むことができます。

『オーディンクラウン』
『オーディンクラウン』

 また、勝利条件が“敵のコアの破壊”となり、自身のキャラクターが倒されても数秒後に復活する仕様に。マップ内にはたくさんのタワーが設置されており、相手プレイヤーとタワーを撃破しながらコアを目指さなくてはいけません。

『オーディンクラウン』
▲キャラクターは復活可能。ただし、倒されるたびに相手に一定時間バフ効果が与えられるため、なるべく倒されないように立ち回りましょう。

 ここで重要なのが進攻ルート。5on5では、特徴の異なる進攻ルートが4種類用意されており、5人のメンバーがどのルートから攻め込むかによって戦略が多様に変化します。

進攻ルートの種類

Centerライン相手のコアへとまっすぐ続いているため、激戦が予想される
Sunライン一定時間が経過すると、近くのジャングルにドラゴンが出現する
Nightライン一定時間が経過すると、近くのジャングルにゴーレムが出現する
Jungleモンスターが隠れている

 Jungle(ジャングル)は3つのラインの間に位置する密林部分で、各ラインで戦っている味方を支援したり、攻めてきている敵に奇襲をかけたりと、臨機応変に動くことで戦況を有利に持っていくことができます。

 また、ジャングルにはモンスターが潜んでいますが、特定のモンスターを倒すとパラメータが強化されるなどのボーナスが得られます。

『オーディンクラウン』

 “Sunライン”は、一定時間が経過すると近くのジャングルにドラゴンが出現。ドラゴンはかなりの強敵ですが、倒すことができればチームの味方になり、戦況を一気に変えることが可能です。

 “Nightライン”はSunラインと同じように、近くのジャングルにゴーレムが出現し、倒すと仲間にできます。ただし、ゴーレムはバトル後半まで手出しができないため、バトル後半で奪い合うことになります。

 これら3つのルートに対し、“Centerライン”はこれといったギミックがありません。しかし、それゆえにコアへ攻め込みやすく、もっとも激しい戦闘区域になることが多いです。

『オーディンクラウン』
『オーディンクラウン』
▲ドラゴン、ゴーレムは味方にすると頼もしいですが、敵にまわすと恐ろしい存在です。

 なお、5on5の場合はバトル開始の前に“ポジション”を決めることで、進攻ルートの意思表示が可能。ポジションを提示しておくことで戦略が立てやすくなり、仲間とのスムーズな連携ができるようになっています。

『オーディンクラウン』
▲ポジションは全部で6つあります。

 ちなみに、本作では全キャラクターにジョブが設定されています。キャラによって得意とするラインが異なります。ゲームに慣れないうちは、あらかじめ使用キャラクターのジョブを確認し、得意なラインを担当するようにしましょう。

『オーディンクラウン』

ジョブ一覧

ファイター耐久力と攻撃力が高く、近接戦が得意
タンク耐久力が高く、ダメージの無効化や回復の能力を持つ
ハンター耐久力は低いが、遠距離攻撃が可能。バトル後半に高い攻撃力を持つようになる
ウィザード遠距離攻撃が可能。ハンターよりも通常攻撃は弱いが、強力なスキルを持つ
アサシン高い攻撃力と移動の早さが魅力。射程が短く、奇襲を得意とする

 ちなみに、筆者のように臆病な人には、遠距離から攻撃ができるウィザードがおすすめ。味方頼みにはなりますが、ラインを防衛するだけならやりやすく、逃げる相手への追い打ちもしやすいので、初心者でもチームに最低限の貢献をできることが多いです。

 ただし、敵の接近を許してしまうとあっという間に体力を減らされてしまうので、相手との距離には注意しましょう。

『オーディンクラウン』
▲フィールドには茂みがいくつもあり、茂みに入ることで敵から姿を隠せます。ただし、相手も姿を隠すことは可能。特にアサシンの奇襲には注意が必要です。
『オーディンクラウン』
▲バトルに勝利すると“トロフィー”を獲得し、一定数たまるごとにアイテムがもらえます。

初心者でも安心のキャラクター強化

 ここまでクエストとバトルについて紹介してきましたが、もしクエストをクリアできなくなった時やバトルで勝てない時は、キャラクターを強化してみましょう。

 キャラクターを強化する代表的な方法が、先述した“装備”です。キャラクターごとに最大3つの装備を付けることができ、パラメータの上昇に加え、装備によっては状態異常攻撃などの特殊な効果が得られます。

 最初はどれを装備するのがいいか分かりませんでしたが、おすすめ装備をセットしてもらうことも可能です。初心者にとってはこのようなオート機能はとてもありがたいですね。

 また、対戦方法には“カスタムバトル”というものがあり、ルームを作ってフレンド対戦やコンピュータ対戦を行えます。「いきなり全国対戦をするのは怖い」「新しいキャラクターを試したい」という時はこれを使って練習するのもいいですね。

『オーディンクラウン』
『オーディンクラウン』

 プレイするまではMOBAというジャンルに敷居の高さを感じていましたが、本作はカジュアルな世界観のおかげで取っ付きやすく、操作やルールにもあまり迷わなかったので、MOBAを始めるにはぴったりの作品だと感じました。

 カスタマイズによって自分のキャラクターの戦術を練ったり、チームにあわせて戦略を練ったりと、対戦ゲームとしての完成度はかなりのもの。友だちとわいわい遊ぶのもいいですし、e-sportsにも発展いきそうなタイトルなので、ぜひ遊んでみてください。

データ

▼『オーディンクラウン』
■メーカー:ゲームジーンズ
■対応端末:iOS
■ジャンル:ARPG
■配信日:2018年2月8日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
iOS『オーディンクラウン』のダウンロードはこちら
▼『オーディンクラウン』
■メーカー:ゲームジーンズ
■対応端末:Android
■ジャンル:ARPG
■配信日:2018年2月8日
■価格:基本無料/アイテム課金
 
Android『オーディンクラウン』のダウンロードはこちら

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『FGO』“リリース1000日突破キャンペーン”が実施。聖晶石10個がもらえる

  2. 2

    【FGO攻略】星の三蔵ちゃん高難易度“炎上! 天界よりの使者”は宝具とクイックが重要

  3. 3

    『PSO2』イースター緊急クエストはオフィエルの復活祭!? コレクトファイルでは4種の新★13武器を入手可能

  4. 4

    『チェンクロ3』ヘリオス篇 7章・下のあらすじを公開。光の柱を巡る戦い、ついに決着!【電撃チェンクロレター】

  5. 5

    『信長の野望・大志』アップデート第3弾先行プレイを配信。4月24日、新シナリオ“信長誕生”に挑みます

  6. 6

    『オルサガ』UR キュオスティ(声優:黒田崇矢)の情報を独占公開! 3周年フェスガチャ第2弾に登場

  7. 7

    『ますますマンガで分かる! FGO』アルテラはどこか不機嫌な様子。その理由とは?

  8. 8

    『ポケモンGO』レイドボスを攻略! 伝説ポケモンとのバトル向きのポケモンは!?

  9. 9

    『MHXR』×『フェアリーテイル』コラボが開催決定。ナツをイメージした防具が登場

  10. 10

    『パズドラ』×『ペルソナ』コラボは4月27日10時より開催。雨宮蓮など登場キャラが公開

[集計期間:04月19日~04月25日]

ページ
トップへ