電撃アーケードゲーム

総合 > 電撃アーケードWeb > いよいよ『ディシディアFF NT』発売! アーケード版ユーザーも楽しめる数々の見どころに迫る
2018-01-10 22:15

いよいよ『ディシディアFF NT』発売! アーケード版ユーザーも楽しめる数々の見どころに迫る

文:電撃ARCADE編集部

 電撃アーケードゲーム編集部がお届けする、現在絶賛稼働中のアーケード版『ディシディア ファイナルファンタジー(以下、ディシディアFF)』の特別企画。今回は、ついに発売されるPS4タイトル『ディシディアFF NT』の見どころをお届けしていきます。

『ディシディアFF』

 明けましておめでとうございます! ライターのスズタクです。みなさん、年末年始はステキな『ディシディアFF』ライフを送れたでしょうか? アーケード版だけでなく、『ディシディアFF NT』のオープンβテストもあったので、ゲームをプレイする手が止まらなかったのではないかと。

 そんな『ディシディアFF NT』が、1月11日に解禁ということで、今回はその見どころを紹介しようと思います。アーケード版ユーザーにとっても魅力的な作品なので、まだ手に取っていない人はぜひチェックを!!

PS4版ならではの要素が味わえる『ディシディアFF NT』

 アーケード版がベースとなっている『ディシディアFF NT』ですが、そこにはPS4版ならではの要素が多く詰まっています。アーケード版を遊んでいる人にとっては、どれも要注目!

『ディシディアFF』
▲PS4版の画面写真。

●新たな闘争を描いたオリジナルストーリー

 PS4版の最大の特徴は、オリジナルストーリーが収録されている点。マーテリアとスピリタスを主軸に置いた、新たな闘争の物語が描かれます。アーケード版でおなじみとなっている“神々の闘争”は、どのような経緯で行われることになったのか。その謎もPS4版で明らかになります。

『ディシディアFF』
▲PS4版の画面写真。

 また、PS4版のストーリーはPSP版『ディシディアFF』とつながっているという特徴も! 前回の闘争に参加した戦士たちが、そのことを感じさせるセリフを発するのも見どころです。

『ディシディアFF』
▲PS4版の画面写真。

●数々の新しいバトル!

 3VS3の通常対戦のほかに、さまざまな形式の新バトルが追加されています。代表的なものは以下のとおりです。

 【コアバトル】お互いのパーティが自陣のコアをかけて戦うバトル。基本的なシステムは通常対戦と同じですが、敵を3回倒しても勝利にはならず、先に相手のコアを破壊したほうが勝ちとなります。通常の対戦と同じく、大いに白熱しそうですね!

『ディシディアFF』
▲PS4版の画面写真。

 【召喚獣戦】対戦で何度も呼び出しているあの召喚獣と戦えるバトル。巨大な召喚獣との戦いは迫力満点で、通常対戦とは違った緊張感を味わえます。もちろん、戦える召喚獣はバハムートまでの計7体です。

『ディシディアFF』
▲PS4版の画面写真。

 【ラッシュバトル】オフライン専用の連戦モード。アーケード版のミッションにも連戦がありますが、こちらは最大6連戦までできます。また、ラッシュバトル限定の要素として、“クリスタル”より上の難易度も存在します。

『ディシディアFF』
▲PS4版の画面写真。

●遠くにいる友だちともパーティ出撃可能!!

 PS4のネットワーク機能を利用すれば、友だちが遠くにいても一緒にパーティ出撃可能。ボイスチャットにも対応しているので、ゲームセンターで遊ぶのと同じように声をかけ合いながらプレイできます。これで、より対戦が充実すること間違いなし!

『ディシディアFF』
▲PS4版の画面写真。

最近のお気に入りキャラはルシス国の王子!

 『ディシディアFF NT』発売で盛り上がっているところですが、アーケード版も忘れちゃいけません! アーケード版のほうは最近ノクティスにハマっていて、チャット遊びに興じながら楽しく対戦していました。4つ目のHP攻撃を覚えたら別のキャラを触ろうと思っていたのですが、予想以上にノクティスがおもしろく、C.Lv10に上げたあとも王子から離れられませんでした(笑)。

『ディシディアFF』

 ノクティスの技はどれもスピーディで、使っていて気持ちいいのが魅力ですね。主力となるブレイブ攻撃はおそらく空中技の“トリッキーカット”ですが、個人的に一番好きなのは地上技の“シャトルスマッシュ”です。

 この技は攻撃の発生が非常に早く、近距離での技の出し合いにとても強いです。向かってくる敵の迎撃にはもちろん、敵にブレイブ攻撃途中止めで固めらたときの反撃手段(いわゆる“暴れ”)としても役立ちます。強気に“シャトルスマッシュ”を繰り出したおかげで、乗り切れた危機がいくつあったことか……。ありがとう“シャトルスマッシュ”。

『ディシディアFF』
▲“シャトルスマッシュ”は1段目で大剣を振り上げるので、地上技にしてはかなり上まで届きます。これも大きな強み!

 HP攻撃は最初は“シフトサイクロン”推しでしたが、なんだかんだ“シフトブレイク”に落ち着きました。発生速度・射程・射角が高水準で、なによりブレイブダメージ付きなのが◎。自パーティが近接系のキャラ3人のときは、サーチHP技の“シフトミーティア”もアリかなと思っています。

『ディシディアFF』
▲射程がそこそこある“シフトブレイク”。ノクティス自身がよく動くので、カットされづらいのも長所です。

 2018年も引き続き、電撃アーケードは『ディシディアFF』を盛り上げていきます。発売中の電撃PlayStation Vol.654に掲載されている『ディシディアFF NT』の攻略&インタビュー記事、1月20日(土)開催予定の電撃公式ガチ大会などもぜひチェックしてください!

 電撃オンラインでは、今後も『ディシディアFF』の情報を発信予定。戦術指南やプレイレポートなど、さまざまな記事をお届けしますので、2018年もどうぞよろしくお願いします!

データ

▼『ディシディア ファイナルファンタジー』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■ジャンル:オンライン・パーティ対戦型アクション
■稼働日:2015年11月26日
■プレイ人数:1~6人

関連サイト

特集

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    ノクトがいるパーティが激戦を制す! 第7回『ディシディアFF』電撃大会はチーム“古淵”が優勝

  2. 2

    板倉小隊エースパイロット“AKATUNA”が『機動戦士ガンダム 戦場の絆VR』の楽しみ方を解説

  3. 3

    『ラブライブ!サンシャイン!!』新衣装を着込んだ2年生のブランケットが登場【1月登場セガプライズ】

  4. 4

    『ディシディアFF』の電撃公式ガチ大会が1月20日に開催。大会の模様ももちろん配信

  5. 5

    JAEPO2018のセガブースには『FGO アーケード』『オンゲキ』などが出展。SEGA音ゲーライブも開催決定

  6. 6

    『ハウス・オブ・ザ・デッド』最新作のロケテストが秋葉原で開催中。音が! 風が! ギミックが楽しい!

  7. 7

    『ディシディアFF NT』プレイレポート&『ディシディアFF』電撃公式ガチ大会が1月20日開催!

  8. 8

    セガ完全新作パーティーバトルTCG『千閃戦記』のロケテストが1月26日より秋葉原で開催。来場特典も

  9. 9

    【電アケ総研】最近の『COJ』界隈のアレコレを語っていきます

  10. 10

    ホラーをテーマにしたガンシューティング『ハウス・オブ・ザ・デッド』最新作のプレ・ロケテストが開催

[集計期間:01月16日~01月22日]

ページ
トップへ