総合 > 電撃App > 記事一覧 > アプリ『右脳トレ×仮面ライダービルド』が配信。全15種類のゲームを収録
2018-02-05 07:00

アプリ『右脳トレ×仮面ライダービルド』が配信。全15種類のゲームを収録

文:電撃App

 東映は、アプリ『右脳トレ×仮面ライダービルド』をAndroid/NTTドコモ スゴ得コンテンツ向けに2月2日より配信開始しています。価格はAndroid版が432円(税込)、スゴ得コンテンツは月額380円+税のサービス入会が必要。

『右脳トレ×仮面ライダービルド』

 本作は、しちだ・教育研究所代表の七田厚氏が監修をしたタイトルです。記憶力、集中力、判断力を鍛えるトレーニングが楽しめる全15種類のゲームが収録されています。

 また、ひらがなモードが搭載されているので、親子で楽しく遊びながら右脳を鍛えることができます。

『右脳トレ×仮面ライダービルド』
『右脳トレ×仮面ライダービルド』

データ

▼『右脳トレ×仮面ライダービルド』
■メーカー:東映
■対応機種:Android
■ジャンル:ETC
■配信日:2018年2月2日
■価格:432円(税込)

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『アズレン』でボトムズコラボ決定。新艦隊のデューク・オブ・ヨークやジャマイカを紹介

  2. 2

    『ポケモンGO』ボックスが満杯の人に集めておきたい、残しておきたいポケモンを紹介

  3. 3

    『アズールレーン』2月の生放送は19日に配信。今後のイベントや最新情報を紹介

  4. 4

    『アイドルマスター シャイニーカラーズ』レビュー。今までの『アイマス』へのリスペクトを感じる作品に

  5. 5

    2月17日開催のイベント“ソードアート・オンライン ゲーム攻略会議 2018”の全ステージを生配信!

  6. 6

    『オルサガ』×『リゼロ』コラボ限定UR“レム(声優:水瀬いのり)”の詳細情報を独占公開

  7. 7

    『FGO』冬のファラオ大感謝祭記念キャンペーンが開催。クレオパトラのピックアップ召喚も

  8. 8

    『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』が事前登録開始。ゲームシステムの詳細も判明

  9. 9

    『D×2 真・女神転生』合体に必要なマグネタイト量について山田Pが今後の対応を発表

  10. 10

    『PSO2』レアリティ★14武器のドロップ率が上方修正。ダークブラストのルーサーフォームが4月に登場

[集計期間:02月16日~02月22日]

ページ
トップへ