電撃アーケードゲーム

総合 > 電撃アーケードWeb > 芦澤佳純の『ディシディアFF』ゆるっとプレイ日記! 44回目
2018-04-03 15:45

芦澤佳純の『ディシディアFF』ゆるっとプレイ日記! 44回目

文:電撃ARCADE編集部

 みなさんこんにちは! 芦澤佳純です。春、出会いと別れの季節ですね。学校を卒業され、入学や就職を控えている方も多いのではないでしょうか?

 環境が変わると最初はなかなか心に余裕ができず、趣味まで気がまわらない。なんてこともあるかと思いますが、最初は無理せず、自分のペースでがんばってくださいね。そして息抜きしたい! というときには『ディシディアFF』をぜひ……!

 さて、『ディシディアFF』のなかでも新しい出会いがありまして、『FFXII』よりヴェイン・カルダス・ソリドールが追加となりました!!

『ディシディアFF』

 前作で『FFXII』からバトルに参戦していたのはヴァンとガブラスだったので、ヴェインは完全新規のキャラクターです。「ガブラスより先に出るとは思わなかった」なんて声もちらほら。私も『FFXII』からくるならガブラスかな~と思っていたのでビックリしました。

 原作ではプレイヤーによって見方が結構変わるキャラクターだったように記憶しています。私はヴェインの弟であり、ゲストとして戦闘に参加してくれるラーサーが好きで、なんでこんなに冷たくイヤなことばかりしてくるんだろう……なんて思ってましたが、じつはそうではなかったり……。気になる方はぜひ『FFXII』をやってみてください。ストーリーはもちろん、ガンビットシステムなど、奥が深くて楽しいですよ!! 見る人によって違う“主人公”に感情移入できるんじゃないかな、と思います。

 そんなヴェインですが、『ディシディアFF』では原作のように己の拳を武器に戦います。特徴的なのは、Nブレイブ攻撃の3段目に5種類の派生技が用意されていること! N(レバー入力なし)と上下左右の入力で敵を好きな方向に吹っ飛ばせます。

 例えば上に入力すると“逆風破”となり、今まで進んでいた方向と逆に相手を吹き飛ばします。手前に壁があるときなどでも壁激突が狙える、個人的にはかゆいところに手が届く技です!

 下入力をすると、地上では“伏龍脈”となり真上に打ち上げ、空中では“落鳳脈”となり、真下に引きずり落とす技になります。地上と空中で出る技が変わるので注意です!

 左右はそれぞれ“左裏勁”と“右鉄槌”。ちょっと混乱しがちですが、この左右がどっちがどっちかわからなくなる方は“ヴェイン自身が移動する方向”と覚えておくとよいと思います。つまり、右に飛ばしたければ左入力、左に飛ばしたければ右入力ということなんですが……言葉で伝えると、かえってややこしいかもしれません……(笑)。

『ディシディアFF』

 そのまま正面に飛ばすNブレイブの“骨砕拳”を含めて、この5種類のどのブレイブ攻撃を選択するかで、試合の流れも変わってきそうです。

 ヴェインは頭脳派の統率者だったので、技の選択や状況判断などの考え方がヴェインに近づいていけば、このキャラクターを存分に使ってあげられるんじゃないかなと思います……!

 ちなみに私は今までのheavyタイプのキャラクターのなかで一番操作感が好きなのですが、考え方がまだまだポンコツなので、うまく使ってあげられません……。

 ヴェインのような頭脳は難しいかもしれませんが、新年度になっても変わらず『ディシディアFF』がうまくなれるようにがんばります! マッチングしたらよろしくお願いします~!

『ディシディアFF』

データ

▼『ディシディア ファイナルファンタジー』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■ジャンル:対戦アクション
■稼働日:2015年11月26日
■プレイ人数:1~6人

関連サイト

特集

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    最大10人が同時に『スペースインベーダー』遊べるアトラクションが6月16日からラグナシアに登場

  2. 2

    【電アケ総研】『ディシディアFF』リフレッシュ後のティナ&ライトニングでの生出撃配信は20日20時から

  3. 3

    【電アケ総研】『ワンダーランドウォーズ』新キャスト・マリク登場。3方向攻撃時代到来!?

  4. 4

    『FGO』アルターエゴの沖田オルタや新イベント“ぐだぐだ帝都聖杯奇譚”が発表

  5. 5

    『ソウルリバース』Ver.1.3稼働! 強力なソウルがもらえる稼動記念キャンペーンも開始

  6. 6

    ポップな格闘アクション『ポケットファイター』20周年。コミカルでキュートな魅力を紐解く【周年企画】

  7. 7

    『FGO アーケード』初期実装サーヴァントとして清姫(バーサーカー)とマタ・ハリが参戦決定

  8. 8

    『BLAZBLUE(ブレイブルー)』10周年を森Pや植田佳奈さんが振り返る。新作『ダークウォー』の情報も!?

[集計期間:06月13日~06月19日]

ページ
トップへ