News

2018年5月10日(木)

全6モードの大ボリューム! 王道アクション『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー』完全版をレビュー

文:セスタス原川

 オーイズミ・アミュージオが2018年5月31日に発売予定の、PS4/Nintendo Switch用ソフト『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』。誰もが楽しめる王道横スクロールアクションゲームのレビューをお届けします。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』
『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 本作は、2002年に発売された『Shantae(シャンティ)』を皮切りに、4作目を迎えるシリーズ作品です。シリーズと言っても前作をプレイしていなくても楽しめる内容となっています。

 シンプルな操作性の横スクロールアクションで、ゲーム初心者からやり込みをしたいゲーマーまで、幅広い層の人が楽しくプレイできます。

 主人公は、ジーニー(魔人)を母を持つハーフ・ジーニーの女の子“シャンティ”。彼女が魔法や変身を駆使して“スカットルタウン”を大冒険します。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』
▲かわいいハーフ・ジーニーのシャンティ。アニメのようなグラフィックで敵キャラクターまで魅力的に描かれています。

●『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』トレーラー

王道の横スクロールで気軽に遊べるアクションゲーム

 ゲームシステムは、誰でも遊びやすい横スクロールのアクションです。各種操作もわかりやすく、ゲームを手に取ってからすぐに楽しみながら遊ぶことができます。複数のモードがありますが、まずはメインモードを遊んでみました。

 メインモードではシャンティを主人公にストーリーが進み、複数のステージをクリアしていきます。1つのステージにかかる時間は、日頃よくゲームをやる人で15~20分程度。

 使用するアクションの基本はジャンプ、攻撃、変身の3つだけで、アクションに不慣れな人でも操作に困ることはありません。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 とはいえ、ステージごとの難易度はちょっと高め。先に進むにつれていやらしい敵の配置が増えてきて、回避と攻撃のタイミングを計る必要がでてきます。筆者も最初の方はサクサクと進めましたが、途中からはよく考えて操作しないとゲームオーバーになってしまう場面が増えてきました。

 そういったシーンを何度もプレイして、うまく乗り越えられた時の達成感はアクションゲームならではの楽しみです。本作も、絶妙なゲームバランスで達成感が得られるようになっています。

魔法を駆使してステージを進む! 動物の姿に変身も

 シャンティは長いポニーテールが特徴で、ステージではその髪をムチのように振り回して攻撃をします。また、魔法使いでもある彼女は、魔法で攻撃したり、ダンスで動物の姿に変身したりできます。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 変身をすると、その動物ならではの攻撃や移動方法が使えるようになります。ステージの構造をよく見て、どの姿で進むのがいいか考えましょう。

モンキーダンスでハイジャンプ!

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 モンキーダンスを習得すれば、ジャンプ力のあるサルに変身できます。この姿であれば普段は届かない場所までジャンプすることができ、さらに壁に張り付いての移動も可能です。

キャンサーダンスで水中を冒険!

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 キャンサーダンスでカニの姿に変身し、水中での行動が可能になります。ステージによっては水の中を進まないと先に行けない場所もあり、クリアに欠かせない変身となっています。

 変身は他にも用意されており、ステージクリアで新しいダンスを覚えます。一度クリアしたステージも、新しい変身ができるようになってから訪れると、新たな発見があるかもしれませんよ?

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 ステージの最後にはボスが待ち受けています。ボスを倒すには、ステージを進む際と同じようにちょっとした工夫が必要です。周りのモノをよく見て、どんな方法で倒せばいいのか頭を働かせましょう。

ステージの合間に見られる会話劇

 このゲームを語るうえでかかせないのが、キャラクターの織り成す軽快でおもしろいトークです。シャンティの周りには個性的な仲間が何人も登場し、彼女と会話劇を繰り広げます。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 内容としては、爆笑トークというより、見ていてクスリとしてしまうシュールなギャグが多め。ステージの前後やホームタウンでは彼女たちのやり取りを多く見れるので、アクションとしてはもちろん、読み物としての楽しさも持った作品となっています。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 筆者イチオシのキャラは、女海賊リスキィ・ブーツ。どうにもシャンティとは馬が合わないようで、ライバルとして敵なのか友人なのか、よくわからない距離感で会話が進みます。この2人の空気感の噛み合わなさがクセになってしまいました。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』
『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

多彩なモードが1つのソフトで楽しめる!

 『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』では、メインモードに加えて5つのモードが用意されています。これらは同じくステージクリアを目指すものになりますが、プレイヤーの操作するキャラクターや能力が変化し、また違った感覚で楽しむことができます。

 『パイレーツ・クイーン ストーリー』、『仲間たちの冒険』はメインモードの途中から分岐する物語になります。まずはメインモードをクリアしてからその他のモードで遊ぶ順番がおすすめです。

『パイレーツ・クイーン ストーリー』

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 シャンティのライバル、女海賊リスキィ・ブーツが主人公に! 髪の代わりに剣を使い、魔法の代わりに特殊な弾を使った銃で敵を倒します。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 魔法が使えない分、銃を活用して先に進む必要がありますが、弾は敵を倒して入手するしかありません。しっかりと敵を倒しながら進みましょう。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 合間のストーリーは、リスキィと手下の物語が展開します。カリスマを気取っているのにちょっと間抜けな海賊たちは、元は敵キャラとはいえ見ていて愛着が沸いてきますよ。

『仲間たちの冒険』

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 闇に飲まれてしまったシャンティを助けるべく、友人のスカイ、ボロ、ロッティトップスの3人が彼女の心の中に侵入。ステージではそれぞれのキャラクターを切り替えながら先へ進んでいきます。また、2人以上の能力を組み合わせて先に進む場面もあります。

 3人とも特殊な移動方法を持っており、その時々に合ったキャラクターを選択してクリアを目指す、頭を使うパズルのように楽しめるモードになっています。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』
▲ボロの能力はフック。ひっかける場所があれば、フックをひっかけて移動できます。
『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』
▲スカイの能力は鳥を使った足場作り。これで離れた足場までの道を作ります。
『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』
▲ゾンビのロッティトップスは、自分の頭を投げてその場所までワープができます。

 ストーリーでは3人とシャンティの友情を感じられる場面もあり、仲間思いのキャラクターたちの姿を見て、ちょっとウルっと来てしまいした。3人ともクセのある性格で、ユニークな会話劇も必見のモードです。

“追加コスチューム”忍者モード

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 忍者モードでは、シャンティが忍者のコスプレをして冒険に出発! コスプレといっても能力は忍者そのもので、クナイや瞬間移動を使って敵を倒して進みます。

 メインモードと違い変身ができなくなっているので、瞬間移動でうまく障害物を越えられるかがポイントです。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』
『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 物語も忍者モード仕様に。せっかくの忍者コスプレでしたが、リスキィに「そんなパジャマ姿で?」と言われてしまったりと、おもしろい展開が続きます。

“追加コスチューム”ビーチモード

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 シャンティが水着姿で大冒険!? ビーチモードには“日焼け”の要素があり、ステージに出現する日焼け止めを定期的に取らないと、日焼けによるダメージを受けてしまいます。体力の管理が大変なので、他のモードより少し難易度は高めです。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』
『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 そして、ビーチの魔法ということで、泡に包まれてフワフワ浮く能力が追加されています。体力管理が難しい分、泡の魔法のおかげで移動がラクになっているので、活用してクリアを目指しましょう。

“追加コスチューム”オフィサーモード

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 オフィサーモードでは、警官になりきったシャンティが平和のために出動! 特別製の銃を使って戦います。銃はとても強力で、敵を倒してレベルアップすれば一気にたくさんの大きな弾を放てるようになります。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 ステージには可動式の足場が追加され、これを自分で操作して道を作っていきます。操作は簡単ですが、飛び出す足場の場所に立っていると吹き飛ばされてゲームオーバーになってしまいます。ジャンプしながら操作する必要もあるので、慣れるまでは難しいかもしれません。

ヒーローモード

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 ヒーローモードでは、メインモードを最初からすべての変身を開放した状態で始められます。「この時に変身があれば……」と思った場所があれば、このモードで再びプレイしてみましょう。

 変身が最初から使えるということで難易度もグンと下がるので、メインモードで詰まってしまったらヒーローモードで遊んでみるというのも1つの手です。

限定収録のシャンティの衣装も!

 『アルティメット・エディション』では、シャンティのコスチュームを限定カラーの青に変更できます。普段のシャンティとは違う衣装で、気分を変えてゲームをプレイするのもアリですね。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 そして、『パイレーツ・クイーン ストーリー』モードのリスキィも2パターンが用意されています。通常に加えて、もう片方は赤い目をした悪人らしい姿。ちょっと恐ろしいですが、こちらの方が敵キャラらしい雰囲気が出ていますね。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

ボリューム満点で誰でも遊びやすい良作!

 『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』で注目するべきは、用意された多彩なモードです。同じアクションやステージでも、色々な角度から遊ぶことができます。いざ遊ぶ際にはどれからやるか迷ってしまうほどで、ボリュームに関しては自信を持っておすすめできる作品です。

 ストーリーも笑って見ていられるおもしろい会話でばかりで、同じステージでもモードごとにその内容は異なります。ただボリュームがあるだけでなく、どのモードをやっても新鮮な気分でプレイできるのはありがたいですね。

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』

 そして、ゲーム性も難しすぎず簡単すぎないというちょうどいい具合に仕上がっており、ゲーム初級者から上級者まで誰もが楽しめます。気軽に遊べるのにボリュームもあるので「これからハード本体を買って最初にやるゲームを探してる」という人にもピッタリではないでしょうか?

 アクションが好きという方も、腕試し感覚で全ステージクリアを目指してみるというのもおもしろいですね。ぜひお試しあれ!

『シャンティ:ハーフ・ジーニー ヒーロー アルティメット・エディション』
▲日本語版は、浴衣姿のシャンティが描かれたリバーシブルジャケット仕様になっています。

Shantae: Half-Genie Hero (C) 2018 WayForward Technologies. Shantae characters and logos are trademarks of Bozon. Developed by WayForward Technologies. Licensed to and published in Japan by Oizumi Amuzio Inc.

データ

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。