News

2018年6月27日(水)

『A列車で行こう9 Version5.0』が8月31日発売。280種類以上の鉄道車両を収録

文:電撃オンライン

 アートディンクは、PC用ソフト『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』を8月31日に発売します。価格は通常版が5,800円+税、アディショナルパックが10,800円+税、コンプリートパックが16,800円+税です。

『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』

 本作は、都市開発、鉄道運営、会社経営の3要素をあわせ持つ都市開発鉄道シミュレーションゲーム『A列車で行こう』シリーズの最新作です。

 『Version5.0』では、2017年発売のPS4用ソフト『A列車で行こうExp.』で追加された鉄道車両、建物、シナリオマップ、ジオラマモードなどの収録はもちろん、今作だけの機能である“転車台”、“列車の機回し”、“列車の連結”やC11 207形蒸気機関車、蒸気機関車関連アイテムなど、多くのユーザーからの要望も実現しました。

 さらに、『A列車で行こう』で実在の街並みを再現する“乗りものニュース”の人気企画“A列車紀行”、全6地域のシナリオマップに加え、地域に欠かせない鉄道車両や建物なども新たに収録されます。新規追加により、協力鉄道会社は40社以上、収録鉄道車両は280種類以上、建物とアイテムは合計500種類以上と『A列車』史上最大ボリュームになっています。

『A列車で行こうExp.』の内容を収録

鉄道車両や建物を完全収録

 北から南まで全国の新幹線やユーザー待望の阪急電鉄車両など、『A列車で行こうExp.』の鉄道車両や建物、アイテムが完全収録されます。

『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲N700系(ラージA)新幹線(JR東海)
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲E235系-山手線(JR東日本)
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲H5系-北海道新幹線(JR北海道)
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲阪急電鉄1000系(阪急電鉄)
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲海船博物館

ジオラマモードであなたの街を箱庭に

 ジオラマモードは、プレイヤーが発展させた街を鉄道模型のように鑑賞し、ジオラマ感あふれる街並みを体感できるモードです。モードはZゲージ(縮尺1/220)、Nゲージ(縮尺1/150)、HOゲージ(縮尺1/80)、Oゲージ(縮尺1/45)の4種類から選択できます。

『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲Zゲージ
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲Oゲージ
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲HOゲージ

本作だけの新機能

蒸気機関車や機回しのある景観を実現

 鉄道模型のギミックでも大人気の転車台と機回し機能が収録されており、蒸気機関車をつねに先頭から走行させることが可能になります。

 さらに、C11 207形蒸気機関車(JR北海道)と給炭槽や給炭台などの蒸気機関車関連アイテムが追加。現代の日本にはわずかしか残っていないノスタルジックな景観を再現できます。

 また、現代の複雑化した鉄道運営には欠かせない、列車の連結機能も収録。街の発展状況にあわせた、効率のいいダイヤ編成を楽しめます。

『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』

人気企画“A列車紀行”の街並みを再現

 2017年10月~2018年3月まで“乗りものニュース”で連載されていた、全6地域のシナリオマップが収録されています。

 さらに、江ノ島電鉄車両など、街の再現に必要な列車や建物なども収録。記事では再現しきれなかった街並みをコンプリートできます。単に発展させるだけではなく、廃止路線を復活させたり、理想の街に再開発したりできます。

『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』 『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲“乗りものニュース”連載時▲江ノ島電鉄300形追加後
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』 『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲出雲比較:国土地理院地図▲出雲比較:サテライトマップ
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』 『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』

収録内容:鉄道車両

 『JR東海パック』や『A列車で行こうExp.』の鉄道車両に加え、江ノ島電鉄300形、熊本電鉄5000形といった新規鉄道車両も多数追加されています。

『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲13000系-東京メトロ日比谷線(東京メトロ)
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』 『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲京成AE形-京成成田空港線“スカイライナー”など(京成電鉄)▲江ノ島電鉄300形(江ノ島電鉄)
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』 『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲一畑電車7000系(7002号)-大社線・北松江線(一畑電車)▲キハ47系-“かわせみ やませみ”(JR九州)
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』 『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲熊本電鉄5000形(熊本電気鉄道)▲北陸鉄道8000系-浅野川線(北陸鉄道)

【収録鉄道車両一覧】
0系新幹線(JR東海)
100系新幹線(JR東海)
300系新幹線(JR東海)
700系新幹線(JR東海)
N700系新幹線(JR東海)
922形ドクターイエロー(JR東海)
923形ドクターイエロー(JR東海)
213系電車(JR東海)
311系電車(JR東海)
313系電車(JR東海)
373系電車(JR東海)
383系電車(JR東海)
キハ11形気動車(JR東海)
キハ25形気動車(JR東海)
キハ40系気動車(JR東海)
キハ75形気動車(JR東海)
キハ85系気動車(JR東海)
キヤ95系気動車(JR東海)
キヤ97系気動車(JR東海)
H5系-北海道新幹線(JR北海道)
E235系-山手線(JR東日本)
EV-E301系-東北本線・烏山線(JR東日本)
N700系(ラージA)新幹線(JR東海)
BEC819系-筑豊本線“DENCHA”(JR九州)
13000系-東京メトロ日比谷線(東京メトロ)
40000系(西武鉄道)
1000系-阪急電鉄神戸本線・宝塚本線他(阪急電鉄)
1300系-阪急電鉄京都本線他(阪急電鉄)
3000系-阪急電鉄今津北線・伊丹線(阪急電鉄)
3300系-阪急電鉄京都本線他(阪急電鉄)
京成AE形-京成成田空港線“スカイライナー”など(京成電鉄)
キハ40形“ながまれ号”-道南いさりび鉄道線など(道南いさりび鉄道)
169系(しなの鉄道)
521系-IRいしかわ鉄道線など(IRいしかわ鉄道)
ET122系-えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインなど(えちごトキめき鉄道)
521系-あいの風とやま鉄道線など(あいの風とやま鉄道)
江ノ島電鉄300形(江ノ島電鉄)
一畑電車7000系(7002号)-大社線・北松江線(一畑電車)
キハ47系-“かわせみ やませみ”(JR九州)
熊本電鉄5000形(熊本電気鉄道)
北陸鉄道8000系-浅野川線(北陸鉄道)
C11 207形蒸気機関車(JR北海道)

収録内容:建物、アイテム

 “蒸気機関車には給炭槽や給炭台”といったような、収録される鉄道車両とあわせて置きたくなる新規建物とアイテムが収録されています。

『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲鉄道舎
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲車両洗浄装置
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲神社(石段)

【収録建物、アイテム一覧】
星稜郭
能楽門
観覧車付きビル
歌劇場
海船博物館
ツインタワー1
ツインタワー2
イルミネーション(10種)
西洋館
鉄道舎
給炭槽
高脚クレーン
給炭台
給水タンク
車両洗浄装置
神社(石段)

収録内容:鉄道施設

 ジオラマ映えする橋や蒸気機関車と組みあわせたい駅、3種類の転車台など、こだわりの鉄道運営には欠かせない、駅や橋のバリエーションが追加されています。

『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲ミニ鉄橋
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲始発駅(レトロ駅舎)
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲田舎駅(木造駅舎)
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
▲扇形機関庫

【収録鉄道施設一覧】
ミニ鉄橋
始発駅(レトロ)
高架駅(屋根付き)
田舎駅(駅舎大)
転車台2方向
転車台16方向
扇形機関庫

収録内容:シナリオマップ

 新規シナリオマップは、合計12種類。“あの街”を自分なりに発展させることができるマップや蒸気機関車が活躍するマップなど、それぞれの特色を掴み、経営手腕を発揮しましょう。

“A列車紀行”鎌倉編

 江ノ島電鉄は地域の人々の生活に欠かせない交通手段です。しかし、観光シーズンは各地から大勢の人々が訪れて、地元の人々が乗れない状況になりました。

 現在は地元の人々の優先乗車を実施しています。混雑を解消するために、地域の交通手段の見直しが必要かもしれません。観光地江の島、鎌倉、江ノ島電鉄の雰囲気を損なわずに、さらなる発展を目指しましょう。

『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』

海上都市計画

 山と海に挟まれており、都市の過密化が進み発展が停滞しつつあります。そこで2つの計画が提案されました。1つ目は、既存の鉄道の路線を延伸し都市を拡張する計画。

 2つ目は、住宅、商業施設などの総合機能を持つ海上都市の整備。2つの計画を進めることにより、地域の活性化と経済的な発展が期待されています。

『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』

【収録シナリオマップ一覧】
渓流を望む汽車
“A列車紀行”鎌倉編
“A列車紀行”熊本編
“A列車紀行”出雲編
“A列車紀行”梅田編
“A列車紀行”函館編
“A列車紀行”金沢編
ジオラマの映える島
海上都市計画
風光明媚なローカル線
城下町の復興
名山そびえ立つ街

※画面写真はすべて開発中のものです。
(C)2018 ARTDINK. All Rights Reserved.

データ

▼『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition コンプリートパック』
■メーカー:アートディンク
■対応機種:PC
■ジャンル:SLG
■発売日:2018年8月31日
■希望小売価格:16,800円+税
▼『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition アディショナルパック』
■メーカー:アートディンク
■対応機種:PC
■ジャンル:SLG
■発売日:2018年8月31日
■希望小売価格:10,800円+税
▼『A列車で行こう9 Version5.0 Final Edition』
■メーカー:アートディンク
■対応機種:PC
■ジャンル:SLG
■発売日:2018年8月31日
■希望小売価格:5,800円+税

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。