総合 > 電撃App > 記事一覧 > 『フリージング エクステンション』体験レポ。セクシー路線に隠された丁寧さが光る
2018-07-05 07:30

『フリージング エクステンション』体験レポ。セクシー路線に隠された丁寧さが光る

文:ユート

 クリーク・アンド・リバーが2018年夏に配信予定のiOS/Android用アプリ『フリージング エクステンション』。6月末からクローズドベータテストが行われている本作の体験レポートをお届けします。

『フリージング エクステンション』

女性ばかりのバトルが展開

 本作『フリージング エクステンション』は、漫画『フリージング』を題材にしたタイトル。別次元から襲来し、人類を滅亡の危機へと追い込んだ“ノヴァ”と、彼らに対抗できる唯一の存在である“パンドラ”と呼ばれる少女たち、そして主人公のアオイ=カズヤを軸に、ハードな描写あり、お色気ありといった内容の物語が紡がれます。

 本作のメインモードである“ストーリーモード”では、原作をなぞりつつ、オリジナル要素もまじえた物語が展開。初めて『フリージング』を知る人はもちろん、原作を読んでいるファンも楽しめるものになっています。

『フリージング エクステンション』

 自分は初めて知ったのですが、パンドラたちが集う学園を舞台に、彼女らがとにかく対立し合うバトルもの的なノリにハマって、最初から楽しく進められました。女性ばかりのバトルものって「なんかこう……いいよね」なんて煩悩も持ちつつですが(笑)。

『フリージング エクステンション』
『フリージング エクステンション』
▲キャラと吹き出しでのセリフで進むという、漫画的な見せ方もいい部分だと思います。

 進め方は行動力を消費してステージに挑み、クリアしていくタイプで、だれもが迷うことなく遊べる形式。ストーリーだけが展開するステージもあるなど、ゲームとして楽しませる部分と、物語をきちんと見せる部分を両立しているという印象でした。

敵を脱がすことこそバトルでの正義なり!

 手に入れたパンドラで編成した小隊を用いて行うバトルは、わかりやすくシンプル。敵小隊と味方小隊が交互に動くターン制で、攻撃はタッチ、スキルの使用は上下へのフリックと分かりやすい操作方法になっています。

『フリージング エクステンション』
▲属性がグー、チョキ、パーの三すくみですぐに理解できるのもポイント。
『フリージング エクステンション』
▲“バースト”と“フリージング”という、“リミッター”としての能力を持つ主人公が使えるアクションが存在。強敵に挑む際にはこちらも重要に!

 そんななかでやはり注目なのは、原作のお色気要素をゲームにうまく落とし込んだ“テクスチャーブレイク”でしょう。どういったものかというと、攻撃で黄色のゲージをすべてなくすと、“テクスチャ―ブレイク”が発生。。衣装がビリビリになります!

『フリージング エクステンション』
『フリージング エクステンション』
▲“テクスチャ―ブレイク”で衣装がビリビリに! カットインはマジで見ものです。
『フリージング エクステンション』
▲ちゃんと3Dモデルも下着姿になっています。ちなみに男性キャラも脱げます(カットインはなし)。

 どうっすか!? 素直に「これを見るためにバトルする!」というぐらいのモチベーションになりうるセクシーカットだと思いません? 女の子は敵だけでなく味方もしっかり脱げますし。

 もちろん、ただ脱げるだけというわけじゃなく、“テクスチャーブレイク”発生後は与えられるダメージが増えるというゲーム的な恩恵もあります。勝つために脱がす……それが“テクスチャーブレイク”なのです。

『フリージング エクステンション』
▲オート機能や倍速、演出のオンオフといった基本的な部分もしっかり完備。カメラの遠近を調整したり、視点を変えたりも可能です。

 なお、バトルに使うパンドラは“ストーリーモード”やイベントなどの報酬の他に、“ガチャ”でも入手可能。育成システムの1つ“昇級”でどのキャラでも最大等級(レアリティ)まで高められるので、お気に入りの女の子を最強にできる楽しみが味わえるかと。

『フリージング エクステンション』
▲育成システムには他に“強化”、“限界突破”、“スキル強化”があります。
『フリージング エクステンション』
▲育成と交流を兼ねたシステム“交感”。会話することで好感度が上がり、女の子と仲よくなれると同時に能力値にボーナスが得られます。

 武具の装備や聖痕の装着でもパラメータを高められるうえに、同じキャラでも属性が違うものがあるため、育成、収集ともにどっぷり浸かれること請け合い。また、クローズドベータテストでは一定の時間が経過すると無料で“ガチャ”を引ける機能がありました。こちらは、正式サービスにも搭載されていたらいいと思う次第!

『フリージング エクステンション』
『フリージング エクステンション』
▲クローズドベータテストの図鑑で確認できたパンドラの数は写真のとおり。
『フリージング エクステンション』
『フリージング エクステンション』
『フリージング エクステンション』
『フリージング エクステンション』
▲ガチャで引いたキャラを紹介。すべてのキャラがしっかり動いて、しっかりテクスチャーブレイクします。

丁寧、便利、わかりやすい……三拍子がそろった作りに感動

 ゲームのモードには他に“チャレンジモード”が存在。こちらは、経験値や資金を多く獲得できる“ボーナスモード”、PvPを楽しめる“カーニバル”など、形式や報酬が異なる複数のモードで構成されているのが特徴です。

『フリージング エクステンション』
▲各モードは自身のレベルによって解放されていき、1日の挑戦回数が決まっています。今回は未開放だったレイドコンテンツ“ノヴァクラッシュ”にも期待!

 期間限定で挑戦できるイベントなどもあり、ボリューム的な不満は特に感じませんでした。もちろん正式サービス開始後はアップデートなどによるところも大きいですが、毎日プレイする分には十分満足できるものになっているかと。チャット機能もあるので、他のプレイヤーと交流するのも楽しいかもしれませんね。

『フリージング エクステンション』
▲チャット画面はバトル中にも開けるので、バトルをオートで進めつつ他のプレイヤーとチャットということもできます。

 パンドラのイラストがヌルヌル動く、3Dモデルが表情豊かでカワイらしいなど、見ていて楽しめる部分が多かったのは事実。ホーム画面でも3Dモデルをタッチするとリアクションをとってくれるうえに、連続してタッチすると服が脱げるといった遊び要素も(笑)。

『フリージング エクステンション』
▲タッチすると資金も得られます……雀の涙ほどですが。

 全体を通して感じたのは、1つ1つが丁寧に作られているということ。シンプルかつオーソドックスな作りで目新しさ自体は少ないのですが、そのぶんどれもわかりやすく、親切な設計になっています。不満やわかりにくいといったことを感じず、安心して遊べたんです。

 特定の状況になるまでステージを自動で繰り返してくれる“連続出撃”や、チケットを消費してステージをすぐに終わらせる“掃討”といった便利機能が用意されていたのも好印象。特に前者は放置で行動力を消化できるので、自分のプレイスタイルにあっていてよかったです。

『フリージング エクステンション』
▲“連続出撃”を設定する際の画面。

 プレイ前の印象は「セクシーな部分を押し出しただけのゲームかな」と思っていたのですが、遊んでみると全然そんなことはありませんでした。セクシーな部分があり、ゲームとして楽しませてくれる部分もあり、アプリとしての手軽さを意識した部分もありと、1つの作品としてしっかりとまとまっていたことに驚かされました。

 本作をプレイするうえでのモチベーションが、パンドラになるのは至極普通だと思うので、まずはイラストなどを実際に見てみて、気に入った子がいる、絵柄が好みなど何かしら引っかかったらプレイしてみるのがオススメです。とりあえずは、正式サービスが始まるまで『フリージング エクステンション』というタイトル名を覚えておいていただけたらと思います!

『フリージング エクステンション』
▲最後はお気に入りのパンドラのテクスチャーブレイクで終わりたいと思います。

データ

▼『フリージング エクステンション』
■メーカー:クリーク・アンド・リバー
■対応機種:iOS
■ジャンル:RPG
■配信日:2018年夏予定
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『フリージング エクステンション』
■メーカー:クリーク・アンド・リバー
■対応機種:Android
■ジャンル:RPG
■配信日:2018年夏予定
■価格:基本無料/アイテム課金

関連サイト

アクセスランキング(過去1週間)

  1. 1

    『モンスト』×『SAO』キリトのステが公開。進化が持つスターバースト・ストリームで攻撃するSSを確認

  2. 2

    『ガルパン あつまれ! みんなの戦車道!!』で“ガルパンらしさ”は味わえる? 感想をお届け

  3. 3

    『モンスト』×『SAO』コラボのアスナ、シリカ&リズベットのステータスが判明

  4. 4

    『モンスト』獣神化・ムーは攻撃力48,000超え。爆裂ホーミング弾を放つ新SSを確認

  5. 5

    『FE ヒーローズ』超英雄召喚イベントに水着姿のカミラ、チキ、リンダ、タクミが登場

  6. 6

    『ますますマンガで分かる! FGO』変装を見破られたオルガマリーはピンチに陥るが……?

  7. 7

    『遊戯王』海馬瀬人&KC磯野の撮り下ろしボイス付きスタンプが発売

  8. 8

    『ポケモン GO』北米リベンジ激闘編。ケンタロスを狙うつもりがまさかの展開に!?

  9. 9

    アプリ『オーバーロード』事前登録数が15万人突破。ゲーム化記念特番が7月16日19時に配信

  10. 10

    『SAO メモデフ』Amazonアプリストアで配信。チュートリアル突破で星5キャラをもらえる

[集計期間:07月09日~07月15日]

ページ
トップへ