News

2018年9月3日(月)

明日架がちくわを持っている理由は? 少女が可能性の世界を旅する『あかねさす少女』玉村仁監督インタビュー

文:電撃オンライン

 アニメとゲームで展開するオリジナル作品『あかねさす少女』。本作を手掛ける開発スタッフへのインタビューを掲載する。

『あかねさす少女』

 『あかねさす少女』は、アニマックス開局20周年記念作品として、TVアニメとスマートフォンゲームで展開する。シナリオ原案を打越鋼太郎さんが、キャラクター原案を桂正和さんが担当するなど、豪華スタッフの起用が話題となっている。

『あかねさす少女』

 原案を手がける打越鋼太郎さんとゲーム版のプロデューサー・須田浩行さんのインタビューに続いて、今回はTVアニメシリーズの監督を務める玉村仁さんのインタビューを掲載する。

――『あかねさす少女』の監督を手がけることになった経緯をお聞かせください。

 以前、一緒に仕事をしたことの“ある方”にお声がけいただく形だったのですが、企画がスタートしてすぐに参加できたため、作品の根幹から携わることができました。最終的にはパラレルワールドものになりましたが、途中はダークファンタジーだったり伝奇モノだったりいろいろな方向性を模索しました。

――パラレルワールドものにしようと思ったきっかけはなんだったのでしょう?

『あかねさす少女』

 アニマックスさんやゲームゲートさん、原案の打越さんとブレインストーミングをかなり重ねたため、詳細なきっかけは定かではないのですが、まずパラレルワールドをロードムービー形式で巡るというアイディアが念頭にあって、それをどういうアプローチで見せていこうかと考えていくなかで現在の形に落ち着いたと記憶しています。

 ただパラレルワールドを題材にしていると視聴者さんが展開にビックリしてついて行けなくなってしまう可能性も多くなるので、徐々に世界観に入り込めるように気を配っています。

――具体的にはどういった点でしょうか?

 パラレルワールド世界へ行った時、明日架たちラヂ研メンバーのうちのひとりは移動先の世界の“もう一人の自分”と同一化するようにしています。そのため視聴者はそのキャラクターと同じ目線で物語を楽しめるようになっています。

――少女たちがさまざまなパラレルワールドを冒険するストーリーとのことですが、脚本が完成するまで苦労しましたか?

 ストーリーラインは打越さんの原案があったのでそれほど苦労しませんでしたが、ビジュアル設定を決めるのは大変でした。やはりパラレルワールドを題材にしているので設定の量が膨大。時代設定は同じなのですが、それぞれのパラレルワールドで大きく文化や背景が異なるので設定を考えるのは大変でした。

 ただし、そのぶんビジュアルを見るだけでも楽しめる要素をたくさんいれています。

――どのようなパラレルワールドを冒険することになるのでしょうか?

 視聴者が話に入り込みやすいように、最初に行く世界は文化や外観などはほとんど今の日本と変わらないようにしました。ただ、ひとつだけ大きな違いがある世界になっています。その後もさまざまな世界を旅することになるので楽しみにしていただければと。

――ストーリーを話数のなかにまとめるのも大変だったのではないでしょうか?

『あかねさす少女』

 打越さんに手掛けていただいた原案があり、そこからシリーズ構成のヤスカワショウゴさんと改めてシナリオ会議をしています。原案から足りない部分を補ったり、おもしろさを増幅させられそうな部分を足したりと、時間をしっかりかけて書いています。そのため、アニメは打越さんのカラーだけでなくヤスカワさんの持ち味も出ていて、バラエティあふれる作品になったかなと思っています。

――原案から膨らませた部分はどのあたりになりますか?

 キャラクターの掘り下げですね。オリジナル作品ということでキャラクターの強度を高めたかったんです。キービジュアルで明日架がなぜかちくわを持っていますが、その設定をヤスカワさんに膨らませてもらっています。

――なぜ、明日架はちくわを持っているのでしょうか?

『あかねさす少女』

 こちらは打越さんのアイディアですが、ちくわは1本道の象徴になっています。明日架は天真爛漫で好奇心旺盛な女の子ですが、一方で自分の将来を規定してしまっている。そちらを暗喩(あんゆ)しているんですね。さすが打越さんだけあり、ひとつのアイテムをとっても細かい設定があるのだなと思いました。

――『あかねさす少女』には打越さん以外にも多彩なスタッフが参加されていますが、個々のクリエイターが仕上げてきたものをご覧になった感想はいかがですか?

 桂正和さんにはキャラクターの原案を手掛けていただきましたが、キラキラとしたアイドル性がありつつ清潔感のある素敵なキャラクターを仕上げてくださいました。桂さんには外見を見ただけで性格や動きを想像できるキャラクターにしてほしいとオーダーしています。そのため、髪型や体型はひとりひとり特徴的なものになっています。

――コンセプトアーティスト・キャラクター原案としてクレジットされている浅田弘幸さんはいかがでしょうか?

『あかねさす少女』 『あかねさす少女』

 浅田さんにはパラレルワールド世界のキャラクターデザインをしていただいています。桂さんと浅田さんはそれぞれ違うカラーの持ち味を持っている方だと思いますが、浅田さんのほうには少しピーキーな方向にふれたデザインをしてもらっています。桂さんは地に足がついたリアルなデザインであるのに対し、浅田さんにはSFやファンタジーのような少し変わったデザインを手掛けてもらっています。

――メインテーマ曲を手掛けられている伊藤賢治さんはいかがでしょうか? 電撃オンラインの読者には同氏のファンが多いと思うのですが……。

 そうですね。わたし自身も『ロマンシング サ・ガ』などが大好きなのですが、でき上がった曲を聴いた時には震えました(笑)。激しさがありつつ、切ないメロディもある曲で、早く皆さんに聴いていただきたいと思っています。

――さまざまなクリエイターさんが参加されているなか、玉村さん自身がそれぞれが生んだ作品をアニメという媒体に落とし込むうえで気を使った部分は?

『あかねさす少女』

 『あかねさす少女』はパラレルワールドものなので、下手にそれぞれの雰囲気を統一したりせずにカオスになってもいいと思って作っています。先ほどあがったクリエイターさんをはじめ、シリーズディレクターのアベユーイチさんやデザインのヒラタリョウさんや森木靖泰さんなど、さまざまなかたの色合いがありますが、それらすべてを極力そのままの形で出せるのがパラレルワールドものの強みではないかと思っています。

――玉村さんご自身はこの作品にはどういった想いを込めていますか?

 最初の企画書に書いてあった言葉は“可能性”でした。この可能性をテーマにした物語を思春期の女の子たちを主人公にして描くことにより、同じような年代の方々が先の見えない将来の不安とどう向き合っていくのかを考えるヒントになればいいなと思います。

――なるほど。

『あかねさす少女』

 アニメではパラレルワールドを冒険することで、自分が思い描いてもいなかった自己像との向き合いが発生することになります。ヒロインたちは別の世界でまったく違う環境や文化で育った自分と出会うことで「自分にはこういった可能性があったんだ」という新たな自己像の発見をすることになりますが、そんな彼女たちの姿を見て視聴者の皆さんも励まされてもらえればうれしいですね。

――ヒロインたちは性格などの根幹となる部分は変わらず、あくまで可能性や未来が変わるといった形なのでしょうか?

 そうですね。性格なども変えてしまうと同じ人物である意味がなくなってしまうので、基本的には環境の変化をはじめとした立場の変化などを描いています。

――すでにアフレコも進んでいると思いますが、ひとつのキャラクターでいろいろなパターンを演じるのは大変そうですが、声優陣の演技などはいかがでしょうか?

 やはり大変だと思います(苦笑)。パラレルワールドに行った際には自分同士と会話をするシーンもありますからね。ただ、皆さんがキャラクターのことをしっかり理解してくださっているため、リテイクは少ないです。また、声優さんのいろいろなパターンの演技を見ることができるため、ファンにとってもうれしいのではないかと思いますね。

――物語の舞台となる街にはモデルはあるのでしょうか?

『あかねさす少女』

 海沿いの街で雅な雰囲気があり、いろいろなものの狭間になっているような都市がいいと思い、イメージが近い金沢をモデルにしました。ヒロインの通う学校のモデルにするため、高校を取材させていただいたのですが、現代建築っぽくてコンクリート打ちっぱなしだったりエレベーターがあったりと、カルチャーショックを受けました。

 あとは金沢は湿度の高い地域のため、多くの家庭に除湿機があると聞き、リアリティを出すためにヒロインの部屋にも置きました。

――キャラクターについてもお聞かせ下さい。それぞれどんな女の子なのでしょうか?

『あかねさす少女』 『あかねさす少女』

 主人公の明日架は実家が味噌屋を営んでいる女の子です。絵に描いたような元気っ娘で明るくおおらかな性格をしています。周囲をかき乱すトラブルメーカー的な面もあり、“ラヂ研”を立ち上げた本人でありながら面倒臭がって部長をやらずに仲間に押し付けています。ただ、不思議と憎めない人物で、そういった点はカリスマ性のあるリーダーですね。

――優はいかがでしょうか?

『あかねさす少女』 『あかねさす少女』

 明日架の幼なじみで優等生の女の子です。明日架とは対比となるキャラクターとして設定しており、面倒見のいい女の子になっています。周りが濃いメンバーな中で彼女はツッコミ役になるので、視聴者の方と同じ目線になるキャラクターなんじゃないかなと思います。

――続いて奈々についてお聞かせください。

『あかねさす少女』 『あかねさす少女』

 見た目通りギャルっぽい女の子ですが、繊細な感性を持っています。明日架に次いで元気な女の子なので仲間たちのムードメーカー。また、移り気だったり気まぐれだったりするところがあり、そこも彼女の魅力となっています。

――みあはいかがでしょう?

『あかねさす少女』 『あかねさす少女』

 彼女は生まれも育ちも日本のカナダ人。日本びいきの両親に育てられたため、彼女自身も奥ゆかしい大和撫子になっています。カナダ人なのに日本語しかしゃべれなかったり、モデルのような体型なのに後輩だったり、いろいろなギャップがある女の子なので、その点に注目してもらいたいですね。

――クロエはどうでしょうか?

『あかねさす少女』 『あかねさす少女』

 彼女はフランス出身の帰国子女です。個人主義の傾向が強く、周囲に対してドライな反応をすることも多いです。ただ、自分の世界を大事にしているだけで、本来は冷たいわけではありません。

――彼女たちの関係性はパラレルワールドによって変わるのでしょうか?

 そうですね、意外な組み合わせでストーリーが進んでいくこともあるので楽しみにしていただければと思います。

――最後に放送を楽しみにしているファンにひとことお願いします。

 オリジナル作品の持ち味を生かし、驚きの仕掛けをたくさん用意しています。ぜひ放送をチェックしてくださるとうれしいです。よろしくお願いします。

(C)AkanesasuAnime Project
(C)AkanesasuGame Project

データ

▼『あかねさす少女』
■メーカー:アニマックスブロードキャスト・ジャパン
■対応端末:iOS
■ジャンル:SRPG
■配信日:2018年10月予定
■価格:基本無料/アイテム課金
▼『あかねさす少女』
■メーカー:アニマックスブロードキャスト・ジャパン
■対応端末:Android
■ジャンル:SRPG
■配信日:2018年10月予定
■価格:基本無料/アイテム課金

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。