News

2018年9月23日(日)

『デビル メイ クライ 5』のダンテを試遊。新武器“バルログ”と“キャバリエーレ”の使用感をレポート

文:スズタク

 カプコンから2019年3月8日に発売されるPS4/Xbox One/PC(Steam)用ソフト『デビル メイ クライ 5(以下、DMC5)』。そのプレイレポートをライターのスズタクがお届けします。

『デビル メイ クライ 5』

 本作はカプコンが贈るスタイリッシュアクションゲーム『デビル メイ クライ(以下、DMC)』シリーズの最新作。『デビル メイ クライ 4』から数年後の世界を舞台に、悪魔退治を生業とする青年ネロたちの活躍が描かれます。

『デビル メイ クライ 5』

 今回はファン待望のダンテをひと足早く体験。シリーズ全作を遊んできた自分にとって、『DMC5』のダンテは大注目のキャラだったので、いろいろな要素に目を向けながらプレイしてきました!

 なお、体験したのはXbox One版で、内容や画面写真は開発中のものです。

『DMC4』のシステムを引き継いで戦うダンテ

 ダンテといえば、多彩な近距離武器と遠距離武器を駆使して戦うデビルハンター。前作『DMC4』では、武器の切り替えだけでなく4つのバトルスタイルを戦闘中に瞬時に変えることもでき、とても幅広い戦術をとることができました。

『デビル メイ クライ 5』

 本作のダンテも、ベースのシステムは『DMC4』と同様。RTボタンで近距離武器切り替え、LTボタンで遠距離武器切り替え、十字キーで“トリックスター”、“ガンスリンガー”、“ソードマスター”、“ロイヤルガード”の4つのスタイルを切り替えられます。挑発や“デビルトリガー”など、おなじみのアクションも健在です。

『デビル メイ クライ 5』 『デビル メイ クライ 5』

 LSの入力方向と各ボタンの組み合わせでさまざまな技が出せる、敵を打ち上げて空中コンボに繋げられる、といったシリーズの基本的な特徴も変わらず。過去作、特に『DMC4』を遊んでいた人なら、スムーズにダンテを動かせると思います。

 今回の試遊で使えた武器は長剣“リベリオン”、ハンドガン“エボニー&アイボリー”、ショットガン“コヨーテA”、そして新登場の近距離武器である“バルログ”と“キャバリエーレ”の5種類でした。

『デビル メイ クライ 5』

 新武器以外の3つはダンテにとってもはや恒例の武器種であり、前作とほぼ同じ使用感で扱えました。群がる悪魔をリベリオンで斬り払い、エボニー&アイボリーで撃ちまくる姿を見ると、「ダンテが帰ってきた!」という実感がすごくわいてきますね(笑)。

2つのモードが存在する格闘武器“バルログ”

 ここからは、試遊で使えた新武器について触れていきます。まず“バルログ”ですが、これは過去作の“ベオウルフ”や“ギルガメス”のような格闘タイプの近距離武器。ブロウモードとキックモードという2つのモードがあり、選択中のモードによって使用できる技が変化します。

『デビル メイ クライ 5』

 ブロウモードは素早いパンチを主体にしたモードで、リーチが短めですが攻撃のスキが小さく、手数の多さで攻めるスタイルです。攻撃後に素早く左右に移動して敵の反撃を避ける“ウェルタームーヴ”を使いこなせば、まるでボクサーのような動きで怒とうのパンチを叩き込めます。

 キックモードは、パワフルな蹴りに特化したモード。ブロウモードに比べて攻撃が大振りなものの、リーチや威力はこちらのほうが優れている印象でした。立ち状態からの蹴りだけでなく、“ブレイクスパイラル”というブレイクダンスのようなモーションで攻撃する風変わりな技もあります。

『デビル メイ クライ 5』 『デビル メイ クライ 5』
『デビル メイ クライ 5』 『デビル メイ クライ 5』

 2つのモードは、RB+LS後方+Yボタンで切り替え可能。最初のうちは戦闘中に「今、どっちのモードだっけ!?」と混乱しがちでしたが、ブロウモード時のみ出現する肩当てを目印にしたら判別しやすくなりました。

 また、バルログには“イグニション”という固有システムがあります。これはバルログ装備時に特定行動をとると発動し、一定時間武器が高熱エネルギーを放出してあらゆる攻撃の性能が上昇するというもの。“イグニション”は、ブロウモード時にパンチ攻撃を連続ヒットさせるか、キックモード時に“ヒートアップ”というパフォーマンス行動をとることで発動します。

『デビル メイ クライ 5』

 “イグニション”は被ダメージや時間経過で解除されてしまいますが、そのぶん効果を維持したまま戦った際の爆発力はピカイチ。ダンテの格闘技でおなじみの“リアルインパクト”も、“イグニション”発動中に使用できる技となっているので、ぜひ実戦でスタイリッシュに決めたいものです!

乗ってよし斬ってよしの新感覚バイク型武器“キャバリエーレ”

 続いて“キャバリエーレ”について。こちらはバイク型の近距離武器で、本作のトレーラーの中でもダンテが使っていました。バイクを乗り回して突進したり、バイクを分離させて双剣のように扱ったりと、ダンテらしいクレイジーな戦い方ができます。

『デビル メイ クライ 5』

 キャバリエーレの特徴は、攻撃ヒット時に車輪の回転で連続ダメージを与える“ギアホイール”というスキル。“ギアホイール”は多くの技に組み込まれた自動発動型のスキルで、発生すると強烈なヒットストップと共に敵を車輪でガリガリ削ります。この攻撃の感覚は過去作に似たようなものがなく、今までにない爽快感を味わえましたね。

 さらに、“ギアホイール”発生中にタイミングよくいずれかのボタンを押すと、素早い追撃が発動するとのこと。残念ながら僕が試遊した時はそこまでプレイスキルが及びませんでしたが、うまく操作すれば流れるような美しいコンボができそうです。

『デビル メイ クライ 5』 『デビル メイ クライ 5』
『デビル メイ クライ 5』 『デビル メイ クライ 5』

 キャバリエーレには双剣のようなコンボがあることから、最初は『DMC3』の“アグニ&ルドラ”に近い操作感なのかと思っていました。しかし、“ギアホイール”でガリガリ削る感触は今までのどの武器とも異なり、まさに新感覚の武器に仕上がっているといえます。リベリオンやバルログのように敵を打ち上げる技もあり、この武器単体でさまざまなコンボができるのもポイントです。

『デビル メイ クライ 5』

 おそらく、“ギアホイール”からのジャスト入力追撃を極めると一気に楽しくなる武器だと予想しているので、ソフトが発売されたらとことんやり込んでみたいです。

新生ダンテの新たな悪魔狩りに注目せよ!!

『デビル メイ クライ 5』

 まだまだ一部になりますが、プレイしていて生まれ変わったダンテの魅力は十分伝わってきました。前述のように操作感は『DMC4』のダンテがベースになっているので、シリーズ経験者ならすんなり入り込めるかと。また、今回プレイしたのは日本語版だったのですが、ダンテ役の森川智之さんのノリノリの演技も見どころでした!

『デビル メイ クライ 5』

 ちなみに、試遊中にふとメニューを開いてみると、近距離武器にも遠距離武器にも4つ目のスロット表示が……。このあたりも続報に期待です!

(C) CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

データ

▼『デビル メイ クライ 5』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■発売日:2019年3月8日
■希望小売価格:6,990円+税
▼『デビル メイ クライ 5』
■メーカー:カプコン
■対応機種:Xbox One
■ジャンル:アクション
■発売日:2019年3月8日
■希望小売価格:6,990円+税
▼『デビル メイ クライ 5(ダウンロード版)』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PS4
■ジャンル:アクション
■配信日:2019年3月8日
■価格:6,480円+税
▼『デビル メイ クライ 5(ダウンロード版)』
■メーカー:カプコン
■対応機種:Xbox One
■ジャンル:アクション
■配信日:2019年3月8日
■価格:6,480円+税
▼『デビル メイ クライ 5(ダウンロード版)』
■メーカー:カプコン
■対応機種:PC
■ジャンル:アクション
■発売日:2019年3月8日
■価格:6,480円+税

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。