News

2018年10月5日(金)

『モンスターハンター』ハリウッド映画化。監督・脚本は映画『バイオハザード』のポールW.S.アンダーソン氏

文:電撃オンライン

 カプコンと東宝は、カプコンの人気ゲームシリーズ『モンスターハンター』の世界観をもとにしたハリウッド映画の製作を決定しました。

『モンスターハンター』

 『モンスターハンター』シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームです。2004年に第1作が発売されて以降、14年を経た今なお確実にファンを増やし、シリーズ累計販売本数5,000万本(2018年8月20日時点)を誇る大ヒットシリーズに成長しています。

 また、シリーズ最新作の『モンスターハンター:ワールド』は、世界中のユーザーから高評価を受け、カプコンにおける単一タイトルとして史上最高の出荷本数となる1,000万本(2018年8月20日時点)を記録しています。

 製作が決定した映画では、異なる世界出身の2人の主人公が、協力してモンスターと対峙する物語が描かれます。

 同映画はコンスタンティン・フィルムにより制作され、監督・脚本は、カプコンのゲームを原作とする映画『バイオハザード』シリーズで知られるポールW.S.アンダーソン氏が務めます。なお、日本での配給は東宝が担当します。

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。