News

2018年10月25日(木)

セガ、コナミ、バンダイナムコ3社共通アーケードゲーム用ICカードが10月25日より運用開始

文:電撃オンライン

 セガ・インタラクティブは、コナミアミューズメント、バンダイナムコアミューズメントの3社でアーケードゲーム用ICカードの仕様統一を行い、本日10月25日よりアミューズメントICカード対応のサービス運用を開始するとともに、『アミューズメントICカード対応Aimeカード』の販売を開始しました。

アーケードゲーム用ICカード
▲共通マーク

 アミューズメントICカードは、アミューズメント施設でネットワークゲームを継続的に遊ぶことのできるユーザー認証カードです。

 セガ・インタラクティブでは『Aime』、コナミアミューズメントでは『e-amusement pass』、バンダイナムコアミューズメントでは『バナパスポート』を、これまで各社独自の仕様で展開していましたが、3社のアーケードゲーム用ICカードの仕様統一が行われ、各社のアミューズメントICカードで対応機種での使用および、それに付随するサービスが利用できるようになりました。各社の対応カードには『アミューズメントIC』の共通マークを新たに表記しています。

アーケードゲーム用ICカード
▲共通マークの入ったAimeカード

 セガ・インタラクティブでは、『Fate/Grand Order Arcade』、『艦これアーケード』、『三国志大戦』を始めとする23タイトルにおいて、本日10月25日より当カードに対応し、今後新規タイトルへの対応を進める予定です。なお、これまでの『Aimeカード』(アミューズメントIC共通マークなし)は引き続き利用できるとのこと。

■対応機種一覧
●『Fate/Grand Order Arcade』
●『艦これアーケード』
●『WORLD CLUB Champion Football 2017-2018』
●『SOUL REVERSE』
●『HOUSE OF THE DEAD ~SCARLET DAWN~』
●『三国志大戦』
●『maimai』
●『CHUNITHM』
●『オンゲキ』
●『カードメイカー』
●『セガ ネットワーク対戦麻雀 MJ Arcade』
●『頭文字 D Zero』
●『SEGA World Drivers Championship』
●『コード・オブ・ジョーカー』
●『初音ミク Project DIVA Arcade Future Tone』
●『レッ釣りGO!』
●『StarHorse3 SeasonVII GREAT JOURNEY』
●『北斗の拳 BATTLE MEDAL』
●『Bingo Drop』
●『StarBoat PROGRESS』
●『ホルカ×トルカ』
●『REVOLUTION III』
●『メダルバンク』
●『バベルのメダルタワー』(11月対応予定)
●『Wonderland Wars』(12月予定)
●『ALL.Net P-ras MULTI 2』(2019年3月予定)

※『Aime(アイミー)』は、セガ・インタラクティブが運営する、専用のICカードまたは携帯電話を使って、対応ゲームが遊べるサービスです。筐体にかざすことで対応ゲーム機のプレーゲームデータをサーバーに保存することができ、またAime対応商品で開催される大会やイベントに参加することができます。

(C)SEGA
(C)2018 Konami Amusement
(C)BANDAI NAMCO Amusement Inc.

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。