News

2018年11月2日(金)

『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』先行プレイレポート。本作ならではの見どころとは?

文:電撃オンライン

 11月6日、スクウェア・エニックスから発売予定のダウンロード専用ソフト『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』。PS4、PC(Steam)だけでなく、新たにNintendo SwitchやXbox Oneでも登場する本作は、2016年に発売された『ワールド オブ ファイナルファンタジー』に、新要素を追加したパワーアップ版! ここでは、その追加要素も含めて、電撃のライター2人がプレイしてみてのレポートをお届けしていきます。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』

 まずは『ワールド オブ ファイナルファンタジー』について! 本作は、レェンとラァンという双子の姉弟が、プリメロと呼ばれるかわいいキャラクターたちが暮らす世界“グリモワル”を舞台に、さまざまな冒険を繰り広げるファンタジーRPGです。タイトル名にもあるとおり、『FF』シリーズのさまざまなキャラクターたちもかわいくなって登場! ちなみに『FF』シリーズを知らなくても十分楽しめる、骨太でやり込み度の高い、完全オリジナル作品でもあります。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』

担当ライター:Go!!のプレイレポート

●『FF』シリーズのキャラクターが彩る壮大な物語!

 ゲーム自体は、3Dのフィールドを移動しながら、ストーリーに沿ってさまざまな地域を探索していくオーソドックスなスタイルです。オリジナル作品として優れているタイトルではありますが、やはりこのゲームの最大の醍醐味は、クラウドやライトニングなど、『FF』シリーズの人気キャラクターがデフォルメされて数多く登場し、物語を彩ってくれるところ。各作品の主人公だけでなく、名物ライバルや人気ヒロインなども登場し、さまざまな形で冒険の協力をしてくれます。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
▲彼らは基本的に元からこの世界の住人という設定なので、作品の枠を超えた関係性を魅せてくれるのもポイントです。

 なお、多くの『FF』シリーズのキャラクターが登場するとはいえ、物語の主人公はあくまでもレェンとラァンの2人。その冒険は完全にオリジナルとなっており、『FF』シリーズをまったく知らなくても十分楽しめるものになっています。その物語もまさにファンタジーの王道を往くもので、次々に起こる試練に目が離せなくなります。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
▲明るく元気な弟ラァン。彼のボケに鋭く突っ込む姉のレェン。そして2人のナビゲーターを務めるミラージュのタマ。この3人(!?)のセリフの掛け合いも最高!! 丁々発止のセリフの応酬も、ゲームの見どころの1つになっています。

●ミラージュ集めをはじめとする、ゲーム性の高さもすごい!

 システム面での特徴となるのは、ミラージュ(モンスター)を仲間にして、彼らと一緒にバトルを楽しめるということです。マンドラゴラからサボテンダー、チョコボまで、シリーズでおなじみのモンスターがミラージュとして登場。ジェムと呼ばれるアイテムを使うことで、ほとんどのミラージュを仲間にすることができます。

 さらに、仲間にしたミラージュを育て、特定の条件を満たすと進化させることも。どのミラージュを、どう育てるか? 数も多ければ育成の幅も広いので、悩むことも多いですが、その悩みもまた楽しさの1つなのです!

『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
▲とにかく数多くのミラージュが登場します。初期のミラージュを育てていくか、そのつど強いミラージュを現地調達するか? 

 バトルシステムには、独自のシステムが用意されています。それが、主人公+ミラージュをタワー型に積み上げた状態で戦う“ノセノセ”です。ミラージュはS、M、Lのサイズが設定されており、下からS<N<Lの順に最大3体(主人公も含め)まで乗せて戦うことができるのです。この状態だと、HPなどが強化されるほか、全員のアビリティを使用できるようになります。まさに三位一体の戦いですね。

 この組み合わせを考えるのも、戦略のポイントであり、楽しみの1つといえるでしょう。ちなみにタワーを解除して個々で戦うことも可能で、HPなどは少なくなるぶん、手数を増やすことができます。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
▲主人公は、オオビト(Lサイズ)とプリメロ(Mサイズ)を自由に切り替えることができ、それぞれでタワーを設定しておくことで、いつでも切り替えが可能。

●数々の新要素の追加により、その魅力がパワーアップ!

 今回『WOFF マキシマ』でパワーアップした最大のポイントは、セヴァストーンと呼ばれるアイテムを使うことで、歴代『FF』キャラクターに変身できるアバターチェンジ機能です。以前はセイヴァーメダルを使ってバトルで召喚できるだけでしたが、この機能のおかげで、バトル中は常に『FF』キャラクターの力を借りて戦えるようになりました。

 もちろん、あくまでアバターなのでストーリーなどの変化はありませんが、変身したときは専用のアビリティを使えるほか、戦闘でのBGMも変化します。これがまた、小さいながらもよく動くのです! おかげでより一層深い『FF』キャラクターとの共闘感を味わうことができます。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
▲セヴァストーンは、ミラストーンと同様、キャラクター自身に装備させるアイテムです。レェン、ラァンそれぞれに装備できるので、どのアバターを組み合わせるかも楽しみ。
『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
▲新たな『FF』キャラクターとして、待望のノクティスが登場!! デフォルメされてはいるものの、動きはかなりそれっぽい! ファンならきっと感動できるはず。ほかにもザックスなどのキャラクターも参戦。それにあわせてBGMも増えています。

●ミニゲームで遊びの幅も追加されています!

 元々ミニゲームもたくさん搭載されていた本作ですが、『WOFF マキシマ』では新たに釣りゲームが加わりました。新参戦のノクティスと一緒に、のんびり釣りを楽しむことができます。これは、表示されるボタンにあわせてタイミングよく指示されたボタンを押していくもの。どちらかといえばアクション性の高い、スコアアタック的なゲームとなっています。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
▲ここでも音楽が変化します。もともとセイヴァー召喚などでBGMが変わるなど、音楽にもこだわりが感じられる本作。シリーズのファンには、より一層楽しむことができるはず。

 このほか、登場するミラージュも大幅に追加されているので、集める楽しさもアップ。さらに仲間のミラージュやアイテムなどを引き継いで最初から遊べる「つづきのはじめから」モードが搭載している点も見逃せません。こうした新要素の追加により、ファンならより楽しめ、初心者にもより優しくなったように感じました。今までとは違う、どこかゆるい雰囲気の『FF』を存分に楽しむことができますので、シリーズのファンも、そうでない人も、まだ経験してない人は、これを機会に触れてみてはどうでしょうか?

担当ライター:HACHIのプレイレポート

●気持ちを新たに『MAXIMA』スタート!

 みなさん、こんにちはライターのハチです。約2年の時を経て『WOFF』がパワーアップして帰ってきます! 今回は再び初めからプレイしてみたので、そのレポートをお届けしていきますよ。

 スタートさせると、セーブデータを引き継ぎますかとの表示が! 前作をプレイした方は引き継いで開始しましょう。まずは、新規ミラージュを探しながら、ストーリーを進めることに! 前作はプレイしたものの『WOFF』ならではのノセノセシステムでのバトルはやはり面白いですね。バトル中にノセノセしたほうがいいのか、バラバラになったほうがいいのかを考えたり、ミラージュの組み合わせを試したり、バトルが楽しみになります。

 さらに、今作では主人公のレェンとラァンのアバターをチェンジさせることが可能に! 前作でできたらいいのに……と思っていたプレイヤーさんも多いと思うので、これはとてもうれしい追加要素ですね。アバターチェンジでレジェンドキャラクターになると、それぞれが持つ固有スキルを使えるようになるので、前作をプレイした方でも新しい戦い方を楽しむことができますよ。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
▲見た目もかわいいノセノセ! 乗せ方や乗り方もキャラクターによって違ったりするので、眺めているだけでも楽しい。
『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
▲新規に追加されたレジェンドキャラクターにもなれちゃいます!

●前作ではやりきれなかった部分にもチャレンジ!

 ある程度ストーリーを進めたところで、前作では初めの召喚獣戦でゲットできるミラージュ・イフチー、ブリザ、サンダをすべて手に入れていなかったことを思い出し、この機会に挑戦することに! ウワサでは、前作より手に入れやすくなっているとか?

 隠れ家にいるということだったので、ギミックを攻略できるミラージュ・モーグリなどを仲間にして、いざ攻略開始。ギミックを超えた先にいるミラージュたちに苦戦しつつ、数時間うろうろしていると、やっと出会えました! たしかに出会いやすくなっていると思うので、前作であきらめてしまった方は、ぜひ『WOFF マキシマ』でチャレンジしてみてくださいね。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
▲ミラージュと一緒に冒険ができるのも本作ならでは!

●やっと見つけた! 新規ミラージュのメル!

 最初からプレイを始めるも、なかなか出会えなかった新規ミラージュですが、とある場所でメルを発見! 話しかけると戦うことができるので、さっそく仲間にしようとバトルを挑みました。新規ミラージュを見つけたときは、まずジェム化するための条件を見ることができるライブラが重要!

 前作をプレイし始めたころ、とりあえず体力を減らせばジェム化できると思っていたのに、ミラージュによってはぜんぜんジェム化できないので、どうしてだろうと悩んでいたことがありました。いまとなっては懐かしいですね……。ということで、メルが記念すべき新規ミラージュ1体目の仲間になりました。これから一緒に戦うのが楽しみです。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
▲新規ミラージュのメルに出会うことができました。みなさんも探してみてくださいね!
『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
▲メルが登場するスマホ『WOFF メリメロ』のオープニングムービーもイベントシーンで見れちゃいます。

●パワーアップした『WOFF』は懐かしいけど新しい!

 今回、久しぶりに『WOFF』の世界を冒険しましたが、かわいい世界観だけど、しっかり『FF』だなと感じさせてくれるストーリーとバトルは、やはり魅力的。さらに、今作ではアバターチェンジや新規ミラージュ、ノクティスと釣りをするミニゲームの追加など『FF』ファンがより楽しめる要素が追加され、前作以上に魅力的な作品になっています。初めてプレイする方はもちろん、前作をプレイした方でもさらに楽しめる&やり込める内容になっているので、ぜひ触れてみてほしいですね。

『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
▲前作で初めて訪れたときに、雪と月のきれいさに感動した場所。懐かしく感じた場所ですが、新規ミラージュが一緒だったり、アバターチェンジをしていると、前回とはひと味違った感覚を覚えます。

(C) 2016, 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN:TETSUYA NOMURA/YASUHISA IZUMISAWA
LOGO ILLUSTRATION:(C) 2016 YOSHITAKA AMANO

データ

▼『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PS4
■ジャンル:RPG
■配信日:2018年11月6日予定
■価格:5,800円+税
▼『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Nintendo Switch
■ジャンル:RPG
■配信日:2018年11月6日予定
■価格:5,800円+税
▼『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:Xbox One
■ジャンル:RPG
■配信日:2018年11月6日予定
■価格:5,800円+税
▼『ワールド オブ ファイナルファンタジー マキシマ』
■メーカー:スクウェア・エニックス
■対応機種:PC(Steam)
■ジャンル:RPG
■配信日:2018年11月6日予定
■価格:5,800円+税

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。