News

2018年11月21日(水)

『ガールズ&パンツァー』あんこう祭トークステージレポ。BC自由学園の“乗っ取り”に渕上さんたちの反応は?

文:てけおん

 11月18日に茨城県・大洗町で開催された“第22回 大洗あんこう祭”。大洗マリンタワー広場で実施された、アニメ『ガールズ&パンツァー』のトークショーをレポートしていきます。

『ガールズ&パンツァー』
▲ステージ左から蝶野正洋さん、井口裕香さん、中上育実さん、尾崎真実さん、渕上舞さん、茅野愛衣さん、佐咲紗花さん、ChouChoさん。

 トークショーには、あんこうチームのキャラクターを演じる渕上舞さん(西住みほ役)、茅野愛衣さん(武部沙織役)、尾崎真実さん(五十鈴華役)、中上育実さん(秋山優花里役)、井口裕香さん(冷泉麻子役)が7年連続で登場。昨年のあんこう祭と同じく、『ガールズ&パンツァー 最終章』でみほたちが着るPコートに身を包んだ姿を見せてくれました。

『ガールズ&パンツァー』 『ガールズ&パンツァー』
▲渕上舞さん▲茅野愛衣さん
『ガールズ&パンツァー』 『ガールズ&パンツァー』 『ガールズ&パンツァー』
▲尾崎真実さん▲中上育実さん▲井口裕香さん

 さらにこの日は、アーティストのChouChoさん&佐咲紗花さん、ガルパン応援大使&大洗町大使のプロレスラー・蝶野正洋さんもステージに登壇しました。では以下で、ステージの模様をお届けしていきましょう。

『ガールズ&パンツァー』 『ガールズ&パンツァー』
▲ChouChoさん▲佐咲紗花さん

第2話の新情報公開! キービジュアルが大変なことに!?

 あんこうチームの5人のあいさつと『最終章』第1話の軽い振り返りが終わったところで、第2話の劇場公開日が2019年6月15日になること、そして第2話のキービジュアルが公開されました。

『ガールズ&パンツァー』
▲『最終章』第2話のキービジュアル。

 第2話のキービジュアルを見たあんこうチームの5人は、井口さんを筆頭に「(キービジュアルを)乗っ取られた!」とざわついていました。キービジュアルであんこうチームのメンバーがまったくいないのは大変珍しく、井口さんや尾崎さんたちは口々に「勝つチームにスポットを当てていくのかな!?」や「じゃあ桃ちゃんどうなるの?」「こんなバトンタッチいやだよね」などとコメント。渕上さんにいたっては「“パンツァー・フォー!”とか新しく録らなくても使いまわせるくらい言ってるからアフレコないかも……」と言い、観客を笑わせていました。

 ここでキービジュアルのパネルにサインを入れることになったのですが、茅野さんが「これ、兼ね役(※複数の役を演じること)できるんじゃないかな?」と言い出し、中上さんたちも「この子カワイイ」「この黒髪の子にしよう」など、誰がどのキャラを演じるかで盛り上がっていました。

『ガールズ&パンツァー』

 ちなみにサインが入ったパネルは、大洗ガルパンギャラリーに展示されるとのことなので、今後大洗町に行く予定がある人は、ギャラリーに足を運んでみるといいかもしれません。

 あんこうチームをはじめ、大洗女子学園の先行きにちょっぴり不安を感じつつも、ここで5人が演じるキャラが第2話でどんな活躍をするのか希望を語っていくことに。

 井口さんは、5分くらいでBC自由学園戦の決着をつけてもらって、残りの時間で麻子とおばあの日常が見てみたいと希望を述べていました。この話で5人が盛り上がり、『麻子とおばあと時々戦車』という同時上映のスピンオフ作品が見たいという話に落ち着いていました。

 中上さんは、優花里と言えば潜入調査ということで、潜入シーンを見てみたいとのこと。他にも、副会長として活躍するシーンも見てみたいそうです。

 第1話で素晴らしいハサミさばきを披露した華について、尾崎さんは第2話でもハサミが振るわれるのか、何を切ってくれるのか気になると話していました。

 茅野さんは、沙織とウサギさんチームとの掛け合いがご無沙汰なので、新しい掛け合いシーンを見てみたいと話していました。

 そして渕上さんは、みほがいい作戦を思いついて大勝利する王道な展開を見たいと言いつつ、留学してしまった姉・まほをはじめとする黒森峰サイドとの絡みが見てみたいとのこと。その他にも、抱えるものが多くなってしまったみほが、みほらしさを見失うような展開もある意味見てみたいと言うと、他のメンバーから「『最終章』、何話あっても足りなくなっちゃう」と突っ込まれ、笑いを誘っていました。

 ここで司会を務めたバンダイナムコアーツの鳥居さんから、第2話では“BC自由学園との戦いに決着がつく”ことと、“黒森峰女学園やプラウダ高校など、他校の戦いの様子も描かれる”ことが明かされました。

 そして、第2話の特報第2弾が公開されることも発表されました。

『ガールズ&パンツァー 最終章』第2話 特報第2弾

ChouChoさんと佐咲紗花さんが5.1ch BD BOXのテーマソングを熱唱!

 『最終章』第2話の話が落ち着いたところで、ChouChoさんと佐咲紗花さんが登壇。2人そろって大洗のステージに立つのは5年ぶりとのことで、この日は12月21日に発売される『ガールズ&パンツァー』TV&OVA 5.1ch Blu-ray Disc BOXのテーマ曲『Still a long way to go』をフルコーラスバージョンで歌ってくれました。

『ガールズ&パンツァー』

 佐咲さん曰く、この曲は“5.1ch BD BOXのアンセム(応援歌)になるような曲”とのことで、『ガルパン』ファンにも歌ってもらえるような歌にしたそうです。このステージが初披露となるこの曲でしたが、途中からは観客の皆さんも手拍子をしていました。

 『Still a long way to go』は、12月26日にCDでも発売されるとのこと。CDには2人のソロ曲も収録されます。

茨城県観光大使にして黒のカリスマ・蝶野正洋さんが大洗町をPR

 声優陣のトークやライブだけでなく、ステージでは大洗町の魅力を広めるコーナーも用意されていました。ここでは、ガルパン応援大使であり茨城県の観光大使でもあるプロレスラー・蝶野正洋さんが、大洗町のマスコット・アライッペ&『ガルパン』に登場するボコとともにステージに登壇しました。

『ガールズ&パンツァー』

 新たな大洗町の注目レジャーは“リフレクションビーチ”での撮影とのこと。リフレクションビーチとは、満潮から干潮に向かう時間、浜辺が海水で鏡のように反射する現象で、国内でも有数の遠浅ビーチとして有名な大洗サンビーチでこの現象を利用して美しい写真を撮影できるとアピールしていました。

『ガールズ&パンツァー』

 満潮から干潮にむかう1時間くらいが撮影のチャンスで、よかっぺ大洗では、撮影方法などが詳しく説明されています。リフレクションビーチでの撮影は、季節で言うと冬がベストとのこと。あんこうに加えて、大洗の冬の新たな楽しみになりそうです。

 各種告知と、あんこうチーム&ChouChoさん&佐咲さんのあいさつが終わると、7年目のあんこう祭ステージも終わりの時間に。おなじみとなった渕上さんの「パンツァー・フォー!」の掛け声で、ステージは幕を下ろしました。

『ガールズ&パンツァー』

■『ガールズ&パンツァー 最終章 第2話』
【上映開始日】2019年6月15日
【配給】ショウゲート
【スタッフ(敬称略)】
監督:水島努
脚本:吉田玲子
キャラクター原案:島田フミカネ
キャラクターデザイン・総作画監督:杉本功
考証・スーパーバイザー:鈴木貴昭
アニメーション制作:アクタス


【キャスト(敬称略)】
西住みほ:渕上舞
武部沙織:茅野愛衣
五十鈴華:尾崎真実
秋山優花里:中上育実
冷泉麻子:井口裕香
マリー:原由実
安藤:津田美波
押田:安済知佳

(C)GIRLS und PANZER Finale Projekt

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。