News

2019年1月8日(火)

『Fate[HF]』杉山紀彰さん&植田佳奈さん対談。凛と士郎の関係性について【Fate[HF]特集その4前編】

文:電撃オンライン

 4日後の1月12日よりいよいよ公開となる劇場版『Fate/stay night[Heaven’s Feel]II.lost butterfly』に出演する杉山紀彰さん&植田佳奈さんのインタビュー前編をお届けします。後編は1月9日公開予定です。

『Fate/stay night[Heaven’s Feel] II.lost butterfly』
▲『Fate/stay night[Heaven’s Feel]II.lost butterfly』第3弾キービジュアル。

 『Fate/stay night[Heaven’s Feel]』は、ヴィジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の3つ目のルート“[Heaven’s Feel](通称・桜ルート)”を全3章で映画化する作品です。衛宮士郎を慕う少女・間桐桜を通じて、聖杯戦争の真実に迫るストーリーが展開されます。

 特集企画の第1回では衛宮士郎を演じる杉山さん、第2回では杉山さんと間桐桜を演じる下屋則子さん、第3回では杉山さんとセイバーオルタ役・川澄綾子さんのお話を伺ってきましたが、第4回では、杉山さんと遠坂凛役・植田佳奈さんのインタビューを対談形式でお届けしていきます。

 対談では、各ルートでの凛と士郎の関係性や、凛の在り方、また『第二章』の見どころなどについても2人で話してくださっています。

『Fate/stay night[Heaven’s Feel] II.lost butterfly』
▲左から杉山紀彰さん、植田佳奈さん。

『HF』ルートが凛にもたらした変化

――衛宮士郎と遠坂凛は、師弟から恋人まで、ルートによって大きく関係性が変化します。『HF』ルートでの2人の関係性に対する印象についてはどう思っているのでしょう。

『Fate/stay night[Heaven’s Feel] II.lost butterfly』
▲劇場版『Fate/stay night[Heaven’s Feel] I.presage flower』より。

植田さん:私の中で、『Fate』ルートは三角で『UBW』ルートは四角関係という感じにとらえています。『Fate』ルートでは士郎、セイバー、凛の3人、『UBW』ルートでは士郎、凛、セイバー、アーチャーの4人にしっかりとした繋がりがあって、それぞれのキャラクターの間に太い関係性の矢印が向いていたと思うんです。

 ただ、『HF』ルートは士郎と桜だけが線で繋がっていて、この2人と周りのキャラクターは強い線で繋がってはいない気がするんですよ。アーチャーもそうですけど、他2つのルートでは強い繋がりがあったセイバーですら、今回は一歩引いた場所から2人のことを見ていて、味方ではあるけど深い関係性は築いていないですよね。

杉山さん:凛と士郎の関係性を表していると感じるシーンは色々あるのですが、たとえば共通ルートである物語の冒頭部分、学校で士郎が凛を目で追うシーン。他2つのルートでもありましたけど、『UBW』では“凛を目で追う士郎”という視点で描かれていて、『HF』では“凛を目で追う士郎を見ている桜“という視点で描かれています。

 ここだけではありませんが、色々な所に他2つのルートと、凛との関係性が違うんだなと思わせるシーンがあり、『HF』では聖杯戦争を共闘していく仲間としての側面がより色濃く表現されているように感じます。

植田さん:繋がりが薄いこともあって、『HF』の凛は士郎に対して一線を引いているんです。士郎に対する好意はあるんですけど、『HF』では士郎のことをあくまで“桜の想い人”として見ているので、恋愛関係に発展しないんです。

『Fate/stay night[Heaven’s Feel] II.lost butterfly』
▲劇場版『Fate/stay night[Heaven’s Feel] I.presage flower』より。

 ストーリー的にも今までの聖杯戦争と違って得体の知れない何かが蠢いていることを察しているので、そちらのほうに意識が向いていて、士郎への恋心が入る余地がないんです。

杉山さん:ああ、確かにそうですね。

植田さん:だから『HF』で凛を演じる時は常に一歩引いたところで演技をするようにしていますし、今までのどのルートよりも魔術師然として振る舞うことを心がけています。

 『Fate』ルートや『UBW』ルートの時は未完成と言いますか、精神的に成熟していない魔術師として演じていましたが、今回は行動ひとつ、呪文ひとつ唱えるにしても感情を荒げすぎずに、一人前……とまで言うと語弊がありますけど、そういったイメージでお芝居をしています。

『Fate/stay night[Heaven’s Feel] II.lost butterfly』
▲劇場版『Fate/stay night[Heaven’s Feel]II.lost butterfly』特報映像第1弾より。

――杉山さんは凛との掛け合いを演じる上でどのような演技を心がけていますか?

杉山さん:他のルートと同じく凛と共闘関係になるんですけど、『HF』ルートでは凛と桜の関係性を知るので、凛に対する見方が変化するんですが、そこを意識して演じています。

植田さん:『HF』の士郎はすごく頼りがいがあるイメージですよね。桜と相対しているシーンが多いからというのもあるんですけど、今までは巻き込まれて大変な目に遭ってわちゃわちゃしていたけど、『HF』では桜を守らなきゃ! ということで、よりしっかりしている印象があります。

『Fate/stay night[Heaven’s Feel] II.lost butterfly』
▲劇場版『Fate/stay night[Heaven’s Feel]II.lost butterfly』ティザートレーラーより。

杉山さん:凛が桜を気にしていることを知って、2人の間に距離感があることに気を遣うようにもなりますしね。それとなく2人の仲を取り持とうとすることもあります。凛に遠坂の当主として崩せない部分があることを知りつつも、どうすれば2人の仲を取り持つことができるか考えているところが微笑ましいなと思います。

→1月9日公開の後編に続く。

■劇場版『Fate/stay night[Heaven’s Feel] II.lost butterfly』公開情報
【公開日】2019年1月12日全国ロードショー
【公開館数】全国131館

【スタッフ】(敬称略)
原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
キャラクター原案:武内崇
監督:須藤友徳
キャラクターデザイン:須藤友徳・碇谷敦・田畑壽之
脚本:桧山彬(ufotable)
美術監督:衛藤功二
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:松岡美佳
編集:神野学
音楽:梶浦由記
主題歌:Aimer
制作プロデューサー:近藤光
アニメーション制作:ufotable
配給:アニプレックス

【キャスト】(敬称略)
衛宮士郎:杉山紀彰
間桐桜:下屋則子
間桐慎二:神谷浩史
セイバーオルタ:川澄綾子
遠坂凛:植田佳奈
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:門脇舞以
藤村大河:伊藤美紀
言峰綺礼:中田譲治
間桐臓硯:津嘉山正種
ギルガメッシュ:関智一
ライダー:浅川悠
アーチャー:諏訪部順一
真アサシン:稲田徹

(C)TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

関連サイト

注目記事

アイコン別記事一覧

※クリックすると、ソートされた記事一覧に移動します。