『あつ森』有料コンテンツ『ハッピーホームパラダイス』では別荘づくりをお手伝い! 仕切りやライトなどが登場

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 Nintendo Switch用ソフト『あつまれ どうぶつの森』の有料追加コンテンツ『ハッピーホームパラダイス』が、11月5日に2,500円(税込)で配信となります。予約は10月29日開始。


 この情報は、10月15日に公開された“あつまれ どうぶつの森 Direct 2021.10.15”で公開されました。
 
 なお、『ハッピーホームパラダイス』のプレイには、『あつまれ どうぶつの森』のソフトが必要。

 舞台となるのは、新たな島にあるリゾート開発事務所“タクミライフ”。ここでお客さまの理想の暮らしを叶える、別荘づくりをお手伝いすることに。


 希望を聞いて、ロケーション選びやお部屋のデザインなどトータルサポートします。






 別荘づくりの経験を積むことで、“仕切り”や“ライト”の調整、家具みがきなどが実現できるようになるとのこと。






 仕事でもらえる給料“ポキ”では、自分の住む島にはない家具を購入可能。購入すると、自分の島に持ち帰れるそうです。




 自分好みの施設を作ることが可能。映像では学校やレストラン、病院などが紹介されていました。



 ゲーム内のスマホアプリ“ツクッター”では、つくった別荘の記録を振り返ったり、他の人が手がけた別荘へ見学に行くことが可能。

 Nintendo Switchをインターネットに接続することで、自分の別荘を公開したり、他のコーディネーターの手がけた別荘を見学したりできます。

 なお、こちらの利用には“Nintendo Switch Online”(有料)への加入が必要。



 さらにamiiboを使い、別荘の提案が可能。


 先述した“仕切り”や家具みがきなどは、自分の島に戻った際にも使えるそうです。



 また、島の住民にお土産をプレゼントすることで、タクミライフのある島に招待し、別荘づくりの提案という展開もあるとのこと。



 『Nintendo Switch Online + 追加パック』加入でも『ハッピーホームパラダイス』が遊べます。

 11月5日には、『どうぶつの森 amiiboカード 第5弾』が発売に。全48種類でこれまでに登場していない住民もいるようです。


あつ森ダイレクト 関連記事

©2021 Nintendo

関連する記事一覧はこちら