『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』最速プレイレビュー! 新要素で日常も戦闘も一新……ジョゼは便利かわいい!!

電撃PlayStation
公開日時

 アトラスより、2019年10月31日に発売予定のPlayStation 4用ソフト『ペルソナ5 ザ・ロイヤル(以下、P5R)』。膨大なボリュームのなかから、深層のほんの一端に触れることができたので、そのプレイインプレッションをお届けします。

 ※本レポートは2019年8月30日に開催された本作の“完成披露プレミア”で行われたユーザー体験会のゲームデータを元に執筆しました(イベントのレポート記事はこちらから)。

  • ▲ゲームの完成を記念して開催されたイベント“『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』完成披露プレミア”には、プロデューサーなどの開発陣や、楽曲の歌を担当しているLynさんなど、豪華ゲストが登壇!

かすみと丸喜が登場する新イベント・清掃活動に参加

 今回の試遊はマダラメパレスクリア後の5月末から、TV局へ社会科見学に行く6月序盤までを遊ぶことができました。

 プレイを開始すると、早々に秀尽学園の行事・清掃活動に参加する新イベントが発生! 『ペルソナ5』は主人公の事情もあって学校に居づらく、従来のシリーズと比べるとあまり学校行事を満喫した記憶がないので、怪盗団メンバーとの学園生活をのぞけるイベントが増えるのはうれしいですね。個人的には、物語序盤は出番が少なかった推しキャラ・奥村春(声優:戸松遥)に会うことができ、思わずニヤニヤしてしまいました。

 このイベントでは、新キャラクター・芳澤かすみ(声優:雨宮天)とコープ“信念”が結べます。主人公は、清掃活動に向かう途中でトラブルに巻き込まれているかすみを助けて……!? すでに公開されているプロモーション映像で彼女が主人公の前歴に触れていたので、ほかの生徒みたいに遠巻きにされるのかと思いきや、お礼を言ってくれるし、先輩と呼んでくれるし、何よりもかわいいし、すごくいい子でした!

 新体操部のホープで学園からも期待されているはずなのに、生徒たちから陰口を言われ、浮いた存在になっているようで、少し心配になります。まったく、秀尽学園生徒の民度ときたら……。彼女がどのようにペルソナ能力に目覚め、怪盗団の仲間入りをするのか、ちょっと気になってしまいました。

 このイベントでは、同じく新キャラクター・丸喜拓人(声優:日野聡)も活躍(?)していました。メニューを確認すると彼とのコープ“顧問官”はすでに発生済みだったので、比較的早い段階で発生させられるようです。丸喜とどんな出会い方をして、“共犯関係”になるのかを見るのも楽しみですね!

 ちなみにかすみの“信念”も、拓人の“審問官”も、コープアビリティは主人公を強化できる便利なもの! かすみのコープアビリティ“タンブリング”は、パレスにおいて、ピンチエンカウントを回避できるという効果です。

 丸喜のコープアビリティは、主人公に状態異常が付着した際に、即座に状態異常を回復することがある“デトックス・X”と、戦闘開始時に、主人公にチャージ&コンセントレイトの効果を得ることがある“主人公ゾーン”を確認できました。

 さらに2人のコープを進めると、かすみの“信念”の場合はHP最大値が、丸喜の“顧問官”の場合はSP最大値がアップ! 2人のイベントの続きも気になりますし、発売後はぜひ優先して進めたいです。

  • ▲『P5R』で新たな重要キャラクターとして登場するかすみ。秀尽学園へ入学したばかりの1年生で、中学時代から新体操選手として優秀な成績を収めており、周囲から期待されている。
  • ▲『P5R』で追加される新コープ“顧問官”のキャラクター・丸喜先生。秀尽学園に赴任してきたばかりの非常勤のスクールカウンセラーで、どこか抜けたところもあるが物腰は柔らかく、生徒からの評判もいい。

吉祥寺には気になるお店がいっぱい!

 新エリアの“吉祥寺”には、6月序盤に坂本竜司(声優:宮野真守)に誘われて行けるようになりました。

 回復アイテムを販売している食べ物屋さんのほか、パワーストーン専門店(追加スキルを使えるようになる新アクセサリーなどを販売)など、おしゃれタウンの吉祥寺らしいショップがそろっていて、見て回るだけで楽しいです。今回プレイできた範囲では利用できませんでしたが、謎の“お香屋”や大人の雰囲気漂う“ジャスクラブ”など、どんな施設なのか気になるスポットも!

 竜司とは、ダーツ&ビリヤードを楽しめる“ペンギンスナイパー”に出掛けました。彼と一緒にダーツをプレイしたところ、なんと“バトンタッチ”のランクがアップ! 本作では“バトンタッチ”にランクが追加されており、ダメージ上昇やHP回復などの付加効果を得られるようです。新エリアで仲間と遊ぶことで絆が深まり、バトルも楽になるなんて最高ですね。

  • ▲『P5R』で新たに訪れることができるようになった街・吉祥寺。ほかの街と同じく、自由時間に探索したり、仲間たちと出掛けたりすることが可能だ。
  • ▲吉祥寺には、ダーツやジャズクラブ、古着屋や格式高いお寺などの新施設が存在。これらを利用することで、仲間たちとの絆を深めたり、能力を強化したりすることができる。

ほかにもパワーアップしていて何時間あっても遊び足りない!

 新イベントや新エリアのほかにも、丸喜の授業が増えていたり、モルガナの表情が豊かになっていたり、夜のバッティングセンターで打ち放題が遊べたりと、本当にいろいろな部分がパワーアップしていました。

 個人的に1番うれしかったのは、放課後や夜にコープキャラクターと一緒に過ごしたあと、その人物から電話がかかってくるようになったこと! 追加で信頼度も上がるのでコープランクをアップさせやすくなるし、協力者たちとの新しいやり取りを見られるので、ファンにはたまらない追加要素だと思いました。

  • ▲ちょっとした言葉が無性にうれしく感じられる電話での追加会話。コープキャラとの絆がさらに深まる!?

 プレイ期間はゲーム内の時間で1週間ほどだったのですが、いろいろ寄り道をしていたため、気がつくと2時間半以上遊んでいました。

 日常パートのみのプレイでこの時間ですから、パレスはもちろん、もう1人の新キャラクターであるジョゼ(声優:森下由樹子)に会える“メメントス”などのダンジョン探索パートにまで手を出したら、いったいどれほどの時間を怪盗団に盗まれてしまうのか……怖くもあり、楽しみでもあります。早く発売されて、じっくり遊べる日が待ち遠しいです!

バトルデザインにもかなりの変化が……?

 ここからはメメントスの試遊を通じて感じた、バトル関連のことをまとめていきます。以前の記事より細かいところも突っ込んでいきますので、前回のレポートを見た方もぜひ最後までご覧ください。

 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』では、メメントスに立ち寄るメリットそのものが増している印象です。とくにペルソナを育成させるにおいてメメントスは通常のパレスよりも効率がよいのではないか? と思わせる作り。

 これは本作で新たに追加された新キャラクター、ジョゼの存在が大きいです。道中に追加されたスタンプラリーや、花を集めるといったギミックは、経験値獲得量アップ(ただしメメントス内に限る)やペルソナのパラメータを上昇させる“香”の収集につながっています。これまでも“ピクシーにメギドラオンを継承させる”など、ペルソナ育成の自由度は高かったですが、これがさらに手軽になった印象。あとジョゼはカワイイ(笑)。

  • ▲主人公たちがメメントスで出会う新キャラクター・ジョゼ。集めたスタンプや花、イシなどを彼に届けることで、さまざまな恩恵を得られる。

 とまぁ、メメントスに潜入するメリットを書いてみましたが、本作はメメントスでもダッシュできるようになっており、かつ、竜司に新たに用意された新コープアビリティ”ステルスダッシュ(ダッシュ中、敵に気づかれにくくなる)”の効果により、敵とのエンカウントも回避しやすくなっていました。効率よくまとめてメメントスを攻略することもやりやすくなっているのかなと思います。

 コープアビリティといえば、竜司に”ステルスダッシュ”が追加された以外にも、全体的に調整が入っているようです。たとえば、”瞬殺”は”異世界でダッシュしながら敵に接近すると、格下のシャドウを即座に倒すことができる”ように変更され、より使いやすく。明智には”探偵の具眼”が追加。これは”戦闘開始時、敵1体の属性相性情報を1つ判明させることがある”というもの。このほかにもまだまだ変更・調整されている箇所がありそうです!

  • ▲いかにも“探偵王子の再来”らしいコープアビリティ“探偵の具眼”。初出現シャドウとの戦いの大きな助けに!

 また、バトルでは各ペルソナに追加された“特性”はけっこう重要なのかなと感じました。既に公開されているとおり、特性とは、”敵単体を対象とする魔法スキルの攻撃力が自動的に20%上昇する“など、戦闘を有利にするものばかり。

 当然、仲間たちが扱うペルソナにも特性は用意されています。今回確認できた竜司、モルガナ、杏、祐介、真、の特性はいずれも味方全体に効果を及ぼすものなので、かなり高性能。スキルやパラメータといった、ゲームシステム的な意味でキャラクターの個性を表現する要素が、特性の登場によりさらに個性的になったな、という印象です。

  • ▲ある時期までゲームを進めると解禁されるペルソナの“特性”。合体時に継承させることもでき、ペルソナの強化に欠かせない要素に。

 ご参考までに、今回の試遊プレイで確認できた”特性”を下記にまとめてみました。

今回の試遊で確認できたペルソナの特性

魔術師 LV17・ケットシー
特性……指先から熱伝導(バトンタッチを受けた時の行動で炎上付着率が増加する)

節制 LV13・コッパテング
特性……各個集中の眼差し(敵単体を対象とする魔法スキルの攻撃力が自動的に20%上昇する)

愚者 LV18・ハイピクシー
特性……連鎖の手管(バトンタッチを受けたときの行動でダメージが上昇する)

恋愛 LV21・リャナンシー
特性……妙技の手管(テクニカルによるダメージが25%上昇する)

女帝 LV20・ヤクシニー
特性……伝染する淀み集(バトンタッチを受けた時の行動で状態異常付着率が増加する)

魔術師 LV14・ジャックフロスト
特性……凍てつく血統(氷結スキル使用時のSP消費量が自動的に半分になる)

女教皇(真)・ヨハンナ
特性……万物のはからい(味方のスキルによる炎上・凍結・感電の付着率が25%上昇する)

皇帝(祐介)・ゴエモン
特性……無頼の眼力(味方が物理攻撃を受ける際に攻撃を回避する事がある)

魔術師(モルガナ)・ゾロ
特性……気高き風格(戦闘中味方が使用する回復スキル効果が倍増する)

恋愛(杏)・カルメン
特性……魔性の極意(味方の攻撃魔法のSP消費量が稀に減少する)

戦車(竜司)・キャプテン・キッド
特性……荒ぶる気性(味方の物理攻撃の攻撃力が稀に40%上昇する)

 どのキャラクターをパーティに入れるかしだいで、多彩な戦術を取れるようになっただけでなく、より尖った戦術を取ることもできそう。お気に入りのキャラを前作以上に活躍させることがきっとできるかと!

 また、注目したいのが”アクセサリー”。今回はアクセサリーを装備することで、スキルを使用することが可能になっています。たとえば”微風のリング”を装備すれば、”ガル”を使用できる、といったぐあい。こちらも、試遊で確認できた範囲でまとめてみました。

今回の試遊で確認できたアクセサリーの効果

色欲の指輪
追加スキル……王者の盃(味方1体のHPを中回復し3ターンの間、攻撃力が上昇する)

微風のリング
追加スキル……ガル(敵1体に疾風属性で小ダメージを与える)

粉雪のリング
追加スキル……ブフ(敵1体に氷結属性で小ダメージを与える まれに敵を凍結させる)

炎上オイルパック
追加スキル……炎上率UP(炎上の付着率が自動的に上昇する)

迷惑腰巻
追加スキル……浮かない空(雨・雪や注意報の時状態異常の攻撃の付着率が自動的に上昇する)

  • ▲風属性が苦手なはずのキャプテン・キッドがガルを習得! これもアクセサリーの恩恵だ。

 『P5』のアクセサリーと言えば、超強力だったのは武見コープを進めることで購入可能になった”貼る大気功”。自分のターンが回ってくるたびに自動でSPが回復する優れモノだったので、多くの方が装備していたかと思いますが、今回はいろいろ魅力的なアクセサリーが登場し、より多彩な戦術でバトルを楽しめそうだと感じました!

 今回の試遊のまとめとしては、もともと高かった自由度がもっと高くなったな、といった感じ。正直、「ここまで手が入っているなら、後半に歯ごたえ満点のダンジョンやボスが待っているのでは?」と感じるぐらいには作り込み直されている印象です! 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』への期待がますます高まったので、もうすぐ訪れる発売日を楽しみに待ちたいと思います。

(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.

ペルソナ5 ザ・ロイヤル

  • メーカー: アトラス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2019年10月31日
  • 希望小売価格: 8,800円+税

ペルソナ5 ザ・ロイヤル(限定版)

  • メーカー: アトラス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: RPG
  • 発売日: 2019年10月31日
  • 希望小売価格: 13,800円+税