『Haven』は恋人の絆を体感できるバトルが印象的。『Furi』開発元の新作RPGを試遊【TGS2019】

キャナ☆メン
公開日時

 9月12日~15日に千葉・幕張メッセで開催された“東京ゲームショウ2019”にて、インディーゲームコーナーに出展されていたタイトルのプレイレポートをお届けします。

 本記事で紹介するのは、ボス戦に特化したアクションゲーム『Furi』の開発元であるThe Game Bakersが手がけている新作RPG『Haven』です。別の記事で紹介しているアドベンチャー『Mosaic』と同様に、国内展開は架け橋ゲームズがサポートを行います。

 なお同社がサポートするタイトルは、『Stranded Sails』、『Atomicrops』、『Kingdom: Two Crowns』、『Etherborn』と合わせ計6作品が出展されていました。

恋人たちが主人公のアドベンチャースタイルなRPG

 『Haven』は、ケイとユウ、恋人である2人の男女が(エイピアリ―という存在から?)逃避行を続ける末にたどり着いた惑星“エクサノヴァ”を旅するアドベンチャー要素の強いRPGです。

 試遊版では、ネストと呼ばれる宇宙船をベースにして生活していた2人が、外出中に激しい揺れに見舞われてネストが壊れてしまい、生きるためにフローブリッジ(何か特殊なエネルギーの流れのようなもの)を渡って惑星を探索するストーリーを体験できました。

 基本的にはシングルプレイ用のゲームであり、プレイヤーは2人のキャラクターを切り替えて、あるいは同時に操作してプレイします。ただし開発元の公式サイトによると、好きな時にローカルでの2人プレイが可能であるとのことです。

 ゲームの特徴を紹介していくと、まずは2人の会話中、選択肢が頻繁に挿入されることが挙げられます。2人プレイだと違うのかもしれませんが、少なくともシングルプレイではケイとユウ、どちらの選択肢も自分で選べます。

 会話中の選択は、場合によってプレイに具体的影響があるのか、あるいは会話のちょっとしたエッセンスに留まるのかはわかりませんが、経験値のような形で2人の絆ゲージをためるシステムがあるので、もしかしたら絆が深まるケースがあるのかもしれません。ただ、シナリオ自体は1本のストーリーラインに沿った形になるそうです。

 とはいえ、選択肢を選んでいるうちに段々と2人に愛着が湧いてくるのは確か。ゲーム開始から5分もしないうちに、ケイがユウをテーブルに押し倒そうとした時は「おいおい、早くない……?」と思わないでもなかったですが(笑)。


 また移動においては、ダッシュの代わりにグライド(滑空)が基本になっていて、ドリフトやターンも行えるため、青空と草原の広がる開放的な景色と相まって2人をただ動かすだけでも気持ちいい! 惑星を探索していると、さまざまなアイテムを拾え、キッチンでは料理も可能でした。

恋人たちの協力を体感できるユニークなバトルシステム

 そして特にユニークだったのが、2人で同時に行動するコマンド式のバトルです。

 バトルは、十字キーと4つボタンに対応した2人ぶんのコマンドを選択する形で進み、2人が息を合わせて戦うイメージがゲームシステム的に表れています。同じ攻撃方法を選んで2人が協力技を放つ場合には、コマンド選択後に回転するゲージを合わせる必要もあって、まさに“ピッタリと息を合わせる”感じがコマンド選択に出ているんですね。


 また、バトルで戦う敵(というか惑星に生息する獣のような存在)は、倒すわけではなく、最後に“沈静化”のコマンドを選択して大人しくさせることが目的になります。

 そうした敵を倒さないバトルや、恋人同士による気のほぐれる会話、またアニメ調で穏やかなタッチのグラフィックなどが相まって、状況的には危機が迫っていながらも、ゲームプレイ的にはどこか優しい雰囲気の漂うところが印象的でした。

 本作は2020年配信予定で、PC版が確定している他、コンシューマ版は現時点でPS4/Nintendo Switchでの展開が計画されているとのこと。『Furi』とガラリと変わっているだけでなく、一般的なRPGとも違うゲーム体験を味わえる作品だと思います。

東京ゲームショウ2019 開催概要

【開催期間】
 ビジネスデイ……9月12、13日 各日10:00~17:00
 一般公開日……9月14、15日 各日10:00~17:00
【会場】幕張メッセ
【入場料】一般(中学生以上)2,000円(税込)/前売1,500円(税込)
※小学生以下は無料

(C)The Game Bakers 2019