アイドルたちと夢の旅へ! 『THE IDOLM@STER SideM 4th STAGE ~TRE@SURE GATE~』2日目レポート

ガルスタオンライン
公開日時
最終更新

 315プロダクションの「理由あって、アイドル!」たちのプロデューサーとなって、彼らと一緒にお仕事をしていく『アイドルマスター SideM』
 毎年恒例のライブも今年で4回目を迎えました。これまでで最大規模の会場となる、さいたまスーパーアリーナで2日にわたって開催された“THE IDOLM@STER SideM 4th STAGE ~TRE@SURE GATE~”の、DAY2「DREAM PASSPORT」の様子をレポートします。

■DAY1 SMILE PASSPORTのレポートはこちら

公演概要

■公演名
THE IDOLM@STER SideM 4th STAGE ~TRE@SURE GATE~

■開催場所
さいたまスーパーアリーナ

■開催日
DAY2[DREAM PASSPORT] 2019年5月12日

■DAY2[DREAM PASSPORT]出演者
・DRAMATIC STARS
 仲村宗悟(天道輝役)、内田雄馬(桜庭薫役)、八代拓(柏木翼役)
・Jupiter
 寺島拓篤(天ヶ瀬冬馬役)、神原大地(伊集院北斗役)、松岡禎丞(御手洗翔太役)
・Altessimo
 土岐隼一(都築圭役)
・Beit
 梅原裕一郎(鷹城恭二役)、堀江瞬(ピエール役)、高塚智人(渡辺みのり役)
・W
 山谷祥生(蒼井享介役)
・FRAME
 熊谷健太郎(握野英雄役)
・彩
 中田祐矢(清澄九郎役)
・High×Joker
 野上翔(伊瀬谷四季役)、千葉翔也(秋山隼人役)、白井悠介(若里春名役)。永塚拓馬(冬美旬役)、渡辺紘(榊夏来役)
・神速一魂
 益山武明(紅井朱雀役)
・Café Parade
 狩野翔(神谷幸広役)、天﨑滉平(東雲荘一郎役)、古川慎(アスラン=BBⅡ世役)、児玉卓也(卯月巻緒役)、小林大紀(水嶋 咲役)
・もふもふえん
 矢野奨吾(岡村直央役)、古畑恵介(橘志狼役)、村瀬 歩(姫野かのん役)
・S.E.M
 榎木淳弥(舞田類役)
・THE 虎牙道
 寺島惇太(大河タケル役)
・F-LAGS
 徳武竜也(九十九一希役)、浦尾岳大(兜大吾役)
・Legenders
 笠間淳(葛之葉雨彦役)

夢の先を目指していざ出航!

 さいたまスーパーアリーナでのライブ2日目は、「MEET THE WORLD!」で幕を開けました。全員が今回のライブのために作られた新しい衣装をまとい、フラッグを片手にここから始まるライブの扉を開いていきます。
 “DREAM PASSPORT”は船の旅ということで、船旅にぴったりなF-LAGSが登場! 残念ながら出演が叶わなかった三瓶由布子さん演じる秋月涼のメッセージが届き、ステージの2人も力をもらったようです。「夢色VOYAGER」の曲中、プロデューサーのみなさんに涼のパートを歌ってもらうサプライズも。
 この日、メンバー全員が揃ったHigh×Jokerはトロッコに乗り、「HIGH JUMP NO LIMIT」で客席のボルテージを一気に上げます。全員が客席のプロデューサーに手を振って激しくアピール! 最後は全員肩を組んで笑顔で締めくくっていました。
 いつの間にか中国へ着いたようで、「千客万来ニーハオサァカス!」がスタート。カンフースーツ風衣装の松岡さん、高塚さん、寺島さん、浦尾さんが登場し、客席からは歓声が起こります。さらに高塚さんがプロデューサーへ「我愛你」と中国語で愛を叫ぶと、大盛り上がり!
 舞台は変わり海へ到着。「うぇるかむ・はぴらきパーク!」をもふもふえんが海の生き物たちと一緒に歌います。途中で曲が転調したかと思うと、志狼、直央、かのんのソロ曲が! 後のMCでは、この演出の考案者が古畑さんだと村瀬さんが明かしてくれました。
 カワイイもふもふえんのあとは、「ALOHA! HAPPY CREATOR!」で南国ムードいっぱいのハワイへ。トロッコに乗った小林さん、村瀬さん、榎木さんは、客席にボールを投げるサービス! 
 ここでいったんMCが入り、「千客万来ニーハオサァカス!」のダンス中、中国拳法の動きなどを披露した松岡さんは中国拳法の奥の深さにしみじみ。FLAG-Sの2人は三瓶さんへの想いを語ってくれました。
 Café Parade、Altessimo、Legendersの3組による「Eternal Fantasia」で、船の旅が再び始まります。一行は南国からフィンランドへ。きらめく銀世界を歌った「Purely&Kindly」は、ラストで雪が降る演出も。その雪が降るなか始まった「冬の日のエトランゼ」。DRAMATIC STARSとBeitが、切ないメロディーをしっとりと歌い上げました。
 ガラッと空気を変えたのは、フィジカルの属性曲「LET'S GO!!」。しんとした冬の空気があっという間にアツいメンバーの熱で塗り替えられていきます。メンタルの「Friendly Smile」ではハッピーな空気になったかと思うと、インテリの「POKER FAITH -ポーカーフェイス-」で一気にクールダウン。どの属性曲も個性的な魅力たっぷりでした。

会場はどんどんヒートアップ!

 「冬の日のエトランゼ」を歌った感想を聞かれた梅原さんは、センターステージにいる6人をカメラが回りながら撮っていたことを“イケメン回転寿司”と表現し、会場は爆笑。
 そんな和やかなMCの後は、DRAMATIC STARSとHigh×Jokerの「夜空を煌めく星のように」で旅が再開。FLAME、もふもふえん、F-LAGSによる「Compass Gripper!!!」でさらに旅は加速しますが、辿り着いたのは古いお城。そこで待ち受けていたCafé Paradeは、「Reversed Masquerade」のゾンビダンスでおもてなし!
 ゴシックな世界観のマスカレードが終わると、そこは石畳の道が続くドイツに到着。「Hello, Freunde !」を歌いながら、神原さん、土岐さん、永塚さん、古川さんは軽快に石畳を進んでいきます。石畳の先のフランスでは、仲村さん、熊谷さん、益山さん、笠間さんが剣を抜き放ち、高らかに「永遠なる四銃士」を歌い上げました。 次に登場したJupiterは「GLORIA MOMENT」を初披露! 炎が立ち上がるなか、Jupiterでは珍しくマイクスタンドを使って歌います。ダンスはないもののマイクスタンドを使ったパフォーマンスに、激しいロックサウンドも相まってプロデューサーたちのの熱が一気に上昇! 「Wow」では力いっぱいのコールを返していました。
 熱く激しいJupiterから、今度はBeitとナイトクルージングへ旅立ちます。豪華客船で「TOMORROW DIAMOND」を歌い、最後には跪いて指輪を捧げる演出も。朝焼けに照らされ、ナイトクルージングが終わると、DRAMATIC STARSが登場! おなじみの「STARLIGHT CELEBRATE」ではコールが起こり、会場をさらに盛り上げました。
 旅の終わりはアイドル全員での「DREAM JOURNEY」。全員背中を向けた状態から始まり、振り向いて歌い出すという演出で会場からはどよめきが起こっていました。最後は全員で肩を組み、まだ夢の先への旅を続けるという強い意志を感じさせました。

アンコールでは315プロの社長からのメッセージが!

 プロデューサーたちのアンコールにまず最初に応えたのは、まさかの315プロダクション社長・齋藤孝司氏! 社長はアプリで行われるアイドルたちの新しいお仕事をいち早くお知らせしてくれました。
 そしてようやく登場したアイドルたちは「Beyond The Dream」「DRIVE A LIVE」の2曲をアンコールで披露し、2日間にわたるライブは大成功のうちに幕を閉じました。




(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.