本日は真島吾朗の誕生日。嶋野の狂犬グッズオンリーのオンラインくじ…笑いどころやないかい!

電撃オンライン
公開日時

 5月14日は、セガの『龍が如く』シリーズの人気キャラクター・真島吾朗の誕生日。それを記念した企画記事をお届けします。

 真島吾朗は元東城会直系真島組組長であり、長年にわたり東城会を支えてきた大幹部。プレイヤーからの人気が非常に高く、ほとんどのシリーズ作品に登場するキャラクターです。キャラクター人気投票企画でも1位に輝いています。

 そもそも、桐生一馬や春日一番といった主人公ではなく、見た目からして明らかに異質を放つ真島の誕生日をなぜ祝おうとしているのか……。シリーズファンであれば「真島の兄さんならそんなこともあるよね」と納得できますが、そうではない方には「???」という事態でしょう。

 ということで、そんな方々に向けて、“嶋野の狂犬”こと真島吾朗がどんな漢(おとこ)なのか、語っていこうと思います。

  • ▲画像は『龍が如く6 命の詩。』のもの。

真島吾朗の魅力とは?

 破天荒な性格かつ戦闘狂故に、たびたび常人には理解し難い行動に出るような人物であり、その在り様からかつて所属していた組名にちなんで“嶋野の狂犬”という二つ名で呼ばれることも。

 眼帯をつけた左目に極道らしからぬテクノカット、素肌の上から蛇柄ジャケットを羽織り、般若の刺青を覗かせる……と、風貌からして神室町にいる極道とは一線を画する存在感を放っています。

  • ▲画像は『龍が如く5 夢、叶えし者』のもの。

狂気の裏側に隠れた一本気

 “戦闘狂”というとどうしても粗野で短絡的なイメージが付きまとい、真島はその外見も相まってたしかにそういった印象を受けやすい人物。しかし、本来の彼は生マジメで思慮深く、理由なく手をあげることは(あまり)ない筋の通ったキャラクターなのです。

 特に彼が主人公を担う『龍が如く0 誓いの場所』ではその様子が顕著で、とある盲目の少女を救うために極道の闇に挑むヒーローのような立ち回りを演じています。この事件での出会いがきっかけで現在のような狂気をはらむようになったわけですが、その後のシリーズでも元来の生マジメさが顔を出すことも。

  • ▲画像は『龍が如く0 誓いの場所』のもの。

 たびたび死闘を演じる桐生一馬や、真島の部下たちなど、突拍子もない行動の被害にあいがちな人々から、それでもなお厚い信頼を寄せられているのも、その頼りがいのある精神性によるものと言えるでしょう。

行動を予想できない奔放さ

 予想だにしない行動によってプレイヤーを楽しませてくれるのも彼の魅力の1つ。トリックスターと形容するにふさわしいキャラだと思われます。

 例えばシリーズ1作目の『龍が如く』では、“桐生一馬と戦いたい”という理由だけで彼がいるビルにトラックで突っ込んで襲撃をかけるシーンがあります。この時点でもかなりブッ飛んでいるわけですが、さらに真島は突然のトラック襲撃にパニック状態の女性を捕まえて口説きにかかります。もちろん、そんなヤベーヤツからの突然の告白なんてうまくいくはずもなく、恐怖に怯える女性は勇気を振り絞り真島の提案を断ります。

 しかし、相手は極道。プレイヤーとしては、「そんな扱いをすれば真島がどんな行動に出るか……」と息を呑む場面なのですが、なんと彼はしっかり自分の意思を示した女性を「それでええ!」「正直モンが好きなや」と称え、すんなりと諦めてビルの外へと誘導したんですね。桐生は真島の行動に「読めねぇなぁ」と呟きますが、これを見ていたプレイヤーも同じ気持ちだったことでしょう。

 他にもライバルである桐生の気を引くためにキャバ嬢に扮するなど、真島吾朗はある意味“なんでもアリ”の人物。プレイヤーの予想をビシバシと裏切りつつも彼なりのスジの通った言動は、“真島吾朗”というキャラクターをより多くのファンの心に刻みつけています。

  • ▲画像は『龍が如く 極』のもの。

ケンカが強いヤツが大好き

 真島がかつて所属していた嶋野組は東城会きっての超武闘派として知られており、その傍若無人の暴れっぷりから彼は“嶋野の狂犬”と呼ばれるようになります。嶋野組から独立し、自分の組を持ってからもその凶暴性は失われておらず、その圧倒的な戦闘能力も彼のパーソナリティと言えるでしょう。

 その強さは作品を重ねるごとに高まっており、『龍が如く5』以降のシリーズ作品では分身まで生み出しています。

  • ▲画像は『龍が如く7 光と闇の行方』のもの。

 また、強さへのコダワリは桐生一馬というライバルを得たことでより強くなり、ことあるごとにケンカをふっかけています。

 しかし、その数々の戦いを経て互いに強い信頼関係を築いており、『龍が如く3』では桐生から東城会会長・堂島大吾を支えてほしいと願い出るほど。とはいえ、バトルジャンキーである真島が素直に了承するわけもなく、「俺に命令出来んのは、強いヤツだけや!」と豪語し、桐生との戦いの理由にしてしまうのも彼らしい絆の表現といえるかもしれません。

  • ▲画像は『龍が如く3』のもの。

誕生日限定特典も! 『龍が如く』真島吾朗の誕生日記念オンラインくじ


 真島の兄さんファン垂涎のお宝グッズが当たる、“『龍が如く』真島吾朗誕生日記念くじ”が販売中。しかも、真島の誕生日である本日5月14日0:00~23:59の間に【10連セット】を購入すると“誕生日記念! 期間限定特典 色紙”をもれなくプレゼント!



 “選べる! ワシがどついたる! 暴漢撃退シーツ”や“選べる! 寝る時くらいゆっくりさせろっちゅーねん! ほなお疲れさん部屋着”など、ここでしか手に入らないグッズばかりなのでファンの皆さんは買い忘れのないように気をつけましょう!

【販売期間】
2022年4月25日(月)20:30~2022年5月31日(火)16:59

【販売サイト】
「くじ引き堂」
販売ページはこちら
https://kujibikido.com/lp/ryu-ga-gotoku-majima/

【販売価格】
1回 770円(税込)

【配送手数料】
複数回注文でも【20個まで】全国一律550円(税込) で配送

【発送目安】
8月下旬~9月上旬頃発送

(C) SEGA
※発送目安は注文状況や商品によって発送時期が前後する場合があります。
※本商品の販売は予告なく内容の変更や、販売期間の終了・延長・再販売をする場合があります。
※画像はイメージです。実際の商品とはデザイン・仕様が一部異なる場合がございます。
※各賞の当選確率は購入者全体(くじ全体)での当選確率を表記しており、また抽選1回毎に表記の確率で抽選がおこなわれます。お客様ごとの当選確率ではないため、必ずしも購入個数と当選確率が伴うものではございません。予めご了承ください。

関連する記事一覧はこちら