『DQウォーク』こころチャンス狙いと、ひたすらバトル。どっちが効率的かを検証【電撃DQW日記#56】

シュー
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(DQウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 この記事では、どんなゲームも気が済むまで遊び尽くすやり込み系ゲーマーのシューが、モンスターのこころについてのある検証結果を報告します。

こころチャンスのみVSバトルし続ける。こころを多く獲得できるのはどっち?

 レベルアップ以上に、強敵とのバトルの前準備に欠かせない“モンスターのこころ”。

 ふと、マップ上に出現するこころチャンスだけを狙って集めるのとバトルし続けるのとでは、どちらの方が“モンスターのこころ”が集まるのか気になったので、ひたすら歩いて調べてみました。

 条件は以下の通りです。

条件1 制限時間はどちらも1時間
条件2 クエスト目標を変えない
条件3
(こころチャンスのみ)
こころチャンスのみを求めて歩く
条件4
(バトルのみ)
こころチャンスを無視してバトルのみを行う
条件5
(バトルのみ)
同じルートを歩く

こころチャンスのみで獲得するこころの数を検証

 まずは“こころチャンスのみ”を実行。ちょうど目の前に1つあったので、これを起点に検証をスタートしました。500m歩いたところにもう1つあったので、「やっぱりチャンスだけの方が楽に集められるかな?」と思っていたのですが、その後しばらく見つけられず……。かなり運要素の強い集め方のようです。

  • ▲こころチャンスによっては、“高確率でドロップ”など必ず獲得できるわけではない点に注意。

 結果を言うと“こころチャンスのみで1時間”は4つでした。周辺に“こころチャンス”の反応がないと、完全に運に身を任せて歩くしかないのがツラかったですね。見えている“こころチャンス”を辿っていけたら、もっと集められたかもしれません。

バトルのみで獲得したこころの数を検証

 続いて“1時間ひたすらバトルのみ”で、モンスターのこころを狙ってみました。こちらはシンプルに、ただバトルするだけ。地域差による変化も考慮して、“こころチャンスのみ”で来た道を戻りながらバトルしていました。

 結果はなんと1時間で70戦中12個という驚愕の結果に。はじめは、体感で10戦に1回くらいの割合でドロップしているなーと思いながら戦っていたのですが、1戦でモンスターのこころを2つドロップすることもありました。やはり試行回数の差は大きいですね。コツコツ集めるのが一番の近道でした。

まとめ:バトルしながらこころチャンスを目指すのがいい!

 オートバトルで楽に倒せる間は、ウォークモードにしてこころチャンスを目指しながら歩いてバトルするのが1番集まるやり方なのではないでしょうか。

 ある意味、1番の近道は遠回り。みたいな感じなのかなぁ。歩き続けるのが正解っていうのは、位置情報ゲームらしくてとても良いと思います。歩いた分だけ強くなるって結果がついてくるのが嬉しいんです。

 頑張ったなぁって実感が湧いてくるので。てことで、今日も一日、頑張って歩きましょー!

電撃DQW日記バックナンバー

※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
©2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金