【電撃シンクロ日記#41】状態異常シナジーを成立させるキャラの組み合わせの具体例。パーティ編成の一助に

キャナ☆メン
公開日時
最終更新

 セガのiOS/Android用RPG『シン・クロニクル(シンクロ)』のプレイ日記をお届けします。

 今回は、前回に引き続き状態異常シナジーを解説!(→前編はこちら

 『シンクロ』は、多彩な追加効果でキャラの能力に個性を感じるゲームだからこそ、パーティ編成からバトルまで、プレイヤーなりにキャラ同士のシナジーを考えて遊ぶのがおもしろい作品ですよね。

 その中でも前回は、スキルの追加効果を引き出すという目的がハッキリしていて、キャラの組み合わせも決まっているのでわかりやすい“状態異常シナジー”を選んで、その基本的な部分をお伝えしました。

  • ▲状態異常を付与→威力上昇スキルで攻撃、の2ステップと単純。それだけに行動順の調整は重要ですね。

 今回の記事では、編成時の参考にできるよう具体例を紹介! 状態異常ごとに分けて、現時点でどんなキャラ同士の組み合わせが存在し得るのか、キャラ名や対象のスキルなどを掲載します。

※以下、オーバードライブはODと表記。
※アビリティ習得後の効果は対象外。
※キャラの並びは五十音順。

鈍足シナジーの対象キャラ

 さすが、ガチャの説明文でキリアが“鈍足シナジーの最終ピース”と書かれているように、鈍足シナジーを見込めるキャラが、現状では一番人数が多いです。

 鈍足を付与できる技のうち、エスメラルダのODのみ範囲攻撃ですが、あまり範囲が大きくない点と、使いどころが限られるODの性質上、複数の敵を鈍足にできる状況は多くありません。基本的には、敵単体に鈍足を付与して攻撃する流れになると思います。

●鈍足付与スキルの使い手

キャラ名 対象スキル
エスメラルダ スキル3(ときどき/2ターン)、OD(中確率/2ターン)
ギュンター OD(高確率/1ターン)
デシティア スキル3(中確率/1ターン)

※括弧内は状態異常付与の確率および効果ターン数。効果はアビリティ未取得時。

●鈍足時に威力が上がるスキルの使い手

キャラ名 対象スキル
アルデガルド スキル3(単体/300%+200%)
キリア スキル3(単体/300%+200%)、OD(単体/720%+150%)
ビスケ スキル3(単体/300%+200%)、OD(範囲/500%+100%)

※括弧内は攻撃方法と、スキルLv1・アビリティ未取得時のベース威力+追加威力。

帯電シナジーの対象キャラ

 帯電シナジーは、現状だと状態異常を付与するスキルがいずれも範囲攻撃であることから、使い勝手のよさがあると思います。ターン開始時にダメージを与える帯電自体の強さと相まって、作戦が噛み合った時の強さを実感しやすいかと。

 実際に、第3界層でシナジーの強みを感じている方もいるでしょう。水棲生物が基本的には帯電を弱点にしていますね。

●帯電付与スキルの使い手

キャラ名 対象スキル
エウラリア OD(中確率/1ターン)
ディアドラ スキル3(ときどき/1ターン)、OD(中確率/1ターン)
リリィア スキル3(ときどき/1ターン)、OD(中確率/1ターン)

※括弧内は状態異常付与の確率および効果ターン数。効果はアビリティ未取得時。

●帯電時に威力が上がるスキルの使い手

キャラ名 対象スキル
エウラリア スキル3(単体/300%+200%)
タイファ スキル3(単体/300%+200%)
ルイズ スキル3(単体/300%+200%)

※括弧内は攻撃方法と、スキルLv1・アビリティ未取得時のベース威力+追加威力。

火傷シナジーの対象キャラ

 現状だと、火傷を付与できるスキルはいずれも単体攻撃ですが、効果は2ターンあります。ただ、アルカンのスキル3は7チェイン以上という使用条件があるため、その点は注意が必要です。

 なお、ネジレバネやクリプトキーパーに代表される飛行虫系の敵が、基本的に火傷を弱点にしています。

●火傷付与スキルの使い手

キャラ名 対象スキル
アルカン スキル3(高確率/2ターン)※使用条件7チェイン以上
ハンナ(アナザー) スキル3(ときどき/2ターン)、OD(中確率/2ターン)

※括弧内は状態異常付与の確率および効果ターン数。効果はアビリティ未取得時。

●火傷時に威力が上がるスキルの使い手

キャラ名 対象スキル
カルロ スキル3(単体/300%+200%)、OD(単体/720%+150%)
レナーク スキル3(単体/300%+200%)、OD(範囲/500%+100%)

※括弧内は攻撃方法と、スキルLv1・アビリティ未取得時のベース威力+追加威力。

暗闇シナジーの対象キャラ

 対象の人数が非常に少なく、掲載するか否か迷ったのが暗闇シナジーです。ただ、クラヤミアンコウ以外の敵でもシャーロットを輝かせる手段があるよ、ということで紹介することにしました。

 今回の記事ではアビリティ習得後の効果は対象外としていますが、魔人デシティアは星4アビリティを習得すると、ODでも敵を暗闇にする可能性が生まれます。基本的に、野獣系の敵は暗闇になりやすいので狙い目です。

●暗闇付与スキルの使い手

キャラ名 対象スキル
リルカ スキル1(たまに/1ターン)※3連撃を入れた時
デシティア(魔人) スキル3(ときどき/1ターン)

※括弧内は状態異常付与の確率および効果ターン数。効果はアビリティ未取得時。

●暗闇時に威力が上がるスキルの使い手

キャラ名 対象スキル
シャーロット スキル2(単体/220%+100%)
※消費BP2、スキル3(500%+200%)※使用条件10チェイン以上

※括弧内は攻撃方法と、スキルLv1・アビリティ未取得時のベース威力+追加威力。

【おまけ】タイファのODは敵が注目状態だと威力アップ

 最後におまけとして、注目シナジー(?)で威力アップを期待できるタイファを紹介。

 注目を付与できるスキルはいずれも発生が高確率なので、あまり耐性を気にせずともよく、相手を選ばない汎用性があります。追加効果を成立させるハードルが低いのは、メリットですよね。

 注目付与スキルを使えるのは、主人公、アガタ、アルス、ガラハッド、グラナダ、テレーザ、トッシュ、ルイズの8名。

 注目を付与するスキルでブレイクを決めたり、ブレイク中にトッシュのスキル2“全力トマホーク”を使ってから、タイファのODを決めたり、いろいろと方法は考えられそうです。タイファがいる時は頭の片隅で意識すると、おもしろいかもしれません。

→前編はこちら



電撃オンラインアプリが配信中

 電撃オンラインで掲載している記事をチェックできるアプリが配信中。本アプリでは『シン・クロニクル』の最新情報やプレイ日記が見やすくまとまっているので、おすすめです! ぜひチェックしてみてくださいね。

©SEGA

シン・クロニクル

  • メーカー: セガ
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2022年3月23日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

シン・クロニクル

  • メーカー: セガ
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2022年3月23日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

関連する記事一覧はこちら