『SAOVS』CBTレビュー&感想。爽快バトル×アビリティ構築はアツく、クセになる【電撃夏アニメ×ゲーム】

電撃オンライン
公開日時
最終更新

 バンダイナムコエンターテインメントより配信予定の新作スマートフォンアプリ『ソードアート・オンライン ヴァリアント・ショウダウン(SAOVS)』のクローズドβテストが2022年6月に開催されました。


 『SAOVS』は、『SAO』世界をアクションゲームとして楽しめる作品です。スマホで遊べるゲームとしてはトップクラスの美麗グラフィックで作られており、プレイヤーを『SAO』の世界に引き込んでくれます。

 今回は開催されたCBTに参加した感想をお届けします。なお、本記事に記載されている内容やスクリーンショットは、クローズドβテストのものです。正式サービス開始時には異なる部分もあるかと思いますので、ご了承ください。

 そして、記事に入るその前にひとつ告知を。電撃オンラインではこの夏おすすめしたいアニメに関連するゲーム、ゲームに関連するアニメを特集する“夏だ! アニメだ! ゲームも遊ぼう(電撃夏アニメ×ゲーム)”を展開中。この記事もその企画の一環として、Twitterでのプレゼントキャンペーンを実施中ですので、ぜひご参加ください。

新たなゲーム《クロスエッジ》に挑むキリト

 物語はアニメでも描かれたアンダーワールドを舞台にした『ソードアート・オンライン アリシゼーション』の時間軸を描いています。

 とあるゲームについて「対戦を続けているといきなり現れる強敵と戦うことになり、記憶を奪われてしまう」という噂を聞いたキリトたち。

 その真相を調べるため、キリトは天才中学生が作ったというVRMMO“クロスエッジ”の世界に飛び込みます。そこでは、何故かアンダーワールドで見たゴブリンたちがいるなど、少し妙な光景が目に飛び込んできます。


 “クロスエッジ”の世界でキリトは謎の少女と出会います。どうやら、少女はその世界について何かを知って居る様子。


 さらに、その最中には見覚えのある風貌の男がキリトに襲い掛かってきて……? キリトの新たな冒険が“クロスエッジ”の世界で始まろうとしていました。

  • ▲この男はどこからどう見ても“あの男”にしか見えない……! 真相は如何に?

 おなじみのキャラクターの登場に加えて、過去の物語とリンクするポイントがあるなど、これまでアニメや小説で『SAO』シリーズに触れてきた人たちにとっては「おっ!」と思える仕掛けが存分にあります。まさにアニメシリーズ10周年を記念するに相応しいオリジナルストーリーと言えるでしょう。

プレイアブルキャラはお馴染みのメンバー

 今回のCBTで使用できたキャラクターは、キリトやアスナをはじめとするお馴染みのキャラクターたち。竹内プロデューサーのインタビューでも触れられていたように、本作ではキャラクター1人1人のクオリティを重視して提供するとのこと。実際にプレイしてみると、キャラクター1人ごとの細かいディティールや動きに合わせたエフェクトなど、CBTとはいえこだわりを感じる部分が多くありました。


 同名キャラクターでも衣装違い、属性違いなどで数種類がありましたので、キャラクター数が少ないという印象はあまり感じませんでした。主要なキャラクターはほとんど網羅されているので、ファンの方々も満足できる作りになっています。


  • ▲本作でキリトたちが見せる新衣装をまとった姿も要注目です。

  • ▲スカウトは敵に与えたダメージ量で期待度がわかるというなかなか珍しいもの。

『SAO』らしいアクションシステム

 本作のポイントは、やはり爽快感と迫力のあるアクションを楽しめるところ。CBTでは、基本的なプレイからボス戦までを重点的にプレイできました。

 クエストに挑むパーティは3人のキャラクターで編成することになります。プレイヤーはパーティメンバーを切り替えつつ、敵と戦っていきます。戦闘中には『SAO』を読んだ/見た人なら一度は聞いたことがあるであろう「スイッチ!」のアクションも。本作ではスイッチをすることでメンバーを切り替える形となります。戦う瞬間は別々ですが三位一体の状態で戦闘に臨みます。


  • ▲“スイッチ”は回避行動としても使えて、相手の攻撃に合わせて発動させると、“ジャストスイッチ”が発生! 攻撃を回避しつつボーナス効果を得られます。

 キャラクターは2つのソードスキル(以下、SS)と通常攻撃を持っており、それらを組み合わせて行うコンボはなかなか爽快感があります。

 1人がSS→攻撃→SSと繋いで、そのまま別のキャラクターにスイッチをしてもコンボは継続。そのため、うまくタイミングを合わせれば3人で合わせて何十連撃ものコンボを組み立てられるのです。

 コンボを継続中は“ラッシュボーナス”によってボーナスダメージが発生。B→A→S……といった形でコンボ継続すればするほど評価が上がっていき、与えられるボーナスダメージの倍率もどんどんアップしていきます。


 つまり、コンボを続けるほど強力な攻撃ができるようになるということ。コンボと大ダメージの相乗効果が生み出す爽快感は格別で、そのまま敵を倒しきった際の気持ち良さはクセになってしまいます。

 しかし、ただ単にSS連発→スイッチでキャラ変更→SS連発→キャラ変更……という力推しだけでは、弱い敵はともかく強いボスはなかなか倒せません。なぜならSSにもスイッチにもクールタイムが存在するため、考えなしに使っていては通常攻撃しかできない状態になってしまうからです。

 ここで重要になるのが、SSやスイッチをいつ、どのように使うかです。SSにも敵のアクションをキャンセルしてくれるものがありましたし、上でも少し触れたジャストスイッチは防御的でありつつも、攻めを途切れさせない立ち回りをするうえで非常に重要になります。うーん、アクション好きからしてもクセになる仕様ですねこれ。

 その他、敵が強力な攻撃を行う際には画面がスローモーションになり、タップ操作による回避アクションが発生。これをうまく避けきると敵がダウン状態になり、連続攻撃のチャンスになります。さらに、攻撃をし続けてバーストゲージがいっぱいになると、敵が“バースト”状態に! こちらはより長く行動不能となるため、バトルの中で最大のチャンスとなっています。

  • ▲スローで攻撃を避ける演出はまるで映画のワンシーン。キャラのカッコよさが際立ちます。

 攻撃を続けていると、覚醒ゲージが溜まっていき、最大まで溜まると覚醒状態に移行。より攻撃が強化され、スキルとスイッチのクールタイムがゼローーつまり使い放題に。さらに必殺技である“フィニッシュスキル”を使用できます。

 “フィニッシュスキル”は、キリトの《スターバーストストリーム》を筆頭に各キャラクターならではのものとなっています。ド派手な演出が用意されており、見た目的だけでなくダメージ面においてもバトル中にもっとも発動させたい技となっています。

アビリティカードは戦闘に大きく影響!

 キャラクターには“アビリティ”を3枚装備可能で、これによりキャラクターを自分好みにカスタマイズできます。実際にプレイしてみたところ、キャラクターやレベルも重要ですが、キャラクターとアビリティをどう組み合わせるのかが大きくバトルに影響する印象です。

  • ▲キャラクターだけでなく、アビリティも美麗なイラストが用意されています。

 例えば、周回系のボスでは弱点のダメージをさらにアップさせる、バーストゲージの上昇率を高めるものなど、効率的に戦えるアビリティを優先。

 逆に、じっくりと戦う高難易度系では、回復や後半になるにつれて攻撃力が上昇するなど持久力に長けたものを装備すると良いかもしれません。


 キャラクターそのものにも固有のアビリティが備わっているので、シチュエーションによって強いキャラクターやアビリティが変わってきます。どの組み合わせを持ち込むのか、アクションとは異なる形でプレイヤーの腕が試されますね。

 今回のCBTは主にPvEを体験できる内容でした。実際にプレイした感想は、内容とグラフィックは文句なし。十分に満足のいくクオリティでした。

 特に、アビリティやキャラクターの組み合わせで強さが大きく変わるという構築要素があることで、ゲームの戦略性が何倍にも深まります。リリースされた後には「キリトにはこのアビリティを合わせると強い!」などの攻略談義で盛り上がりそうです。

 正直なところ、遊ぶ前は「3Dになった『メモデフ(アプリ『ソードアート・オンライン メモリー・デフラグ』)』みたいなゲームなのかな?」と思っていましたが、アビリティカードの存在は、大きな違いを感じさせてくれました。正式サービス開始時にはどうなっているのかわかりませんが、ただ単に与ダメージを上げるだけでなく、移動速度やクールタイム短縮など、立ち回りに関する効果を持つものもありました。

 そして、今回のCBTでは体験できませんでしたが、本作にはPvPの要素も検討されているとのこと。これに加えてプレイヤー同士の対戦まで楽しめるようになるとは……一体どんなボリュームになってしまうのでしょうか。今から楽しみで仕方ありませんね。

 また、電撃オンラインではCBTの模様を配信でお届けしております。どんなゲームなのか確認してみたい人は、こちらをご確認ください。なお、CBTと正式サービスのものとは大きく変化していると思われますので、あくまでゲームの雰囲気を確認する程度に考えてもらえると幸いです。

アマギフコードが当たる! 電撃夏アニメ×ゲーム特集を展開中!

 2022年9月4日(日)23:59までに、電撃オンラインの公式Twitterアカウント(@dengekionline)をフォローしたうえで、キャンペーン対象となる“#電撃夏アニメゲーム”のハッシュタグが付いた記事をRTしてくれた方の中から抽選で3名様にAmazonギフト券3,000円分をプレゼントいたします!

 対象ハッシュタグが付いた記事は順次公開され、キャンペーン対象となるツイートについては別記事にまとめております。当選者に対しては9月中にTwitterのDMで当選連絡を行い、Amazonギフト券のコード送付を行います。注意事項はこのページの下部を参照ください。

【Twitterキャンペーン注意事項】※あらかじめご了承のうえでご応募ください
・応募には、Twitterへの登録(無料)が必要です。
・電撃オンラインの公式Twitterアカウント(@dengekionline)をフォローしていることが参加条件となります。当選発表前にフォローを解除した場合、当選権はなくなりますので、ご了承ください。
・投稿に際し発生する通信料・通話料などは、お客様のご負担となります。
・投稿いただいた内容は、電撃オンラインなど、株式会社KADOKAWA Game Linkageの媒体で掲載させていただく場合があります。
・賞品の発送先は日本国内に限ります。
・当選賞品を譲渡(転売、オークション出品含む)しないことが応募・当選の条件です。譲渡が明らかになった場合、当選は取り消され賞品をお返しいただく場合があります。
・当選通知日から1週間DMでの返信がなかった場合は当選無効となります。
・キャンペーンは、株式会社KADOKAWA Game Linkage(以下、弊社と言います)が主催しています。TwitterおよびTwitter社とは関係ありません。
・Twitterおよび関連ツールの動作等の不測の障害により、当キャンペーンを予告なく変更・中止させていただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。
・応募に際しご提供いただいた個人情報は、弊社のプライバシーポリシーの定めるところにより取り扱わせていただきます。
・応募に際しお客様に生じた損害等につきましては、弊社に故意・重過失のある場合を除き、弊社は一切賠償の責を負わないものとします。


※記事中のスクリーンショットは開発中のものです。
©2020 川原 礫/KADOKAWA/SAO-P Project
©Bandai Namco Entertainment Inc.

関連する記事一覧はこちら