夕焼けと東京タワーとハンバーガー【電撃DQW日記#67】

そみん
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(DQウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 この記事では、RPGが好きな筆者(そみん)が、息子のたつまる(小1)と『DQウォーク』遊んだ感想をレポートします。

そうだ。東京タワーに行こう!

 9月下旬の3連休。ふと思いました。そうだ。東京タワーに行こう!

 東京タワーは『DQウォーク』のランドマークに設定されており、そこに行けばご当地クエストをプレイでき、お土産をもらうことができます。

 3連休だし、ちょうどいい。息子のたつまる(小1)と一緒に、おもむろに東京タワーに行ってきました!

ランドマーク付近でのプレイはAR撮影が捗る!

 無計画に家を飛び出した、僕とたつまる。昼ご飯はどこかで適当に外食しようと思っていたものの、東京タワーに向かう前に地元や乗り換え駅で“こころチャンス”を追ってふらふらしていたら、目的地に到着したのは15時過ぎになっていました(苦笑)。

  • ▲遠目に見える東京タワー。
  • ▲バトルの背景に東京タワーが映ると、テンションが上がりますね!

 それはさておき、生まれて初めて東京タワーを間近で見たたつまるは大興奮! 先日覚えたばかりのモンスターARで写真を撮ってほしいとうるさかったです。

  • ▲木の枝を見つけるとすぐに武器にするたつまる。今日の武器は“やしゃのこん”だそうで。
  • ▲近くに見えて、けっこう遠い東京タワー。少し迷いました。
  • ▲スライムタワーのポーズをとるたつまる。このほか、「東京タワーのT!」と叫びながらTポーズも披露してました。

 そんなこんなで東京タワーに近づいて、ランドマークをタッチして、ご当地クエストを解放!


東京タワーバーガーや展望台を楽しんできました

 ご当地クエストも遊びたいけど、まずは腹ごしらえということで、東京タワー内のフードコートへ。お肉やうどんもいいけれど、今日はハンバーガーの気分! ということで、タワー内で販売されていた“東京タワーチーズバーガー”を食べることに。

  • ▲でかい。1,000円近い値段にも納得。右が普通のハンバーガーです。
  • ▲お肉にトマトにオニオンフライ。もはやかぶりついて食べることは難しく、フォークとナイフで分解しながら食べました(苦笑)。

 お腹を満たした後は展望台へ。当日は強風のため、残念ながら一番上までは上がれませんでしたが、スカイツリーなどを探して楽しんできました。

  • ▲ガラス張りの床から地上を見下ろすたつまる。「車がミニカーみたいで、人がゴミみたいだね」と、前半はともかく、後半は若干将来が不安になるコメントとなっていました。

夕暮れの中、ご当地クエストを遊んで帰宅

 東京タワーで2時間ほど時間をつぶして、帰宅がてらにご当地クエストをクリア。僕のデータと、たつまるのデータ、きちんと2人ぶんお土産をゲットしてきました!

  • ▲日が落ち始めたなかでの東京タワーもきれいですよねー。


  • ▲ゲーム中の夕焼け+東京タワーも美しい。


 お出かけをする際に、ご当地クエストやモンスターARでの記念写真撮影など、+αの楽しみがどんどん増えていくのは、『DQウォーク』の楽しさの1つですね。東京だと、残るは浅草の雷門と高尾山だけど……息子といっしょの高尾山は悩むなあ(苦笑)。

  • ▲ついでにリアルお土産も買ってきました。東京タワーに行くたびにいつもこの置物を買ってるはずなのに、すぐなくしちゃんですよね(涙)。

※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
©2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金