約1000円でエルフやサキュバス、吸血鬼が訪れる喫茶店のマスターになってみては? 名作『コーヒートーク』がセール中【電撃衝動GUY】

Go
公開日時

 期間限定セールが大好きな電撃の衝動買い男、電撃衝動GUY(ガイ)こと、GOです。

 Switch版『コーヒートーク』が、2022年12月4日23時59分まで、通常1,600円のところ、40%OFFの960円でセール中です。

 続編となる『コーヒートークエピソード2:ハイビスカス&バタフライ』が2023年春に登場予定なので、まずはこちらで予習してみてください。

関連記事

良質の物語を楽しめるアドベンチャー

 本作は、現実とはちょっとだけ違う世界のカフェの店主となって、訪れるお客の話に耳を傾ける、ノベルタイプのアドベンチャーゲームです。

 ただし、このお店に訪れるのは、エルフにオークに人魚と、人間とは限りません。彼らは種族や生活様式など、ファンタジー世界の設定に則った悩みや問題を抱えており、それらを聞いてあげることが物語の基本となります。

 高貴なエルフと怠惰なサキュバスの恋愛模様、人狼と吸血鬼による長く生きる故の深い絆などなど、非現実であるこの世界の人々の物語は、ファンタジーという世界観で包んでありながら、現実にありそうな身近な問題として、深い共感を感じることができるはずです。

 ストーリーはほぼ一本道で、多少の分岐はありますが、結末自体が大きく変わることはありません。短めのストーリーからなる短編集のような形で、ボリューム的にはやや控え目ですが、内容的なクオリティは非常に高く、必ず満足できるはずです。

飲み物の提供で反応を楽しむ

 物語に選択肢はありませんが、お客に飲み物を提供することができ、その飲み物によって、客の反応が変わってくるという要素が取り入れられています。なので、こうした反応も楽しみつつ、この世界の、現実でもありそうな物語に耳を傾けていくことになります。

 飲み物は複数の材料をかけあわせて作ることになりますが、物語に大きな影響は与えないので、自由に試行錯誤してもOKです。

 また、相手を満足させる飲み物を提供すると信頼度のようなものが上がり、その相手のプロフィールが開示されていくという、ちょっとしたやり込み要素もあったりします。

 全体的に落ち着いた雰囲気で、サウンドもどこかカフェ的な雰囲気。最後は良質のライトノベルを読んだかのような読了感を味わえるので、ちょっと面白そうな本を見つけたと思って、ぜひ手に取って下さい。

『コーヒートーク』とは?(商品解説ページより)

心と心をかよわせる、
一杯のコーヒーからはじまるストーリー

 『コーヒートーク』は、訪れる人々との会話を楽しみ、彼らの人生をかえるきっかけとなる、一杯のあたたかいコーヒーを提供する癒やしのゲームです。

 あなたの店に訪れる、様々な事情をもつ登場人物たちに飲み物を提供して、彼らの持つ物語に耳を傾けてみましょう。

 私たちが知っている世界とはちょっと異なる現代のシアトル。そこには人間以外にエルフやオークに人魚・・・。

 そして他の多くのファンタジー世界に登場する種族が一緒に暮らしています。プレイヤーは夜だけ営業している喫茶店『コーヒートーク』のマスターを演じます。

 このゲームでは、人種的ステレオタイプや偏見など、文化の多様性を描く際に直面せざるをえない問題を「ファンタジー」という設定で表現しています。

 エルフとサキュバスのドラマチックなラブストーリーから、人間を理解しようと試みる宇宙人、人狼と吸血鬼のコンビなど多様な別世界のシアトルの住人達の物語に入り込めば、同じような悩みを持つ私たちは、きっと彼らの世界に大いに共感できることでしょう。


GO:PS時代から生き残っている化石ライター。大昔のゲームでも知っているのはきっと前世の記憶。


© 2022 Chorus Worldwide

関連する記事一覧はこちら