リュカと愉快な仲間たち。美形ぞろいのフォレスティアは個性派だらけ!【ドラガリ英雄列伝】

そみん
公開日時
最終更新

 任天堂とサイゲームスのiOS/Android用アクションRPG『ドラガリアロスト』のキャラクター紹介とあわせて、意外と気付きにくい人間関係をまとめた“英雄列伝”をお届けします。

 第3回・中編でクローズアップするのは、フォレスティアの青年であるリュカ(声優:浅沼晋太郎)。前編では彼の性格などを紹介しましたが、中編はリュカの人間関係について紹介していきます!

※本記事内には物語のネタバレを含む表現がありますので、ご注意ください。

●動画:ドラガリアロスト 第2弾 PV

リュカと関係が深いキャラクターたち

 実の妹や幼なじみなど、リュカとかかわりが深いキャラクターを紹介します。

シーリス:ツッコミが鋭い気丈な妹

●メインストーリー2章、キャラストーリー“リュカ”

 シーリスの初登場シーンは、自分勝手な第六位王子のエミュールに捕まって尋問されそうになっていた場面。あわやというところで兄であるリュカの助けが間に合い、救出することができた。


 ……のだが、それに対するシーリスのリアクションは「こんのバカ兄(にい)がぁ!」という言葉とともに繰り出す強烈なボディブロー。

 単身でドラゴンに挑んだリュカを心配することの裏返しの部分はあるものの、感情をストレートに表現するシーリスらしい名場面と言える。

 年齢が似た同性の友だちのメルサの前では年相応の女の子らしさを見せることもあるが、リュカいわく、「アイツがオシャレに目覚めるハズがない」と失礼極まりないことを断言するほど、乙女的なことはしないらしい。

 ただ、兄妹の仲が悪いわけではなく、リュカのキャラストーリーでは、様子がおかしいシーリスを心配したリュカが彼女のあとをつけ、シーリスの恋を応援しようという場面もあった。
(結局はリュカの勘違いだったが)



ララノア&シャスト:小さいころから知り合いだった幼なじみたち

●イベントストーリー“希望と友情のエッグハント”、キャラストーリー“ララノア”&“シャスト”

 大陸中のフォレスティア族が1つの集落に集まる大規模な春祭り“スプラウト・バンケット”。いつもは森にこもってる一族も、この日だけは名物を持ち寄ってお祝いすることに。

 そこに姿を現したのが、自称“リュカと命の奪い合いをした因縁の仲”であるララノア。そして、調香薬師であるシャストだった。

  • ▲シャストのキャラストーリーでは、“治癒のアロマ”を完成させたいと願うシャストが聖城を訪れた際のエピソードが語られる。
  • ▲シャストが聖城を訪れた際には、珍しい薬草や香草を育てているエイルの菜園に目が釘付けになる場面もあった。

 西の森のフォレスティアであるララノアと、北東の森のフォレスティアであるシャスト、そして南の森のフォレスティアであるリュカは、生まれ育った集落こそ違えども、小さいころにバンケットで知り合って以来の付き合いがある幼なじみだった。

 幼いころからの付き合いながら、成長して大人に近づいた分、ぎくしゃくするところもありつつ、ノリがいいリュカとララノアはバカ騒ぎを楽しむことに。

 そんな折、春祭りのメインイベントの“エッグハント”がスタート。森に隠されているペイントされた卵(ファニーエッグ)を時間内にたくさん持ち帰った者が優勝で、なんでも願いをかなえてもらえるという。

 リュカは、「他の種族が森の民のイベントに参加するのを認めてくれ」と願うためにエッグハントでの優勝を狙うが、ララノアやシャストもそれぞれの思惑で優勝を目指すことに……!

 このイベントの行方は、リュカの英雄列伝後編で紹介するフルルの項目を参照してほしい。

 なお、ララノアのキャラストーリーでは、彼女が次期族長であることのプレッシャーへの悩みや本音が語られ、リュカ、シャストらとの絆についても描かれている。


  • ▲狩りの才能と高い身体能力、人望の厚さから次期族長に任命されているララノア。猟犬ロルフは、まだ子犬だった頃からの相棒。

  • ▲ララノア・ボディ・アタックで、激しいスキンシップを行う場面も!

 時期族長として成長するために聖城を訪れたララノアは、エルフィリスやクラウ、ランザーヴとも交流を深め、さまざまな文化を吸収しているようだ。

メルサ:妹であるシーリスのお友だち

●レイドイベントシナリオ“優しき少女と拘囚の守護竜”、キャラストーリー“メルサ”

 穏和な頑張り屋であるフォレスティアの少女メルサ。彼女が聖城の門を叩いたのは、彼女の集落が帝国に制圧され、主人公に助けを求めるためであった。

 メルサの村は守護竜のシルヴィアがいたが、帝国の魔獣は強大で、シルヴィアは檻に閉じ込められてしまったという。

 聖城で同じフォレスティアであるシーリスに出会ったメルサは、フォレスティアが集落の外に出て暮らしていることに驚きつつ、同じ年ごろの同族の女性同士ということで仲を深めていく。

 集落を取り戻すために戦いの中で、シーリスとメルサは互いを補い合って戦うよいコンビとなるが、それを見たリュカが、妹の成長やよい友だちができたことを喜びつつも、ちょっと寂しがるような場面もあった。


 ハール、そして彼が呼び出したヒュプノスとの戦いでは、異界の狭間に本体を置くことで攻撃が通じないヒュプノスに苦戦しつつも、リュカが拾った異界のかけらの“空間を歪めるチカラ”を利用して、これを退けることに成功した……かに見えた。

 だが、すべてはハールの罠であり、メルサはハールの手先として主人公たちを罠にはめたのだった。おびきだされ、危機に陥る主人公やシーリス達。


 そして、とらわれていたシルヴィアは、すでにハールの実験により魔獣化し、ヒュプノスとなっていたことが明かされる。

 絶望せずに打開策を求めた主人公は異界の狭間でヒュプノスの本体を倒し、シルヴィアを救い出すことに成功するのだった。


 集落を復興させるために集落に残ることを決めたメルサはシーリスに別れを告げるが、シルヴィアは別れではなく、復興を終えた後に聖城へはせ参じればよいと、優しく諭すのだった。

 そしてメルサは、笑顔で「どれだけ離れても……どれだけ時間がたっても……私たち、ずっとずっと、友だちです!」とシーリスに告げるのだった。

 一方、その後日談となるメルサのキャラストーリーでは、ほっこりしたエピソードが展開。ひなたぼっこ道を極めようとするメルサが、ナームに弟子入りすることに。


 クラウとフォレスティアについて話したり、エルフィリスが小説に感動している場面を目撃したりと、人それぞれの幸せの形に触れて成長していくメルサの姿が描かれている。


 リュカの英雄列伝後編では、引き続きリュカの人間関係をチェック! お堅い聖職者のヒルデガルドとの意外な関係や、リュカを慕う女の子のチェルシーを紹介します。お楽しみに!

『ドラガリアロスト 公式画集』が発売中

 9月27日に配信1周年を迎えたゲームアプリ『ドラガリアロスト』。ゲーム内外で公開された数々のビジュアルを、A4判・304ページに詰め込んだ『ドラガリアロスト 公式画集』が、電撃より好評発売中です!

 キャラクター、ドラゴン、竜輝の護符のイラスト&フレーバーテキストの収録はもちろん、プロモーション用のキービジュアルやゲーム内のイベントシーン、公式Twitterで公開されたイラストなども大量に掲載!

© Nintendo / Cygames

関連する記事一覧はこちら