『DQウォーク』日光東照宮が紅葉で最高の見映えに!【電撃DQW日記#150】

kent
公開日時

 スクウェア・エニックスのiOS/Android用アプリ『ドラゴンクエストウォーク(DQウォーク)』のプレイ日記をお届けします。

 この記事では、位置ゲーにハマっている筆者(kent)が、秋の行楽イベントのプレイもかねた栃木旅行を敢行したので、その旅行記を書いていきます。

紅葉を楽しみにいざ日光へ!

 『DQウォーク』で現在開催中の秋の行楽イベントでは、日光東照宮が紅葉スポットになっています。また、日光東照宮は、栃木のランドマークの1つでもあるんです。

 せっかく行くなら、紅葉も楽しみつつ、各ランドマークにも訪れたいということで、今回の旅の目的は、栃木のおみやげを制覇することと、紅葉を楽しむことの2つにしました!

 1泊2日の旅行のうち、1日目は日光東照宮、竜頭の滝、餃子像の3つのランドマークを巡る予定です。

 朝5時に自宅を出発し、8時過ぎに宇都宮駅に到着! 考えてみれば、宇都宮というより、栃木に行くのは初めてでした。あいにく天気はよくありませんでしたが、観光を楽しみたいと思います。

 旅行中はレンタカーで移動することに。ペーパードライバーの筆者としては、結構なチャレンジでした。

 まずは、宇都宮から日光東照宮へ向けて出発。約1時間のドライブです。

 最初に道を間違えて逆方向に進んだこと以外のトラブルはなく、無事に日光東照宮付近へ到着。

 石造りの階段を上り東照宮へ進みます。

 所々に、赤く染まったモミジがたくさん落ちていました。これだけでもきれい。

 より真っ赤なモミジがあったので、“もみじこぞう”と一緒に撮影。やっぱり、鮮やかな色の紅葉スポットで撮影する“もみじこぞう”は映えますね!

 AR写真を楽しみながら奥へ進みます。

  • ▲東照宮までの道のりも雰囲気がいい!

 平日にも関わらず、観光客の多さにビックリしました。紅葉シーズンなだけありますね。

 石鳥居をくぐったすぐ左手には、五重塔がそびえ立っていました。この五重塔は、一度火災にあってなくなってしまいましたが、再建されたそうです。

 ここで、『DQウォーク』を起動してみると、ランドマークの陽明門の近くまで来ていました。すぐそこまで来ていますが、見るもののほとんどが重要文化財や国宝に指定された建物なので、ゆっくり見て回ることに。

 こちらは、上神庫、中神庫、下神庫の3つを総称して三神庫と呼ばれる建物です。中には、“百物揃千人武者行列”という祭で使用される衣装や道具などが1,200人分も収められているそうです。

 “百物揃千人武者行列”は5月と10月に毎年行われるそうなので、見てみたい方は来年時期を合わせて行ってみてはいかがでしょうか。

 三神庫のそばには三猿が! 見ざる・言わざる・聞かざるで有名ですよね。

 子供を悪事から遠ざけるための教えを、猿の一生をもって人間の生涯を風刺しているそうです。三猿以外に他の猿の彫刻もありました。

 さらに先へ進むと、ついに陽明門が見えました! 金・黒・白の色がカッコよくてひと際目立っています。

 門の両脇には、随身像が2体安置されていました。間近で見ると、動き出しそうなくらいリアルでビックリ。

 陽明門の真下まで来たので、早々にクエストを解放します。

 無事、日光東照宮のおみやげの“眠りの猫”をもらえました。

 本物の眠猫はこちら。裏側に2羽の雀の彫刻があり、子猫が安眠して雀が戯れる様子から、強い者が弱い者を虐げることのない平和な世の中を表現しているそうです。

 ちなみに、このことは、ドン・ランドマークもちゃんと説明してくれていましたよ。

 おみやげを手に入れた後は、先へ進んで徳川家康公の墓所も拝見しました。神聖な場所だけあって、見た目に圧倒され思わず鳥肌が立ってしまいました。

 陽明門からさらに高いところにあって行くのが大変ですが、日光東照宮に来たらぜひ行ってみてください。

 墓所を拝見した帰りに、眠猫のおみくじがあったので購入しました。

 結果は、末吉……。心にゆとりを持つようにとのこと。……頑張ります。

 このおみくじは財布などに入れておくもののようなので、ずっと入れておきたいと思います。

 以上、栃木旅行1日目の日光東照宮の様子をお届けしました! 次は竜頭の滝へ行きます。

まとめ:美しい建物に紅葉の彩りが加わって今が見ごろ!

 初めて日光東照宮へ行ってみましたが、建物の美しさや彫刻の細かさに、終始キョロキョロと周りの建物を見渡していました。歴史的な建物の他に今なら紅葉も楽しめるので、この時期に行けてよかったです。

 今回、初めて御朱印帳も購入しました。
(もちろん参拝後に)

 これから、他の神社に参拝しに行くときは持っていきたいと思います。

 AR写真もたくさん撮れたので、観光と『DQウォーク』のプレイをどちらも堪能できました!

電撃DQW日記バックナンバー

※『ドラゴンクエストウォーク』は、Google Maps Platformを使用しています。
※『ドラゴンクエストウォーク』を遊ぶ際は、周囲の環境に十分気を付けてプレイしましょう。
©2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年9月12日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金