思わず人に話したくなる『白猫』×秩父コラボ(2):露天風呂も○。スタンプラリーでの小旅行感が楽しい!

そみん
公開日時

 コロプラのiOS/Android用アプリ『白猫プロジェクト(白猫)』で、11月8日(金)から2020年1月13日(月・祝)までの期間中、秩父とのコラボが開催中です。

 ゲームとの連動あり、スタンプラリーあり、温泉あり、おいしいコラボメニューありと、内容盛りだくさんのコラボを体験してきました。思わず人に話したくなるような、3つの注目ポイントをレポートします!

 1つ目の注目点では“ゲームでの再限度の高さ”をプッシュしました、2つ目の注目点としてはスタンプラリーの楽しさをアピールさせていただきます!

人に話したくなるポイント2:スタンプラリーで小旅行。特典もうれしい!

 今回のコラボではスタンプラリーが行われており、スタンプ8個で書き下ろしシナリオリーフレット、12個でゲーム内で使えるイベント称号、15個で描き下ろしA4クリアポスターがもらえます。

 スタンプラリー用の冊子は、西武秩父駅と直結した祭の湯の物販コーナーで、ショッパー付きで1,500円で購入できます。


  • ▲ショッパーの片面は文字メインのシンプルなもの。恥ずかしがり屋なおっさんの僕は、観光中はこちらを外側にしていました。

 いやあ、こういう形で旅の目標ができると、わくわくしちゃいますよね! 一部の店舗ではコラボ商品を扱っていたり、一定金額以上の購入でポストカードがもらえたりと、『白猫』ファンにとってうれしいイベントもありますしね。

 さらに、スマホにインストールした『白猫』のアプリアイコンを見せることで、お得な割引が受けられる場所も!

・祭の湯:入館料300円引き+白猫TCGの秩父コラボカードをプレゼント
・秩父まつり会館:入館料50円引き
・ちちぶ銘仙館:入館料50円引き

 さて、イベント概要はこれくらいにして、もうちょっと踏み込んだ紹介をしていきましょう!

1日で全15か所を巡ることは可能なの?

 スタンプラリーの場所は西武秩父駅周辺をメインとしつつ、秩父鉄道に乗った先の長瀞や皆野も対象となっています。

 なので、ちょっと1日での制覇は難しいところですが、スタンプラリー冊子には1日で回るための攻略ルートが書かれています!

 そちらによると、10:30にスタートして、タクシーやバスも駆使して移動をすれば、17:47に全スタンプをゲットして、景品交換所にたどりつけるとのこと。すげえ(笑)。

 ただ、自分の体感的には電車が来る時間なども計算して考えるのは至難の業。15箇所の制覇を狙う時は、一泊二日で余裕をもって巡ることをおすすめします。

 西武秩父駅周辺だけで9つのスポットがあるので、スタンプ8個クリアの書き下ろしシナリオリーフレットをもらうことは難しくありません。

 個人的なおすすめは、そのあとに長瀞に行って、岩畳などを観光することですが……時間にはご注意を! 今の季節は17時を過ぎると一気に暗くなりますし、多くのお店も閉まってしまいますので。

自分はこんな順番で回りました!

 10時ごろに西武秩父の駅に到着し、散策スタート! 今回は日帰りだったため、15スタンプのコンプリートはあきらめ、西武秩父駅周辺の散策を楽しみました。



  • ▲秩父周辺なら、ほぼどこからでも見える武甲山。ゲーム中ではブコー山の名前で登場していました。

 まずは駅から徒歩5分ほどの、ちちぶ銘仙館から。『白猫』アプリアイコンを見せれば50円引き!



 続いて、秩父市歴史文化伝承館1階 歴史文化交流フロアーへ。地域活性クロスメディアプロジェクト『温泉むすめ』の秩父美祭ちゃんのパネルなんかもありましたよ!
(ゲーム中のイベントでも活躍してましたね!)



 そこから団子坂を下り、秩父神社方面へ。その門前町は古くからの建物が多く、登録有形文化財となっている建物も多数ありました。洋風でハイカラな感じの建物もあり、とても雰囲気がよかったです。

 やがて、秩父神社の目の前にある和銅最中本舗 八幡屋本店に到着。日本最古の流通貨幣と言われている“和同開珎”が秩父の和銅でとれた銅で作られたこともあり、近くには和同開珎の形をしたオブジェなども飾られていました。



 その後、秩父神社の観光を経て、その近くにある秩父まつり会館へ。こちらも『白猫』アプリアイコンを見せれば50円引きです。

  • ▲秩父神社の見どころは、1回目のレポートに書きました!


  • ▲秩父まつり会館についても1回目のレポートに書いてあります。秩父夜祭について詳しくなれるので、おすすめですよ!

 そして、昼食をとるために一度駅に戻ることに。その途中、牛タンとサンドウィッチのお店のLAMP(ランプ)によって、スタンプをゲット。


 コラボドリンクの飛行島カルピスを頼めば、限定コースターももらえちゃいますよ!

  • ▲LAMP近辺には、日によっては星たぬきバルーンが飾られていることも。なかなかの存在感です(笑)。

 そして、西武秩父駅前温泉 祭の湯に戻ってきて、スタンプを獲得。まあ、本当は祭の湯の物販コーナーでスタンプラリー冊子を買った直後にスタンプを押しちゃうのがよいと思いますけどね。


 祭の湯の物販コーナーやフードコートは、『白猫』のフォトスポットだらけ。いろいろ見まわして、記念写真を撮影しちゃいましょう!




  • ▲フードコートにも星たぬきが!

  • ▲物販コーナーの天井には星たぬきの提灯が!

  • ▲ちなみに後ろから見ると、ちゃんと羽が生えてます。芸が細かい(笑)。

 ここでは『白猫』コラボフードやドリンクを楽しめたのですが……詳しくは第3回でレポートします。

 さて、腹ごしらえをしたあとは、引き続き西武秩父周辺のスタンプを集めていきます。まずは秩父神社方面へ戻り、秩父銘仙織元 逸見織物出張所へ向かいます。



  • ▲大きな招き猫も印象的でした。

 そして、そこから少し歩いて、ほっとすぽっと秩父館へ。明治時代初期に建築された商人宿が、ほぼ当時のままの姿で残っており、とても趣深いものがありました。


 当時の井戸なんかものぞくことができ、ちょっとワクワクしました!

  • ▲お土産も買っちゃおうかな。


  • ▲金運がよくなるというハンカチと、秩父かぼすサイダーを購入。

 これでスタンプ8個に到達! 書き下ろしシナリオリーフレットをもらえます。

 続く9個目も西武秩父駅周辺にあり、徒歩で八尾百貨店へ。1階のお土産売り場周辺でスタンプを見つけて、これで西武秩父周辺はコンプリート!(市街には秩父錦 酒づくりの森がありますが、バスかタクシーを使わないと遠すぎるので……)



 この時点で、時刻は14時過ぎ。長瀞と皆野のどちらか片方は回れそうな時間帯なので、御花畑駅から長瀞を目指すことに。

  • ▲正式な駅名よりも大きく書かれた“芝桜駅”。インパクトありますわ(笑)。

 ただ、ここで鉄道が来る時間を見誤り、大幅に時間をロス……。ちゃんと時刻表を見ておけばよかった……。

 でも、SLパレオエキスプレスに乗れたので、そういう意味では大満足! 車内アナウンスでは、鉄橋や和銅遺跡など、観光の見どころについても案内があり、楽しい蒸気機関車旅をできました!


  • ▲ちなみにSLの名前にも使われており、ゲームでも重要な役割を果たしたパレオパラドキシアの勇姿がこちら。かつて秩父地方は海だったそうです。
  • ▲車内には、『白猫』とは別のスタンプも。もちろん、記念に押しておきました!

 こうして長瀞に到着し、岩畳に向かう途中にあるSIBLING'S Natural Stone Factoryのスタンプは獲得できたのですが、お食事処 さくらいとヤマブ宝登山売店にはたどりつけず……残念。
(ロープウェイに乗ることを優先しちゃいまして。汗)


  • ▲ロープウェイに乗りたかったんですよお。

  • 山頂では、きれいな夕日を拝むことができました。ありがたや。

 岩畳では名物のライン下りをしている観光客の姿も見え、自分もいつか……できれば、水しぶきがかかっても大丈夫なもうちょっと暑い時期を狙ってやりたいと思いましたとさ。



  • ▲長瀞ではおもむろに納豆チーズせんべいとねぎみそせんべいを買いました。ねぎみそは普通においしく、納豆チーズは……チーズの酸味のあとに納豆の香りがお口に満ちていき、ネギがちょっとしたアクセントになり……ちょっと人を選ぶかもしれません(苦笑)。

 こうして17時半ごろの鉄道で御花畑駅に戻り、そこから帰宅……の前に、せっかくなので祭の湯でひとっぷろ浴びていくことに。いやあ、やっぱり秩父と言えば温泉でしょ!


  • ▲夜景もなかなか趣がありました。

 祭の湯はジェットバスやサウナといった基本的なもののほか、高濃度人工炭酸泉やシルク湯なんかも楽しかったです。

  • ▲順路に沿うように、星たぬきの足跡が!

 高濃度人工炭酸泉は湯船につかると体に炭酸の泡がばんばんついてきて、なんだか不思議で気持ちよかったです(笑)。シルク湯はお肌すべすべ効果があるそうでした。

  • ▲牛乳を持った星たぬきがかわいい!

 そして、なんといっても気持ちよかったのは露天風呂! 星を見ながら岩風呂やつぼ湯につかるのは、本当に至上の時間でした。疲れが癒される~。

  • ▲とってもキュートなキャトラの姿も。思わずなでたくなりましたが、“お手を触れないでください”と書かれており、グッと我慢。

 お風呂から出た後はフルーツ牛乳で水分補給をし、急いでお土産を買って、20時前には西武秩父駅を出発しました。約10時間の滞在でしたが、いろいろな体験ができて楽しかったです!

  • ▲お土産として狙っていた“ちちぶ餅”は完売。油断した!

  • ▲汗っかきな自分は、マフラータオルを重宝しています。買い!

  • ▲和ラムネという言葉にひかれて購入。口の中でほろほろと溶けて、めちゃうま!

  • ▲あとはやっぱり、星たぬきまんじゅうは買っちゃいますよねー。


  • ▲特製ブロマイドはリーランでした!

  • ▲個人的にはケロリンおけを買うかどうか、めちゃくちゃ悩んでやめちゃいました。今は後悔しています……。

 といったところで、今回のレポートはここまで。次回は食の魅力について語ります!

※詳細はゲーム内のお知らせをご確認ください。
※アプリバージョンを最新版にしてプレイしてください。
※イベントの開催期間は予告なく変更される場合があります。
※画像は開発中のものも含みます。
(C)SEIBU RAILWAY Co., LTD. All Rights Reserved.
(C)温泉むすめ/Enbound, Inc.
(C)COLOPL, Inc.
協力:一般社団法人秩父地域おもてなし観光公社、秩父市