スーパー戦隊”魂”XIII 2019で『ゴーオンジャー』主題歌などを歌う高橋秀幸さんに突撃取材!

電撃オンライン 終末のバンギア
公開日時

 毎週金曜21時から電撃オンラインがお届けしているネット配信番組“電撃四天王(3人)の対決Showdown”のオープニングテーマ曲を担当する音楽ユニット“終末のバンギア”(以下バンギア)が、2004年からはじまり現在では毎年開催されている、スーパー戦隊シリーズの楽曲ライブイベント“スーパー戦隊”魂”XIII 2019”に突撃!

 今回はバンギアのスケジュールの都合もあり、11月3日(日)の東京公演と11月10日(日)の大阪公演にお邪魔させてもらいました。

 そんななか、面識のあるアーティストの方々にお話を伺うことができましたので、いままでの記事とは少し形式を変えて、アーティストさんを個別に紹介する記事としてお届けいたします。

今回はこの方……!

デビュー曲が『炎神戦隊ゴーオンジャー』の主題歌! 高橋秀幸さん

 デビュー曲が2008年の『炎神戦隊ゴーオンジャー』主題歌だという高橋秀幸(以下、高橋さん)さん。

 前回の記事でも紹介したニヤニヤ・エンタープライズの企画するイベントに出演された際にご一緒したご縁もあり、今回の突撃取材にご協力いただきました!

  • ▲11月3日(日)の東京公演に出演!

 高橋さんは、11月3日(日)の公演に出演。この日は会場もずいぶんヒートアップしてきてからの登場でした。セットリストの18曲目として『炎神戦隊ゴーオンジャー』を披露。もう最初からエンジン全開です!

 そして続く19曲目で『天装戦隊ゴセイジャー』のエンディングテーマ『ガッチャ☆ゴセイジャー』を熱唱!

 さらに、会場のボルテージもマックスに差し掛かる終盤、34曲目に『特命戦隊ゴーバスターズ』の前期の主題歌となる『バスターズ レディーゴー!』で再登場!

  • ▲再登場時には衣装替え! ファンのハートをがっちり掴みます!

舞台裏で突撃インタビュー!

 本番直前の舞台裏で高橋さんをキャッチすることができたバンギア。やはり、電撃オンラインの突撃リポーターを授かる身ですから、ばっちりとお話しを聞いてきましたよ! ここでは、そのインタビューをお届けします。

  • ▲バンギアに捕まっちゃった高橋さん♪

――子供のころの夢はなんでしたか?

高橋:昔から歌手になりたかったんです。特撮歌手になりたい! とまでは思っていませんでしたが……でも、昔から戦隊やウルトラマン、仮面ライダーとか好きで……そういったヒーローソングを歌うのは好きでした。

 友達と仮想のヒーローを創って、その歌を作ってみる……とか、そういう遊びもしていましたよ。

――素晴らしい! こどものころからの夢だったのですね。ご自身でヒーローの歌を作る! なんて面白い……それから本格的に歌手を目指したきっかけはいつでしょう?

高橋:高校のときにバンドをはじめて、そのとき僕はドラムだったのですが……“のど自慢大会”に出たことがあったんです。それで、そこで優勝して、「歌いけるんじゃないかな。」って(笑)。

 それからは、大学を選ぶときも、東京で音楽をするためにはどうすればいいのか……というのを基準に考えていました。東京の大学に受かって、軽音楽部に入って音楽の活動を続けました。

  • ▲インタビュー中でもカメラ目線でおちゃらけるお茶目な高橋さん♪

ついたあだ名が“ヒーロー”(笑)

高橋:大学を卒業してからもバイトをしながら専門学校に通っていたんですが、バイト先の仲間とカラオケに行くときは、アニソンとか特撮ソングばかりを歌ってまして……それで当時バイト内でついたあだ名が“ヒーロー”でした(笑)。

――ははは(笑)。あだ名が“ヒーロー”ですか! ステキです。少し先の活動へとお話しを進めますが、今回歌われた特撮ソングを歌うことになったきっかけを教えてください。

高橋:いわゆるオーディションです。『炎神戦隊ゴーオンジャー』は11年前なんですけど、当時、オーディションとは言われなくて、「マイクテストがあるので来てください。」って言われたんですよ。

 今だったら、“マイクテスト”と言われたら、その歌に合う人を選ぶんだなってわかるのですが、11年前のそのときは、「俺に合うマイクを選んでくれるんだ!」って、じゃあ喜んでって感じで行きましたね(笑)。

――なるほど(笑)。その当時は、どこか事務所に所属されていたのですか?

高橋:事務所には入っていなくて、音楽関連会社のサラリーマンとして仮歌を歌う仕事などをしていました。その仮歌の歌声が、ディレクターの耳に止まって声を掛けていただいたのがきっかけですね。

――そのときはどんな気持ちでしたか?

高橋:“ヒーロー”ってあだ名が付いているくらいだったので……信じられないなぁって……。

  • ▲“ヒーロー”ソングを歌う人に。

――ちなみに、カラオケでご自身の歌を歌ったことあります?

高橋:歌いました! 84点までしかいかなかったです(笑)。

――点数やったのですね(笑)。それでは最後に、今後、活動していくなかで歌ってみたい歌や、やってみたいことを教えてください。

高橋:これからもいろんな特撮の歌を歌っていきたいです! 子供たちが聴く曲がいい……学校の運動会とかで特撮の歌が流れると子供たちが「ウォー!!」って興奮するじゃないですか。やっぱりそういう歌がいいなって。

 戦隊ものって、自分が歌っている何作かだけではなくって、今までの作品すべてまとめて『スーパー戦隊シリーズ』だから、何年経っても愛され続けているのがいいですね。

――ありがとうございました。

バンギアが感じた高橋さんを140文字以内でまとめる

 それでは、毎度の締めくくり! バンギアの2人がSNS時代ならではの140文字という縛りで、今回の感じたことをまとめてみます。

バンビ(ボーカル)が感じた高橋さん

 ヒーローソングに込められた、人を元気に前向きに成長させていくパワー。そのパワーに魅せられながら大人になった高橋さんの、声や話し方には、優しさが溢れていました。

 特撮ソングを歌うべくして生まれた歌界のヒーロー!! 高橋さんの歌を聴いて次世代のヒーローが……と考えると、ワクワクします。

ルギア(ギター)が感じた高橋さん

 ヒーローソングを聴くと、とても元気になれる。たとえそれが、自分の知らないヒーローの曲だとしても、なんだか力が出る。それは、アーティストの歌声によるところが大きいと思う。

 高橋さんの歌声……永遠のお兄さんで、なんだか"正義"が溢れてるし、なんだかロックも感じて、勝手に共感してます。

高橋秀幸さんライブ情報

 高橋秀幸さんのワンマンライブが12月21日に秋葉原で開催されます。チケットは好評販売中です。

【たかぱす膨念会 ランチ&ライブ】
●スペシャルゲスト:ハセガワダイスケ
『Gのレコンギスタ』EDテーマ「Gの閃光」/
『ジョジョの奇妙な冒険~ダイヤモンドは砕けない~』OPテーマ「Great Days」等歌唱

●日程:12月21日(土)
●時間:開場 11:30/開演 12:00
●場所:秋葉原ハンドレッドスクエア倶楽部
●料金:前売 5,500円(ランチバイキング&ドリンク代込)

“終末のバンギア”プロフィール

 数々のゲームタイトルとミュージックコラボを果たした、カリスマゲーマーギターリスト“市野ルギア”が、女性ボーカリスト“bamvi(バンビ)”を迎えて新たな音楽ユニットで活動を開始。

 2019年2月に結成ライブでお披露目。6月より本格始動。そのサウンドは「白か?黒か?」。二面性のサウンドをコンセプトにした『終末のバンギア』。

 なぜか2人とも特撮関係者と縁がある。コラボ第1弾として電撃オンラインのネット番組“電撃四天王(3人)の対決Showdown”のオープニングテーマ曲を担当。目下売り出し中なので、いろいろなコラボ先を絶賛募集中です!

●“電撃四天王(3人)の対決Showdown”」最新主題歌『負けず嫌いの言い訳ファイターの歌~サラリーマン編~』

※詳しくは“終末のバンギア”オフィシャルサイト公式Twitterもご確認ください。