スーパー戦隊”魂”XIII 2019で『ファイブマン』主題歌などを歌う鈴木けんじさんに突撃取材!

電撃オンライン 終末のバンギア
公開日時

 毎週金曜21時から電撃オンラインがお届けしているネット配信番組“電撃四天王(3人)の対決Showdown”のオープニングテーマ曲を担当する音楽ユニット“終末のバンギア”(以下バンギア)が、2004年からはじまり現在では毎年開催されている、スーパー戦隊シリーズの楽曲ライブイベント“スーパー戦隊”魂”XIII 2019”に突撃!

 バンギアが突撃できた公演は、11月3日(日)の東京公演と11月10日(日)の大阪公演の2公演。そこでは、面識のあるアーティストの方々にお話を伺うことができましたので、個別に紹介する記事としてお届けしています。

 前回から続いて、今回はこの方……!

シリーズ初の兄弟の作品『地球戦隊ファイブマン』の主題歌とエンディングを歌った鈴木けんじさん

 スーパー戦隊シリーズでは初となる兄弟がメンバーという作品『地球戦隊ファイブマン』の主題歌やエンディングテーマなどを歌われた鈴木けんじさん(以下、けんじさん)。

 けんじさんとは、デビュー30周年記念ライブでルギアがギターを担当したり、戦隊シリーズを演じた方々や関係者で結成されたエンターテイメントユニット“ニヤニヤ・エンタープライズ”が企画するイベントでもご一緒するご縁があり、今回の突撃取材にご協力いただきました!

  • ▲けんじさんは11月3日の東京公演で登場!

 けんじさんは、11月3日(日)の東京公演に出演。今回の公演では、昭和や平成の戦隊が入り混じる形でのセットリストでしたが、その5曲目で登場! 1曲目に登場したささきいさおさん、そしてその次に登場したMoJoさんから引き継いでの登場です。まずは、『地球戦隊ファイブマン』の主題歌を披露。一気に会場のボルテージを上げていきます。

 けんじさんは、曲と曲の合間におしゃべりする“トーク”がファンの間でも人気なのですが、今回の“トーク”も秀逸! 要約してお伝えすると「1年に1回こうして会えるのは、法事で会う親戚みたいなもん。1年に1回も会わない親戚だっている。そんなみんなはファミリーです。またつぎの法事で会いましょう!」……と、こんな内容の“トーク”。

 これには、ファンのみなさんからも笑みがこぼれ、一気にハートを掴まれます。

  • ▲貫禄が滲み出ます!

 そして軽快な“トーク”でファンのハートを鷲掴みにしたあとは、6曲目『ファイブマン、愛のテーマ』を熱唱。愛を歌うこのエンディング曲に、ファンのみなさんも、そしてバンギアのふたりも酔いしれました。

舞台裏で突撃インタビュー

 舞台裏に潜入したバンギア。本番前のけんじさんに突撃インタビューをすることができました! ここからは、そのインタビューをお伝えいたします。

  • ▲『ニヤニヤ・テキトーナイト』の取材に続いてけんじさんにふたたび突撃!

――子供のころの夢は? ……って、けんじさんには“ニヤニヤ・テキトーナイト”の取材のときに、“野球選手”と、すでにうかがっているのですが、ほかにも夢ってありましたでしょうか?

けんじ:子供のころの夢って変わっていくからね。小学1~2年生のころの夢は、『仮面ライダー』だったよ。

 それから、野球選手が夢だったんだけど、中学2年生の後半に事故して……でも、事故に遭う前は、自転車にはまっていました。

 BMXってわかるかな? Bicycle Motocross(バイシクルモトクロス)をやっていました。大会にも出たりして。

――え! それはすごい! 大会にまで!?

けんじ:大会は日本全国で開催されていて、“ノービスクラス”と“エキスパートクラス”というランクの違いがあったりして、それぞれ順位がつくんですよ。

 当時僕は、日本で15位ってところまでようやくいって、“マングース”っていうアメリカの自転車を作っているメーカーのファクトリーチームに入れたんです。日本人としては3人目だったんですよ。でも、そのチームの一員になれた矢先に、事故に遭ってしまったんです。

――そうだったんですね……。

けんじ:そうそう、それで運動はできなくなってしまったから、なにやろうかって考えて……それから音楽の方に。

――音楽は歌うことから始めたのですか?

けんじ:うん。一番はじめは、高校の文化祭でバンドやろうって誘われて、ゴダイゴと松山千春の歌を歌ったんです。

 歌っていたら、あっという間に人だかりができてきて、「おぉ、これはけっこうおもしろいなぁ。」と思ったのが、音楽を始めたきっかけですね。

『地球戦隊ファイブマン』の主題歌を歌うきっかけ

――それから音楽活動を続けてこられて、今回歌われた特撮ソングを歌うことになったきっかけはなんだったのでしょうか?

けんじ:『魔動王グランゾード』の主題歌『光の戦士たち』がデビュー曲だったんだけど、その後に、当時のレコード会社のディレクターに、「戦隊モノの主題歌、鈴木くんに決まったよ」って突然言われて、「え!? ありがとうございます。」って、それだけ(笑)。

 オーディションもなにも受けてないんです。それが『地球戦隊ファイブマン』の主題歌。

――そうなんですね!

けんじ:うん。そのディレクターがきっと推してくれたんだろうなぁって……。ありがたいよね。

――「この歌はけんじさんしかいない!」ってピンとこられたのですね……。最後の質問になりますが、今後活動していくなかで歌ってみたい歌や、やってみたいことを教えてください。

けんじ:先のことはよくわからないけど、今後歌ってみたいっていうのは、アニメとか戦隊とか……じゃないのかもしれないね。

――けんじさん、本も書かれているのですよね! 例えば……ご自身の本に関連した歌であったりとか?

けんじ:そういうのやってみたいね! 人生に影響を与える歌を歌ってみたいなぁ。例えば……、自分で書いた本がアニメ化されたりして、そのテーマ曲を歌うとかおもしろいなぁ。

――ありがとうございました。

バンギアが感じたけんじさんを140文字以内でまとめる

 それでは、毎度の締めくくり! バンギアの2人がSNS時代ならではの140文字という縛りで、今回の感じたことをまとめてみます。

バンビ(ボーカル)が感じたけんじさん

 いつも飄々としていて、穏やかな笑顔と軽快なトークで人を惹きつける、けんじさん。今回も愛とユーモア溢れる言葉で、会場中が笑顔に包まれる瞬間に感動!

 取材とはいえ、今年の“法事”に参加できた私も家族の仲間入りかな。と、こっそり喜びました。年一と言わず年に何度でもお会いしたくなる方です。

ルギア(ギター)が感じたけんじさん

 けんじさんと一緒に音楽をすると癒される。言わずもがな歌声がそうで、ヒーリングボイスだと思う。お人柄もそうで、お話しをするだけでヒーリングされている気になる。

 これは本番ステージでもそうで、観客として聴いていてもそうだと感じたこと。けんじさんはヒーラーなので歌う運命にあったのかも……。

鈴木けんじさんライブ情報

 12月8日(日)新横浜LiTで開催される“ニヤニヤテキトーナイトVol.12 The Live”に出演されます。戦隊出身の役者さんなど多数出演! 『終末のバンギア』も出ます!

 チケットや詳細は特設ページでご確認ください。

“終末のバンギア”プロフィール

 数々のゲームタイトルとミュージックコラボを果たした、カリスマゲーマーギターリスト“市野ルギア”が、女性ボーカリスト“bamvi(バンビ)”を迎えて新たな音楽ユニットで活動を開始。

 2019年2月に結成ライブでお披露目。6月より本格始動。そのサウンドは「白か?黒か?」。二面性のサウンドをコンセプトにした『終末のバンギア』。

 なぜか2人とも特撮関係者と縁がある。コラボ第1弾として電撃オンラインのネット番組“電撃四天王(3人)の対決Showdown”のオープニングテーマ曲を担当。目下売り出し中なので、いろいろなコラボ先を絶賛募集中です!

●“電撃四天王(3人)の対決Showdown”」最新主題歌『負けず嫌いの言い訳ファイターの歌~サラリーマン編~』

※詳しくは“終末のバンギア”オフィシャルサイト公式Twitterもご確認ください。