『ワヒロ』のストーリーがよくわからない人へ。3章の物語&キーワード解説(ネタバレあり)

長雨
公開日時

 スクウェア・エニックスのシチュエーションスタイルRPG『ワールドエンドヒーローズ(ワヒロ)』の第3章が、11月28日に完結しました!

 喰核生命体“イーター”から、地球の“運命”を守るために選ばれた高校生ヒーローたちの活躍を描く本作。友情あり、挫折あり、暗躍ありと、清く正しいだけじゃないヒーローの闇も容赦なく映し出す熱いドラマを楽しむことができます。

 『ワヒロ』の物語&キーワードまとめ第2弾となる今回は、物語が大きく動き出した第3章をくわしく見ていきます。

 なお、第1章と第2章のおさらいは別の記事で紹介しているので、あわせてチェックしてみてください!

第3章“終わる世界”謎多き敵がヒーローたちの前に立ちふさがる

 第3章では“イーター”とは異なる強敵が、ヒーローたちの前に出現します。さらに戦いを通して、彼らは世界の真実に近づいていくことになり……。

 “運命”に導かれるように物語が加速していく、第3章を振り返っていきます。

第3章の物語

 大量の“イーター”出現&“ヒーロー襲撃事件”という大きな危機を乗り越えたヒーローたちは、4つの地区をまとめる認可代表校+特別認可・愛教学院という新体制を組むことになりました。

 ヒーロー同士の連携を高めようと合同訓練がおこなわれますが、過去の確執や考え方の違いでギクシャクしている佐海良輔(声優:内山昂輝)、伊勢崎敬(声優:内田雄馬)など、なかなか成果が上がりません。

 そんななか、無人のはずの第三研究所で爆発事故が発生! さらに各地区で同時に“イーター”が出現するという非常事態が起こります。指揮官は各地にヒーローを派遣、また不審な点が多い第三研究所にもメンバーを向かわせます。

 通常は本能のまま行動する“イーター”が、何かを試しているような動きを見せることに戸惑うヒーローたち。さらに彼らはそれぞれの戦いで、人間離れした容姿と力を持つ者たち“UNKNOWNS”に遭遇します。

 強敵から辛くも生き延びたヒーローたちは室媛安慈(声優:井上和彦)から、“UNKNOWNS”は“ALIVE”の前身である特殊災害対策研究所“BIRTH”と関わっていることを聞きます。

 “BIRTH”はヒーローの力を調べており、地球の運命“ワールド・コード”を解き明かそうとしていたというのです。

 “BIRTH”はすでに解体され、関係者もすでに亡くなっていることになっています。しかし、現在2年生と3年生のヒーローが巻き込まれた“月倉町の戦い”にも、“ワールド・コード”が関係しているようで……。

第3章で覚えておきたいキーワード

●間宮養護施設

 佐海、伊勢崎、霧谷柊(声優:小林裕介)が育った養護施設。“イーター”の襲撃を受け、彼らが姉のように慕っている人物が現在も意識不明のままになっています。

 この事件には星乃一族が裏で関わっていたらしく、佐海はその分家の養子となった伊勢崎を許せずにいるようです。

●星乃慧吾

 各校が協力し、現在のようなヒーローの形を目指していた星乃一族の子息。歴代でも彼ほど血性が強く、ヒーローに適した人物はいなかったといいます。

 志藤正義(声優:竹内良太)たちが中等部のころ、作戦中に起こった仲間割れが原因で命を落としました。

●特殊災害対策研究所・BIRTH

 “ALIVE”の喰核生命体本部の前身となる組織で、政府主導でヒーローの力の研究、調査が行われていました。

 20年前に大きな事故が起こり、研究成果は破棄、研究員も死亡したとされています。

●運命

 未来視の力を持つ久森晃人(声優:島﨑信長)は、“運命”は“変えられない未来”のことだと推測しています。

 久森が視える未来はヒーローたちの活躍によって変化しますが、“運命は変えても、元に戻ろうとする”何か大きな力が動いているようです。

 しかし余命を更新し続ける矢後勇成(声優:赤羽根健治)のように、運命を変えるレアケースも存在しています。

●ワールド・コード

 地球の奥深くに隠されており、過去から未来までに至る全ての運命が記されている……と言われているようです。

 室媛は、「絶えず動き、無限に続く生きたパズルのようなもの」だと説明していました。

 “ワールド・コード”を解き明かすことができれば、複雑な運命のつながりもすべてわかると言います。

●月倉町の戦い

 月倉町は東成都中央区にあるエリアで、1年前に各ヒーロー校が共同戦線を組み、この町に集めた“イーター”を掃討するという作戦がおこなわれました。

 この戦いで浅桐は改造魔弾を暴発させて“イーター”を倒す大活躍を見せますが、巻き込まれたヒーローたちは大けがを負い、長期入院となった浅桐や白星第一学園の武居一孝(声優:石川界人)は留年。それが両校(正確には、武居と浅桐)の確執を深めました。

 しかし、この戦いには何やら大きな力が働いていたようで……。

担当ライターが独断と偏見で選んだ気になる3つのポイント

 『ワヒロ』は読めば読むほど、「これって、もしかして……」と考察できる奥深い物語になっています。

 ここでは、まだ詳細が明かされていないけれど、気になるポイントを3つピックアップしてご紹介します。

その1:プロローグはいつの出来事?

 第3章でその存在が判明する“ワールド・コード”ですが、実はプロローグでも語られているんですよね。

 プロローグは第3章によく似たシーンがありますが、その場にいる人物など微妙に差があり……。この場面は“いつ”の出来事なのか、そして“誰の記憶”なのか、気になるところです。

その2:“UNKNOWNS”に情報を流しているのは誰?

 “UNKNOWNS”は、なぜか初めて会ったはずのヒーローたちの詳しい情報を知っていました。信じたくはありませんが“ALIVE”のなかに、彼らと繋がりがある人物がいる可能性が極めて高いと考えられます。

 第3章の終盤に、指揮官にとっても関わりの深い人物が行方をくらませます。彼の身に何が起こったのか、“UNKNOWNS”との関係は? 今後の展開が、とても気になります。

 また、その能力のすべてを見せていない“UNKNOWNS”の実力も気になるところ。圧倒的な力を持つ彼らに、ヒーローたちはどうやって立ち向かっていくのでしょう。

  • ▲七見薔明(声優:櫻井孝宏)
  • ▲百片ユウナギ(声優:村瀬歩)
  • ▲巽一心(声優:杉田智和)
  • ▲角来東伍(声優:三宅健太)

その3:星乃一族は何をしようとしているのか?

 ヒーローたちの活動にも大きな影響力を持つ、名門・星乃一族。“月倉町の戦い”で分家の志藤に“ある命令”をしているなど、不穏な動きが目立ちます。

 星乃一族はヒーローたちにとって本当に味方なのか、その動向からも目が離せません。

 本編では過酷な運命に翻ろうされているヒーローたちですが、イベントでは男子高校生らしいにぎやかな彼らの様子を見ることもできます! 重厚な本編と楽しいイベントストーリーのギャップ(ときおりシリアスな場合もありますが)も本作の見どころですので、ぜひ両方楽しんでくださいね。

 第4章は、2020年1月より配信予定!! ヒーローたちがどんな活躍を見せてくれるのか、今後の展開にも注目です。

© 2018, 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

ワールドエンドヒーローズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2018年11月13日
  • 希望小売価格: 基本無料/アイテム課金

ワールドエンドヒーローズ

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2018年11月13日
  • 希望小売価格: 基本無料/アイテム課金