『三国志ヒーローズ』デビューには盾将をプッシュ。おすすめ武将や入手方法は?【サンヒロ日記#1】

まさん
公開日時

 どうも、こんにちは。開発版のプレイレポートから久しぶりのプレイとなる、まさんです。

 いよいよ『三国志ヒーローズ』が遊べるようになりましたが、みなさんは遊ばれているでしょうか?

 本作は、コーエーテクモゲームスと将棋のAIで知られるHEROZが共同開発したバトルボードゲーム。三国志の武将をコマに見立てて、将棋や囲碁のようなターン制バトルで戦う作品となっています。

 編集部でも自分をはじめ、ハマっている人が多いのですがゲームとしてかなりガチ! プレイレポートでも書いたのですが、頭をフル回転させるゲームになっているんですよね。

 知的な遊びが好きな人にはオススメですが、自分と同じように将棋はあまり強くない人や、こういったタイプのゲームを始めたばかりの初心者はいろいろ困っているかもしれません。

 そんなわけで、私もみなさんと一緒に本作を遊び、初心者から始めるプレイ日記を書いていこうと思っています。記念すべき第1回は、まず最初のガチャや武将の交換券で手に入れておきたい武将の話からはじめましょう。

※記事内容は編集部調べのものとなります。事実と異なる点などは、分かり次第、訂正していきます。

張飛、許チョ、典韋……盾キャラは強し!

 いろいろと頭を使うゲームなので話すことは多いのですが、中身について語る前に、まずはガチャで手に入れておきたいキャラについて知っておくべきでしょう。このゲームは将棋をベースにしているので、強い武将(コマ)を多く確保できるほど戦略の幅が広がるのですが、何よりも最優先で手に入れたい武将がいるんですよ。それは盾将。

 盾将は、正面の攻撃を防いでしまうという将棋にはあるまじき性能の兵士で、通常の盾将でもかなり便利。しかも、それが武将の盾将となると防げる範囲が大きく広がり、恐ろしく強いのです。

 後ろに弓将や騎将タイプの武将を配置しても相性がバツグン。バツグンというか、敵の盾将にボッコボコにされて気がつきました(笑)。盾は必須。

  • ▲ストーリーモードを進めるうえでも、盾将はかなり役立ちます。頼りすぎると詰将棋なハードで苦戦しそうだけど。

 本作では普通の将棋とは違って“動かない”という待ちの戦法が使えることもあり、範囲の広い盾があるだけで慎重な立ち回りがしやすくなります。もちろん軍師や騎将も大事ですが、盾があるとないとでは安心感が段違い。

 なので、リセマラとまではいいませんが盾将の武将が手に入ったら始めちゃうくらいの勢いでいいかもしれません。とくにオススメは張飛ですね。今ならピックアップで手に入りやすいうえに、性能が超一線級。

 正面方向を無効化して弓にも強く、覚醒したら斜めも攻撃できて手がつけられなくなります。はっきり言って自分で使うならともかく、敵として相手をしたくないですね。

 つまり、狙うべきはまず張飛! ピックアップでなんとしてでも手に入れましょう。


  • ▲ただでさえ強いのに、レベルアップしたあとの覚醒範囲がさらに強い。ちなみに、盾は右側が死角になっているものが多いですね。

 しかしながら、頑張ってもガチャ(召喚)は時の運。張飛が手に入らないし、交換ポイントも足りない……。という場合もあると思います。自分は980円のサービス(スタンダード10)に課金した石で運よく手に入りましたが(運が良いとは言わない)、最初は張飛がなくて涙を飲んだものです。

 でも大丈夫。そんな人でも強力な盾将を手に入れる手段があります。それが★5武将交換券。

 手に入れる手段は、スタートダッシュログインボーナスや、490円のウェルカムパック(レベル5到達時に72時間だけ購入可能)などとなっています。


 このチケットは、ショップにある武将の項目から特定の★5武将と交換できます。斜め弓という素敵な性能を持つ黄忠さんも欲しいところですが、まずはお迎えするべきは魏の武将、許チョでしょう!

 許チョもまた、盾の武将として素敵な性能をお持ちです。覚醒後の効果範囲もバカみたいに広い。しかも、交換券でタダ。こりゃ、取るしかありません。

 魏はほかにも典韋が盾将だったり、★3の武将でも使えそうなものがチラホラ見られたりと、個人的に気になる武将が多いですね。まあ、その話はいずれ。

 そうそう、武将の交換所ではゲーム内の資金3000で貂蝉を購入できるのも忘れてはいけません。彼女はコスト上限が初期から高く、勢力の混成部隊を組みやすいので序盤ですぐに交換しておくのも手です。

 計略にちょっとクセがあり、自分の知能では使いにくくて自爆しちゃうのですが、使い道はかなりあるはず。

 なお、2月14日(金)には新しいピックアップガチャがスタートするようなので、盾将メインの戦術に変化が起きるか要注目ですね。

 さあ、これで戦いの準備は整いました。ほかにも必要な武将はいますが、それは追々ということで、私もプレイしていきますよ~! まあ、私は将棋が好きなのですが棋力も気力もまったくないへっぽこなので、割とまったりになりますが……。

 この日記も日刊とまではいかないのですが、今後もゆるゆるとお届けできたらと思っています。では、また~。

(C)2020 コーエーテクモゲームス / HEROZ, Inc. All rights reserved.