『チェンクロ』伝承篇“ユリアナ伝”のあらすじ&最新画像を公開!【電撃チェンクロレター伝承篇】

まり蔵
公開日時
最終更新

 『チェインクロニクル』伝承篇に関する最新情報をお届けする連載企画、“電撃チェンクロレター伝承篇”の第7回をお届けします。

 iOS/Android用RPG『チェインクロニクル3』で展開する“伝承篇”では、主人公が義勇軍の隊長としてピリカやフィーナとともに旅立つより前の世界が描かれます。

 今回は、6月下旬に配信される伝承篇“ユリアナ伝”のあらすじ&最新スクリーンショットと、シナリオ担当者が持ち回りで書く裏設定が満載のコラム“チェンクロ伝承篇 裏日誌”を掲載します。

※注:記事内のゲーム画面はすべて開発中のものです。

伝承篇“ユリアナ伝”のあらすじを紹介

 長い平和の時代を過ごす聖王国。だが、平和の中で聖王国が誇る十七聖騎士団は政治闘争の場と化していた。




 やがてその争いは聖王国を二分する武力紛争へと発展する。

 本人の意思とは無関係に争いの中心に置かれた幼き聖王女ユリアナと、その侍女ルイーゼ。未来の戦いで人々の先頭に立つふたりの少女の、はじまりの物語。





伝承篇“ユリアナ伝”を彩るキャラクター

ユリアナ


  • ▲聖王カドリウスの一人娘。お転婆で城内を駆け回っている。

ルイーゼ


  • ▲平民の少女。ユリアナと出会ったことで、見習いメイドとして登城することに。

アインスロット


  • ▲聖輪騎士団に配属され、士官学校の卒業が迫る。
伝承篇“ユリアナ伝”シナリオ担当者が語る!

チェンクロ伝承篇 裏日誌

「聖騎士への道」

 聖騎士になるには通常は5つの道があり、大抵の聖騎士はこの方法で聖騎士になっています。

1. 士官学校に入り、聖輪騎士団を経て既存の聖騎士団に配属される。
2. 衛兵や兵士として経験を積み、推薦を受けて聖騎士団に異動する。
3. 神官として経験を積み、推薦を受けて聖騎士団に配属される。
4. 聖騎士団以外の騎士団に入り、推薦されて聖騎士団に配属される。
5. 特例として聖王、代行たる聖王の法定相続人、聖人のいずれかに聖騎士として叙勲を受ける。

 また例外として、聖騎士団が戦闘による損失で集団として維持できなくなった場合、既存の騎士団を丸ごと昇格させることで聖騎士団として再編し、所属する騎士を全員聖騎士とする場合があります。

 ユリアナ伝の時代では、平和が長く続いたこともあり、自分の騎士団を持つ貴族が4の方法で、神官が3や4の方法で自分に都合のいい人物を送り込むことが多く、そうした者が聖騎士団の多くを占めるようになっていました。その状況を変え、聖騎士団を実戦向きに変えようとしたのが、聖騎士出身の聖王であるユリアナの父です。

 第一部の時代ではそうした聖騎士が戦いで失われたこともあり、1や2のルートを辿った聖騎士が大多数となり、自然と貴族や神官の影響を受けにくくなっていきました。


©SEGA