構成作家がみんな大好き!? 木村良平・岡本信彦の『ガルスマ』第163回ガルスマ編集部レポート

ガルスタオンライン
公開日時
最終更新

 声優の木村良平さんと岡本信彦さんが、なかよしトークを繰り広げる人気ラジオ『電撃Girl’sSmile(ガルスマ)』。

 毎回エンディング後に、2人がさまざまなお題に挑戦するミニコーナー『ガルスマ編集部』を配信中! その挑戦の様子や結果をレポートします★

第163回ガルスマ編集部

 4月23日配信の第163回では、第162回に引き続き、“宝隠し&探し対決”にチャレンジしていただきました! 番組ノベルティーのポストカードをスタジオ内に隠し、探し当てるというゲーム。今回は岡本さんが隠して木村さんが探します!

 木村さんがルール説明をしている間に、すでにカード裏の両面テープ台紙を剥がす岡本さん。カウントが始まるとすぐに席を立ち、「どうしようかなぁ」とつぶやきながら、ブース内をゆっくり練り歩きます。

 ゴミ箱を一度持ち上げてみたり、椅子の上に乗ってみたり、ブース内のあらゆる場所で物音を立てます。前回、木村さんも隠した場所と違うところで物音を立てる技を使っていましたが、岡本さんはさらにいろいろなところで音を立てる作戦のようです。

 岡本さんが宝を隠したのは、木村さんと同じく構成作家付近! 構成作家の足を上げさせ、靴の裏に貼りつけます。構成作家は長身で足のサイズも大きく、足を床に下ろすとポストカードがほぼ隠れる状態に。15秒のカウントが終わり、木村さんの宝探し、スタートです! 

 木村さんは席を立ち、まず「岡本さん、見えてます」と一言。「えっ!?」と動揺を見せ目をそらした岡本さん。木村さんはそらした視線の先を探し始めます。なんと、ブラフで揺さぶりをかけるという高等テクニックでした!! しかし、岡本さんが見た先は、構成作家とは逆方向。2人のハイレベルな心理戦が繰り広げられます……!

 木村さんが探している間に宝の位置を確認すると、靴の幅からほんの少しだけポストカードがはみ出ており、本当に角度によっては見えてしまっていることが判明! 岡本さんは図らずも「本当に見えてますね……」と、1つ目のヒントを与えることに。

 ブース内を見渡す木村さんですが、見切れているカードを探せず、続いてヒント2を要求。「ヒント2は……“みんな大好き”!」と、前回木村さんが出したヒントと同じフレーズを発表。前回構成作家の背中に隠し「みんな大好き」というヒントを出していた木村さんは、もちろん構成作家の周りを調べ始めます。

 「座り方が硬いんだよなぁ」と言いながら、パーカーのフードの裏や、持っているパソコンなどをくまなく調べます。上半身から丁寧に調べていったため時間を要してしまい、足元のカードにたどり着いた時には木村さんも思わず苦笑い(笑)。カードを見つけるまでにかかった時間は3分11秒で、今回の勝負は2分2秒で見つけた岡本さんの勝利という結果に!

 最後は見つけたカードを上にかざし、「ゲット~!」と笑顔を見せた木村さん。少年のように無邪気に宝探しをする顔や、あの手この手の策を講じて相手と駆け引きをする顔など、いろいろな表情を見せてくれたお2人でした♪

 次回ガルスマ編集部は6月4日にお届け予定です。お楽しみに!!

第162・163回収録後インタビュー

――番組内で、相手に「かわいい」とすぐ言えるか、という話がありましたが、木村さんは岡本さんのかわいいところ、岡本さんは木村さんのかわいいところを教えてください。

木村:僕はね~、岡本さんのあいさつがやっぱりかわいいと思いますよ。
岡本:(番組内で話題になった)こんちゃ……!?(笑)
木村:必ず「こんにちは」を「こんちゃ」って言うよね~。
岡本:「こんばんは」には「こんばんは」って返すんですけど、「こんにちは」には「こんちゃ」って言っちゃうんですよね。
木村:おもしろいなと思ったのはさ、俺もラジオやってる時はわりと「こんにちは」には「こんちゃ」で返すのよ。でも、リスナーさんに刺さったのは、のぶの「こんちゃ」だった……っていうのがおもしろいなって。言葉じゃないんだろうね。
岡本:あー、確かに良平さんもこんちゃって言ってる気がしますね。
木村:でしょ?
岡本:じゃあ、次は良平さんのかわいいとこ言っちゃっていいんですか? いっぱいありますけど。
木村:いや……(笑)。
岡本:みなさんの分かりやすいところで言うと、イベントとかで、良平さんは基本的にツッコミしてくれるんです。整地というか。でもボケる時が時々あるんですよね。その後の……笑顔です(笑)。
木村:お前っ……マジっぽいのやめろよ!(笑)
岡本:かわいいですよね!