『DQII』のゴールドカードが懐かしい。『DQウォーク』ふくびき30連レポート【電撃DQW日記#17】

長雨
公開日時

 スクウェア・エニックスが2019年配信予定のiOS/Android用のアプリ『ドラゴンクエストウォーク』。そのβ版体験会のプレイ日記連載第17回は、『ドラゴンクエスト』シリーズが好きなライターの長雨によるレポートです。

ふくびき30連で奇跡が!! 『DQウォーク』でふくびきにチャレンジしてみた

 『ドラゴンクエスト』シリーズのお楽しみ要素の1つと言えば、ふくびき! 『ドラゴンクエストII』ではムーンペタの町でゴールドカードが当たるまで、トライ&エラー(当たらなかったら、ふっかつのじゅもんを入れ直し。笑)で粘ってみたものです……。

 本作でも強力な武器や防具などが手に入るふくびきに挑戦できます。

 リアルラックには自信が全然ない私が、キャラクターたちを強くするために30連ふくびきに挑んだ結果をレポートします。

ふくびき補助券やジェムでふくびきにチャレンジ!

 ログインボーナスやミッションをクリアすると、ふくびき補助券やジェムを入手することができます。

 ふくびき補助券なら10枚、ジェムなら300個でふくびき1回を引くことが可能(まとめて挑戦できる便利な10連ふくびきもあります)。

 今回はβ版体験会ということもあってか、毎日数十枚の補助券が配られる大盤振る舞い! ミッションクリアでもらえるものも含めると、1日1回10連ができるくらいの感覚で補助券がたまっていきました。

  • ▲最大レアリティは★5! 強力な習得スキルや特殊効果を持っています。

 さて、ふくびきをスタートすると『ドラゴンクエストIII』で初登場し、『ドラゴンクエストVIII』などでは酒場の曲としておなじみの『酒場でブギウギ』の軽快な音楽に合わせて、宝箱を持ったスライムたちが登場。
 
 宝箱の中に何が入っているのか、ワクワク感がたまりません。

  • ▲自分よりも大きな宝箱を運んでいるスライムが、とってもキュート!! 七色の流れ星など、特殊演出もあるようです。

 ふくびきで入手できるのは、パーティ強化に役立つ★3以上の武器や防具です。私が引いた感じだと“戦士のよろい”や“しんりのローブ”など、『ドラゴンクエストIX』や『ドラゴンクエストX』でお世話になった装備が多めの印象。

 ゆくゆくは、ロトや天空の装備でも冒険できるようになるとうれしいですね。



  • ▲β版体験会のふくびきで入手できる★5武器の一例。このへんに当たってほしい!

 武器は職業ごとに得意なものが設定されていますが、防具はとくに制限がなく何でも着せられるのがうれしいところです。

 しゅび力が上がるよろい系は戦士など前衛向き、こうげき魔力やかいふく魔力が上がるローブは魔法使いや僧侶になど、相性のよしあしには気をつけましょう。

  • ▲何を装備させたいか悩んだら、オススメセットで解決! セットがそろっていないと、ハイセンスな組み合わせになることもありますけど(笑)。

 何十連も一気に引くというのもふくびきのロマン(?)ということで、ときおり単発に浮気しつつも、30連分のふくびき補助券&ジェムをためて、まとめて引いてみました!! その結果は……。

 ★5装備が4つも手に入り、まさかの大勝利!! すごく嬉しかったですが、この運を配信後実際にプレイするときまで残しておきたかったです。

入手した装備は強化をお忘れなく!

 強い武器や防具をゲットして意気揚々とモンスターに挑むものの、クエストを進めて強敵が増えると苦戦する場面が多くなっていきました。そこでパーティのレベルだけじゃなく、装備の強化も大事なのだとやっと気がついたのです。

 装備を鍛えられるのは、準備内の工房。限界突破は同じ装備を素材として消費することで、Lvの上限を解放! さらに限界突破数に応じて、武器のスキルも習得できちゃいます。

 強化では“ぶき強化石”や“ぼうぐ強化石”を使用して、装備のレベルをアップさせます。レベルを上げるとパラメータがアップするほか、冒険に役立つ特定のスキルや▲ふくびきで同じ装備が出たら、限界突破させましょう!特殊効果を入手できます。

  • ▲素材はモンスターがドロップしたり、ミッション報酬でもらえます。
  • ▲また、クエスト→イベント→サブクエストで挑戦できる、1日1回限定の“そうび強化石クエスト”もおすすめです。

 こんなにキャラクターを強くできる要素があったのに、それに頼らず戦っていたらそれは苦戦しますよ。私のように宝の持ち腐れにならないように、みなさんも注意してくださいね!!

世界にはまだまだ驚きが満ちている!

 今回β版体験会に参加させていただいて、すっごく楽しかったです。現実が『ドラゴンクエスト』と融合するとこんな感じなんだと、ニヤニヤしながら冒険していました。

  • ▲リアルの天気や時間と連動して、背景が変わっていきます。夕暮の景色が、とってもきれいでした。

 外で遊ぶのがベースではありますが、どうしても出られないときでも、近くにいるモンスターをタッチして呼び寄せられるので、レベル上げができるのが本当に助かります。

 家でレベルを上げる→散歩ついでにクエストをこなすというのが、体験会中の日課になっていました。

  • ▲一生懸命近づいてきてくれるモンスターたちがかわいくて、倒すのが少し申し訳ないです。

 仕事との兼ね合いで今回は遠出できなかったので、東京タワーなど日本各地のランドマークにも行ってみたいですし、ギガモンスターも討伐したいし、配信後の夢が広がりますね。

電撃DQWプレイ日記 バックナンバー

※この記事は2019年6月に行われたβ版体験会での開発中のバージョンによるもので、正式サービス時には数値や用語が変更となっている可能性があります。
(C)2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
Developed by COLOPL,Inc.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年
  • 価格: 基本無料/アイテム課金