親子で楽しむ『ドラゴンクエストウォーク』【電撃DQW日記#13】

そみん
公開日時

 スクウェア・エニックスが2019年配信予定のiOS/Android用のアプリ『ドラゴンクエストウォーク』。そのβ版体験会のプレイ日記連載第13回は、子持ちのおっさんゲーマーのそみんによるレポートです。

息子と一緒に『ドラゴンクエスト』&位置ゲーを遊ぶ日が来た!

 息子のたつまるが幼稚園に入る前からゲームを遊ばせてきましたが、実は『ドラゴンクエスト』シリーズに触れさせたのは比較的最近のこと。

 デパートのゲームコーナーで『戦え!ドラゴンクエスト スキャンバトラーズ(スキャバト)』を遊ばせたり、スイッチ版『ドラゴンクエストビルダーズ2』を遊ばせて、モンスターや装備品の名前を学ばせてきました。

 まだ『DQ』歴は1年にも満たないため、まだまだ勉強中ですが、『DQウォーク』を使って一緒に外を歩きながらゲームを遊べる日がやってきて、ゲーマーパパとしてはうれしい限りです!

 ……とはいえ、基本的に平日に行われてきた今回のβ版体験会では、さすがに小1のたつまるとプレイ時間をあわせることは難しく、主にたつまるが学校に行く前のコミュニケーションとなりました。
(早く正式サービスが始まって、土日に一緒に遊びたいものです)

家族の名前で冒険! 父親のヒエラルキーを感じつつ……

 最初のプレイ日記にも書きましたが、今回の冒険の主人公の名前は“たつまる(戦士)”にしてプレイを始めました。

 やがて仲間(女性の僧侶)が1人増えたのですが、たつまるいわく「ママの名前(まままる)にしようよ。髪の毛も黒がいいなあ」と、名前や姿を変更させられました。

 その翌日には新たな仲間(男性の武闘家)が増えたので、「ここは当然、自分の出番だろう」と、名前を“ぱぱまる”にしてプレイしていたのですが、たつまるからダメ出しが。

たつまる「順番的に、妹のいっちゃんが先でしょーが!」

 と、武闘家の性別と名前を変更させられることに……。

 その後、ようやく最後の仲間(女性の魔法使い)が加入して、ぱぱまるも正式にパーティインすることができました。

 意外と(?)かっこよい姿にしてくれたのでお礼をいったところ……

たつまる「だって、リアルにパパを再現したら、魔法使いというより商人になっちゃうからね。おなか出てるし」

 ……どこでトルネコさんを覚えてきたんだ、たつまるは。

 余談ですが、僕もたつまるもメガネをかけているので、たつまる的にはメガネのパーツも欲しがっていました。ベータ版体験会のアンケートに書いておかねば。

“こころがありません”に悲しむたつまる

 しょーもない話で恐縮なんですが、自分的にちょっと印象に残ったたつまるの反応を1つ。

 『DQウォーク』ではモンスターを倒すと“こころ”をドロップし、それを装備品のようにセットできます。

 その際、何もセットしていない状態だと“こころがありません”と表示されるのですが、それを見たたつまるは「人間の心がないって、悲しいことだよね。優しくないってことなのかな」と、何か深読みをして悲しみ始めました。

 なるほど。単なるゲームのシステム的なメッセージをそういう風に感じることがあるのかと、ちょっとおもしろく感じました。

 なお、そのあとに“くさった死体のこころ”をセットしようとしたら、「くさった死体はヤバい! 死体が腐ってるって、やばすぎる! 心が腐っちゃうから、たつまるにくさった死体の心を入れるのはやめて!」と嫌がられて、めんどくさいなと思いましたとさ。

 ともあれ、まだ息子と一緒に外で『DQウォーク』を遊べていないので、土日はギガモンスターとうばつがてら、電車に乗っておでかけ予定です!(天気次第の気もしますけど)

電撃DQWプレイ日記 バックナンバー

※この記事は2019年6月に行われたβ版体験会での開発中のバージョンによるもので、正式サービス時には数値や用語が変更となっている可能性があります。
(C)2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO
Developed by COLOPL,Inc.

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

ドラゴンクエストウォーク

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: RPG
  • 配信日: 2019年
  • 価格: 基本無料/アイテム課金