ラノベ好き女子も気になるスクエニ『エンゲージソウルズ』って何? eじゃんけんって楽しいの?

紅葉つかさ
公開日時

 スクウェア・エニックスから配信予定のiOS/Android用新作RPG『エンゲージソウルズ』

 本作では、じゃんけんをベースにした“eじゃんけん”と呼ばれるバトルや、プレイヤーによってまったく異なるキャラクターの育成を楽しめます。

 6月25日に配信予定の本作ですが、具体的にどういったことができるのか、どういった作品かなど気になっている方もいるのではないでしょうか。

 先日、筆者(紅葉つかさ)の同僚でもあるラノベが好きな女性ライターからも本作の質問をされました。そこで、その質問に答える形で本作について紹介していきたいと思います!

『エンゲージソウルズ』ってどんなゲーム?

アカネ:もうすぐ『エンゲージソウルズ』っていうアプリが配信されるって聞いたんだけど、どんなゲームか知ってる?

つかさ:知ってるよ! CBTも遊んだしね~。『エンゲージソウルズ』は、“eじゃんけん”っていうじゃんけんを使ったバトルが楽しめるんだよ。あとは、キャラクターの育成なんかもできるんだ。これがまた奥が深いのなんの。

アカネ:とりあえずじゃんけんを使うっていう“eじゃんけん”がすごく気になるんだけど何それ。

つかさ:バトル自体は攻撃をして相手の体力を0にしたら勝ちっていうシンプルなものなんだけど、“eじゃんけん”っていう名前の通り、バトル中にじゃんけんをするのが特徴なんだ。

 それで、じゃんけんの勝敗がバトルの重要な要素になっていて、勝ったら有利にバトルを進められるよ。ただ、じゃんけんに勝ったからといって、バトルに勝てるかというのは違って、あくまで、バトルの一要素としてじゃんけんをするっていう感じ。


アカネ:なるほど。具体的にじゃんけんに勝つとどんな効果があるの?

つかさ:まず、お互いの手札から1枚を出し合ってじゃんけんをするんだけど、そのときに勝つと先制攻撃ができて、さらに命中率が上がった状態で攻撃ができるんだ。


アカネ:じゃんけんに勝つとめっちゃ有利じゃん! って……命中率なんてあるんだ。

つかさ:説明してなかったっけ? 手札にはじゃんけんの手以外にも“タイプ”と“Hit”、あと属性があるの。

 “タイプ”はパワー、ブレイン、バランスの3つがあって、“Hit”は命中率を表してるんだ。属性は、有利な属性だと与えるダメージが増えるんだよ。

つかさ:さっきも言ったけど、“Hit”があるから相手に攻撃が当たらないこともあって、じゃんけんの勝ち=バトルの勝利にはならないんだよね。

アカネ:じゃんけんの勝ちとバトルの勝利がイコールじゃないのはそういうことか。そういえば、じゃんけんだったら、あいこのときもあると思うんだけどそのときはどうなるの?

つかさ:あいこだったら、早押し勝負が始まるの。“!”マークが出た瞬間に画面をタップして早かった方が勝ちって感じになるんだ。


つかさ:あと、じゃんけんに3勝したら大ダメージを与えるチャンス! タイミングよく画面をタップすることで、攻撃が100%命中するようになるから、そのときは“Hit”が低くて“Atk”が高い手札で勝負するのもいいかもね。


アカネ:早押し勝負やタイミングよく画面をタップする操作もあるんだね。じゃあバトル中にボーっとできないな。

つかさ:いや、バトル中にボーっとしないでよ(笑)。ただ、バトルといってもほかのユーザーと戦うものとCPU(コンピューター)と戦うものがあるから、CPUのときは少しくらいボーっとしながらしてもいいんじゃない? バトルにもたくさんの種類があるからどれがほかのユーザーで、どれがCPUと対戦するかは間違えないようにね。

アカネ:バトルって1種類じゃないんだ。

つかさ:ルールは全部同じなんだけど、1対1で戦う個人戦や5対5で戦う団体戦、あとはほかのユーザーとチームを組んで戦う団体戦とかもあるよ。

アカネ:へー。いろいろなバトルで楽しめるっていうのは面白そうでいいね。

つかさ:遊び方やゲームの流れについての記事も掲載しているからそれも読んでみて!

【大会の種類について】
ストリートバトル:1対1の対戦。勝敗に応じてBPを獲得して報酬がもらえる。ピックアップキャラで戦うとBPにボーナスがつく。
プロリーグ:5対5の対戦。既存のチームの枠にとらわれない自分だけのチームを作れる。対戦成績で変わるレーティングがあがるごとに報酬がもらえる。
スクール対抗戦:・全ユーザーが二手に分かれて各々が選んだスクールの総勝利数を競う。
グラントーナメント:シングル戦と団体戦がある。エントリーすると毎日結果が配信されてリプレイデータを確認できる。トーナメントを勝ち進むほど報酬が豪華になる。

自由度の高いキャラクター育成

アカネ:“eじゃんけん”やバトルのことは分かったんだけど、『エンゲージソウルズ』には育成要素もあるんだよね?

つかさ:そうだよ。さっきバトルのことを教えたけど、バトルにはキャラクターが必要で、そのキャラクターを強くするのが本作の育成要素“トレーニングモード”だよ。

アカネ:バトルと育成したキャラクターってどんな関係なの?

つかさ:キャラクターのステータスやアビリティがバトル中に与えるダメージや命中率に影響するって感じだよ。

アカネ:手札の5属性×3タイプと“Hit”とは違うの?

つかさ:手札の“タイプ”や“Hit”でダメージや命中率が決まるんだけど、キャラクターの能力×手札の属性、タイプとHIT率によってそれに補正がかかる感じかな。

 あとは、キャラクターがアビリティを持っていると、特定の条件のときにさらにダメージや命中率が補正されるから、キャラクターが強いほどバトルが有利になるよ。


アカネ:そうなんだ。肝心の育成方法だけどどうやってするの?

つかさ:育成できるキャラクターは今は全部で30人いるんだけど、まずはその中から育成したいキャラクターを選ぶの。

 誰を選んでもいいんだけど、最初は“マイティエッグ”っていうスクールの中から選ぶことになるよ。ただ、何度も育成をしていればほかのスクールも解放されていくからいろいろなスクールのキャラクターを育ててみて!

アカネ:スクールなら公式サイトで見たよ。スクールごとにいろいろな特徴があるみたいだね。

つかさ:そうなんだよね。だから好きなキャラクターを見つけて、育成するのも楽しいんじゃないかな。スクールごとにストーリーが違うから、全部のスクールをプレイして育成だけじゃなくてストーリーを楽しんでみるのもいいと思うよ!

アカネ:お、それはラノベ好きとしては気になる!

つかさ:各スクールのコンセプトや特徴なんかは、世界観について開発者に聞いたインタビュー記事も読んでみて!

  • ▲実力未知数の素人集団“マイティエッグ”。

  • ▲精鋭を集めたスクールの看板チーム“ファーストスター”。

  • ▲拳法を使用する拳士たちのチーム“風爪光牙”。

  • ▲王女セイレンとその護衛たちによる“シュタールリッター”。

  • ▲伝統の剣術を受け継ぐ魂刃宵桜流宗家の新当主が結成した“春宵一刻”。

  • ▲身寄りのない子供が成り上がるために結成された“ジャンブルトイズ”。

つかさ:それで育成するキャラクターを選んだら、つぎはデッキの編成をして育成の準備をしてね。

 編成したキャラクターによって、育成中にいろいろなイベントが起きたりして、有利になるよ。ちなみに育成するキャラクターの初期能力はランダムで決まるみたい。


  • ▲育成中などで手に入るアイテムを持ち込めば育成を有利にできる。

つかさ:ほかにもキャラクターには得意練習があって、いっしょに練習したら多く経験値が入手できるし、練習中に秘訣をもらえば、アビリティを覚えるのに必要な経験値が減るからこれらもうまく活用するのがおすすめ!

アカネ:そうなんだね。育成ってどんな感じで進めるの?

つかさ:基本的には、“練習する”やイベントなどで入手した経験値を使ってキャラクターのステータスを上げたり、アビリティを覚えさせたりする感じかな。どのステータスを上げるのか、アビリティを覚えさせるのかは自由だから、好きなようにキャラクターを育成できるよ。

つかさ: “ちから”を上げたら、パワータイプ、じゃんけんでいうと“グー”で攻撃したときの攻撃力に大きく影響するなどステータスとじゃんけんの手には関係性があるから、その辺を意識しながらステータスを上げるといいかも。

 バトルで使える手札は5枚でキャラクターごとに決まっているけど、デッキに編成したキャラクターといっしょに練習したり、イベントなどで上がる好感度を最大まで上げていると育成の終了時に“エンゲージ”して、バトルで使える手札が増えるからそれも考えておくといいよ。


アカネ:システム自体はシンプルそうなのに、意外と考えることが多いんだね。だからこそ、自分だけのキャラクターが育成できるのかな。何回も育成に挑戦して思い通りのキャラクターを育成してみたい!

つかさ:そうだね。ただ、ひとりのキャラクターにつき育成結果はひとつしか保存できないからそこには注意してね。

アカネ:自分のベストしか保存できないってことか。でも逆にいろいろなキャラクターの育成に挑戦するきっかけになるかも。

つかさ:たくさんのキャラクターの育成に挑戦してみるのも面白いかもね。これで『エンゲージソウルズ』のことをあらかた教えたと思うけどほかに何か聞きたいことはある?

アカネ:ありがとう、これで大丈夫。早くバトルや育成をやってみたいな。配信が待ち遠しいね。

つかさ:6月25日に配信予定だからもうすぐだよ。配信されたらいろいろと教え合いながらやってみようね。

© 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.