蛇の使徒の設定は全キャラ決まってるの? 『軌跡』15周年祭レポート

そみん
公開日時

 6月29日に東京・市ヶ谷で行われたリアルイベント“軌跡シリーズ15周年記念祭 in 市ヶ谷”の特別ステージのレポートをお届けします。

なお、本イベントは、電撃オンラインchの2時間の特別番組として、“軌跡シリーズ15周年記念&新作始動(?)スペシャル放送”として動画配信も行われました。

軌跡シリーズ15周年記念&新作始動(?)スペシャル放送”について

 このステージでは、事前に行われた読者アンケートをもとに『空の軌跡』、『零・碧の軌跡』『閃の軌跡』と続く軌跡シリーズの15周年の振り返りや、日本ファルコムの近藤社長への質問コーナーが展開しました。

 くわえて、『閃の軌跡』のトワ役をつとめた声優の野中藍さんを交えて展開するゲストトークコーナーや、シリーズ最新作に関する新情報コーナーも用意されていました。

 なお、イベント中に発表された『軌跡』シリーズ新作の新情報は別記事で、『軌跡シリーズ15周年振り返りコーナーはイベントレポート前半に掲載しています。

日本ファルコム近藤社長質問コーナー

 ここでは、事前に電撃オンラインで募集したユーザーのみなさんからの質問を近藤社長に直撃することに!

Q:軌跡シリーズの次回作はいつ頃に出ますか?

 次回作とはまた別とのことのようですが、あまりお待たせせずに、“何かしら”をお届けしたいとのこと。ゲーム内で描かれていなかった部分や描き切れなかった部分について、15周年のうちには、何か展開を発表できるかもしれないとのこと。

Q:蛇の使徒たちの設定は、全キャラひと通り決まってるのでしょうか?

 使徒についてはある程度決まっているとのこと。ただ、開発が進む中で変更や調整がかかっていくことはあるそうです。

 いきなり出すというより、クロチルダが『3rd』の冒頭ですでに出ていたように、今後も伏線などをちりばめながら存在を明かしていきたいとのこと。

Q:シリーズごとに主人公を変えているのはどうしてですか?

 いくつか理由がありつつ、『軌跡』の物語は主人公の成長を描くというテーマがあるので、ある程度成長したキャラは主人公を交代してもらうほうがいいかもしれないとのこと。

 また、「『イース』のアドルをディスるわけではありませんが(笑)」と前置きをしつつ、シリーズが長いて主人公も同じだと新規ユーザーが入りにくくなる部分もあるため、間口を広げる意味でも主人公を変えてきたそうです。

Q:過去の『軌跡』シリーズのPS4対応およびEvolution化の予定はありますか?

 近藤社長的にも、自分たちが作ってきたものが遊べなくなるのは悲しいので、なんらかの形で過去作を新ハードに対応させることができないか、こっそりといろいろ考えているそうです。

 なかなかすぐには正式発表はできないと思いますが、今後の発表が楽しみですね!

Q:社長本人が気に入っているシーンや登場人物は誰ですか?

 近藤社長があえて選んだのは、『空の軌跡SC』でエステルとヨシュアが再会した場面は、15周年を振り返っても強く思い出にのこっているとのこと。

 また、近藤社長自身がシナリオを考えた部分の中でも、アガットがモルガン将軍に食い下がるシーンは印象に残っているそうです。

 かつての戦争で妹を亡くしたアガットの気持ちが見える、熱いシーンでしたね。なつかしい!

トワ役の野中藍さんとのゲストトークコーナー

 本ステージに登壇した野中藍さんが演じたトワについてクローズアップするトークコーナーも行われました。

 『東亰ザナドゥ』にも九重永遠として登場したことや、日本ファルコム35周年記念で開催された『閃の軌跡』ミュージカルに野中さんがトワ役として出演したことなど、さまざまなトークが展開しました。

 ちなみにミュージカルで野中さんにトワ役を演じてほしいというオーダーはミュージカル側からの相談だったそうで、近藤社長的にもそれはおもしろそうだと感じたそうです。

 ちなみにトーク中には、近藤社長に今後の『軌跡』シリーズでトワが再登場する予定があるのか直撃する場面も!

 近藤社長的にトワは、「他の作品に登場しても違和感がないユニバーサルデザイン的なキャラ」とのことで、『東亰ザナドゥ』でもスムーズに登場させられたことを語っていました。

 『軌跡』シリーズのなかでもトワは非常に有能で、帝国以外からの勧誘もあるそうなので、今後、シリーズの舞台がゼムリア大陸全土に広がっていくようななかで、「トワみたいなキャラがいると物語を動かしやすそう」と、近藤社長も前向きな姿勢を見せていました!

 トワ=ハーシェルと言えば、PSP『那由多の軌跡』の主人公のナユタ・ハーシェルと“ハーシェル”つながりがあったことなども有名ですよね。そんな形での別作品とのリンクとか、いっそ『魔法少女まじかる アリサ』みたいに、スピンオフでトワが主役の作品なんかが生まれるうれしいですね!

メインキャスト陣からも記念メッセージが到着!

 イベント中には、エステル役の神田朱未さん、ロイド役の柿原徹也さん、ユウナ役の東山奈央さん、鉄血宰相オズボーン役の中田譲治さんからのビデオメッセージも寄せられました。

 どのコメントもグッときましたが、中田譲治さんからの重厚なメッセージは、胸にずんと響きました!

 また、リィン役の内山昂輝さん、ユーシス役の立花慎之介さんからの記念コメントもよみあげられました。


 そして、番組終了のエンドロールとして、10名以上におよぶメインキャストからのお祝いコメントも掲載されました。15年も続く人気シリーズだけに、胸に響くコメントだらけですね!

















軌跡シリーズ15周年グッズ告知コーナー

 “軌跡シリーズ15周年記念祭 in 市ヶ谷”の会場で販売されている記念グッズについて、実際にサンプルを見ながら紹介することに。

 “軌跡シリーズ15周年記念祭 in 市ヶ谷”は、東京・市ヶ谷の東京アニメセンター in DNPプラザで7月7日まで開催されているので、気になるグッズがあった方はぜひ会場でお買い求めください!

 人気コンビをデフォルメした“ニコイチ”グッズとしてアクリルスタンドやでか缶バッジのほか、軌跡シリーズ15周年記念《Heroes×Buddies》Tシャツ&マフラータオルをはじめとした、パーカーなどのアパレル商品も発売中。

 コースター、ブロマイド、クリアファイル、インテリアプレートなど、とにかく多数のグッズが用意されています。

 そして、会場に展示されているガーちゃん(アガートラム)のぬいぐるみは、ただいま電撃屋で絶賛予約を受付中です。

 あわせて、キーホルダーサイズのアガートラムとクラウ=ソラスなど、各種関連グッズも予約受付中なので、ぜひご注目ください!

 あと、『軌跡』シリーズ関連商品として、15年の歴史が詰まった書籍『軌跡シリーズ15周年記念 閃の軌跡キャラクターマニアクス』もよろしくお願いいたします!

(C) Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.