岡本さん誕生日川柳公開! 木村良平・岡本信彦の『ガルスマ』第174回ガルスマ編集部レポート

ガルスタオンライン
公開日時

 声優の木村良平さんと岡本信彦さんが、なかよしトークを繰り広げる人気ラジオ『電撃Girl’sSmile(ガルスマ)』。

 毎回エンディング後に、2人がさまざまなお題に挑戦するミニコーナー『ガルスマ編集部』を配信中! その挑戦の様子や結果をレポートします★

第174回ガルスマ編集部

 第174回は10月24日の岡本さん34歳をお祝いするお誕生記念回でした! 第169回の木村さん誕生日に続き、“バースデー川柳”に挑戦していただきました!

 岡本さんには34歳を迎えての抱負を、木村さんには岡本さんへのお祝いメッセージを、五・七・五でまとめていただきます。お2人の思いがぎゅっと詰まった川柳、御覧ください!!

  • ▲岡本さんの川柳

 シンキングタイムもほぼなく「サックリいっちゃいます!」と、すぐにまとまった様子の岡本さん。お誕生日を迎えての一句は「歳取ると、ちゃん付け君付け、ばっちこい」。お2人やスタッフの笑い声が響きます。

 ファンから、君付けやちゃん付けで呼ばれたり「かわいい」と言われることも、若い頃は抵抗があったが、今はそれも「本当に嬉しい」とのこと。34歳も、ファンの方々に親しみを込めて距離感の近い呼び名で呼んでもらえるような1年になりそうですね♥

  • ▲木村さんの川柳

 「どうしようかな~」と一瞬悩んだ様子も見せた木村さん。発表した川柳は「妖怪か、いつまでたっても、十四歳」。番組でも「年々若返っているのでは」と話題になりましたが、見た目はもちろん、どんどん精力的に活躍の場を広げていくバイタリティーは、本当に年齢を感じさせません。そして“永遠の中2病”と自称しているところから“十四歳”という文字数もピッタリな年齢がオチに。

 先日の木村さんのお誕生日回で披露した、岡本さんのお祝い川柳が「着実に、役者としての、化け物へ」でしたが、そのアンサーともとれる一句。「いいですねぇ!(笑)」とおもわず笑ってしまう岡本さんでした。

 “化け物”や“妖怪”を褒め言葉にする桁違いさ、そしていい意味でのくだけた関係なお2人。これからも、そんなお2人の化け物っぷり、妖怪っぷりに注目です!

第173・174回収録後インタビュー

――木村さんの今オススメなYouTuberがW-inds.の慶太さんというお話がありましたが、岡本さんのオススメなYouTuberさんはいらっしゃいますか?

岡本:ブライアンさんですね。
木村:あ~! 昔、細谷(佳正)さんに薦められたな!
岡本:最初芸人さんかと思ったくらい、めちゃくちゃおもしろいです。あと、ラップがうまい! 木村昴くんっぽさがありますね。
木村:確かに(笑)。

――9月12日の配信イベントの感想を特集しましたが、芝居トークへのメールが本当に多かったです。もし今後同じようなお芝居について語るトークイベントがあれば、ゲストでお話を聞いてみたい声優さんはいらっしゃいますか?

岡本:(島崎)信長くんは、1人で無限にしゃべってくれそうです(笑)。
木村:あと、あゆ(村瀬歩さん)ね。
岡本:あ~、あゆちゃんと信長くんが芝居トーク始めたら、もう朝までいきますからね!
木村:行くだろうなぁ~~。あとは、(松岡)禎丞とか。
岡本:いいですね!! あまりそういうことを言わなそうなので、なんとか聞き出したいですね。無理やり聞かないと、奥までは話してくれなさそう(笑)。
木村:こういうイベントとかラジオとかのしゃべる場だと、順番が回ってきたらしゃべらなきゃいけないから(笑)。あとは、顔出し(役者)からやってきている(小野)賢章とかは、聞いてみたいね。
岡本:おもしろそうですね。
木村:また違う視点を持っていそうな人に聞いてみたいよね。

 次回ガルスマ編集部は12月17日にお届け予定です。お楽しみに!!