『おれステ』リズムゲームのお手並み拝見。EXPERTまでクリアなるか?【電撃おれステ日記#2】

セスタス原川
公開日時

 電撃文庫がコンテンツプロデュースを担当する新作リズムゲーム『おねがい、俺を現実に戻さないで! シンフォニアステージ(おれステ)』のプレイ日記をお届けします。

 この記事では、リズムゲーム中級者のライター・セスタス原川のプレイ模様をお届けします。

気になるゲームの難易度は?

 無事にお気に入りのシンフォニアであるリンの星4を手に入れて、華麗な『おれステ』ライフをスタートしたセスタス原川です。

 初回の日記はすぐにキャラクター方面に話が逸れてしまいましたが、ようやく今回は実際にリズムゲームをプレイした模様をお伝えしていきますよ!

 リズムゲーム、いわゆる音ゲーの経験がある程度ある筆者は、PICKスタイルを選択。

 スライド操作のHUGスタイルも気になるのですが「初心者でも楽しめる」というウリが、逆に経験者としてのプライドを刺激することとなり、まずは王道のPICKスタイルでどの程度の難易度のゲームなのか見定めることにしました。

  • ▲楽曲選択メニューの右下でスタイルと難易度を指定できます。

 流石にEASYは簡単すぎる。ではNORMALは……簡単な気がする。一番難しいEXPERTは……できなかったら悲しいのでやめておこう。という、超単純な思考回路で、まずは難易度HARDから攻めることにします。

 まずは、本作のオープニングテーマである“上空ヴァーバレイション”をプレイ。

 この曲、ゲーム内でオープニングムービーと併せて楽しめるのですが、サビの部分が癖になるテンポで、数回聞いただけで脳に楽曲が刻み込まれてしまいました。

 長押しの終わりが同時押しになったいる部分がややタイミングが難しかったものの、ミスは数回で難なくクリア。

 この楽曲のHARDはレベル19なので、それくらいの曲であれば少し練習をすればフルコンボも目指せそうです。

 その後、調子に乗ってEXPERTも挑戦してみたのですが……フィーバーにすら入ることすら叶わず。どうやら、HARDとEXPERTの間には分厚い壁があるようです……。

 それなりに腕に自信があったので「実はEXPERTも行けるのでは?」と思っていましたが、そこまで現実は甘くなく……。(筆者が下手なだけという話もありますが)

 気を取り直して、練習を続けていきたいと思います!

メインストーリーをフル・バージョンで公開中!

 本作のメインストーリーも公開中です。ビビっと来た方、どうですか。メインストーリーを動画で確認してみるのもありじゃないですか?

おれステプレイ日記 バックナンバー

©WonderPlanet Inc. ©KADOKAWA CORPORATION 2020

おねがい、俺を現実に戻さないで! シンフォニアステージ

  • 運営: ワンダープラネット
  • 開発: KADOKAWA、ワンダープラネット
  • 対応端末: iOS
  • ジャンル: リズム/育成
  • 配信日: 2020年12月10日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金

おねがい、俺を現実に戻さないで! シンフォニアステージ

  • 運営: ワンダープラネット
  • 開発: KADOKAWA、ワンダープラネット
  • 対応端末: Android
  • ジャンル: リズム/育成
  • 配信日: 2020年12月10日
  • 価格: 基本無料/アイテム課金