げ!! 編集長!?【O村の漫画野郎#35】

奥村勝彦
公開日時

 秋田書店の漫画編集者を経て、元『コミックビーム』編集総長もつとめた“O村”こと奥村勝彦さんが漫画界の歴史&激動の編集者人生を独自の視点で振り返る!

げ!! 編集長!?

 あー。そんなワケで、会社のトラブルがありーの、会社の引っ越しもありーので、2年と何か月が経過した。

 そんなある日、金田一君から相談された。どうやら、他部署に転出することになったので編集長になって欲しいって事だった。

 俺は漫画を起こして、雑誌を作って、単行本を作るという日常の業務は、それこそメシ食ってクソをするようにやって来たが、それ以外の仕事は全然知らない。正直言うと、興味が無かったのよ。

 「大丈夫かなあ、編集長になったら色々他にやることあんだろ?」

 「大丈夫ですよ! そんなに難しいことないですよ」

 てな話になって、引き受けちゃったワケだが、これが全然大丈夫じゃなかった!! 金田一君が思っていたより、俺は遥かに何も知らなかったのだ!! ほぼ幼稚園児並みに。


 んで、これがウチの予算表ですってA3の紙を渡されたりしたのだが、何だかやたら細かい数字や、聞いたこともない項目がズラズラ並んでいて、見ただけで失神しそうになった!!

 わからん事は聞いてくれって言われても、何から聞いていけばいいのかさえ、わからねえ……。だいたいエクセルなんざ触ったこともねえ。


 やれやれ困ったなあ。こりゃ、俺一人じゃラチが明かねえや。誰か有能な相棒が居りゃあなあ……そんな人間が都合よく居るワケが……あ、1人居たわ。

 昔、秋田書店で一緒に働いていた後輩の岩井が、俺のあとで秋田を辞めており、何を血迷ったのかニューヨークの大学に入っていたのを思い出した。たしかあれから3年ぐらいか経ってたなあ……。

 アイツなら俺の数十倍は頭がいいし、漫画に対する知識は掃いて捨てるほどある。仕事に関しても鬼のように真面目だ。そういやあ、アイツと一緒に仕事がしたくて、グラチャンの創刊の時に引っ張ろうとしたけど、うまくいかなかったよなあ……。オーケー!! あんなトコに3年も居りゃあ、そろそろ里心も沸いてるに違いない。


 時間的な余裕はあんまりねえ。俺は休みを取って岩井に電話した。

 「あのよう、ちょっとヒマできたんでソッチ遊びに行くわ。メジャーリーグの試合観てえから、案内頼むわ」

 「あ、ちょうど学校休みだからいいすよ」

 これで準備は万端、あとは行くだけだ!! ……待て!! 次回!!、

(次回は2月22日掲載予定です)



O村の漫画野郎 バックナンバー

イラスト/桜玉吉