ビーム前期漫画振り返り第一弾!!【O村の漫画野郎#42】

奥村勝彦
公開日時

 秋田書店の漫画編集者を経て、元『コミックビーム』編集総長もつとめた“O村”こと奥村勝彦さんが漫画界の歴史&激動の編集者人生を独自の視点で振り返る!

ビーム前期漫画振り返り第一弾!!

 あー。これからビームの前期に掲載された漫画を語ろうと思うが、あくまで俺の主観で選ぶしかないので、異論は多々あるんだろうけど勘弁してね。

●『イムリ』(三宅乱丈)

 こないだ完結したが、ビームの最多巻数を誇る長編SFだ。ストーリーや設定のディティールまで、完璧に考え抜かれており、担当の岩井がどんな質問をしても、キチッとした答えが返って来たってんで舌を巻いてた。

 俺が恐れてたのは「ちゃんと完結させれんのか?」ってことだった。だもんで完結したと聞いた時は、既に現場は離れていたけど心底ホッとした。正直、どこの雑誌も載せきる自信が無いだろうから、なかなかこんな腰の入ったSFはそうそう出来ねえだろうな。

 乱丈さん本人はシャガレ声で、一見ガラッパチに見えるけど、無茶苦茶繊細な女性だ。でないとこんな漫画描けねえよなあ。非常な愛豚家で愛する豚さんのために一戸建てを購入し、大枚はたいて改装(もちろん豚さんのために)したってえからハンパじゃねえ。……素敵な話じゃねえか。

●『夜は千の眼を持つ』(上野顕太郎)

 長期連載その2!! これもビームの草創期から続いたギャグ漫画で、よくもまあ、こんな長期間やったもんだなあ、とあきれるしかねえ。

 それも軽いタッチとは真逆な作風というか、鬼のように手間のかかる作風でだ!! ほとんどマゾの世界だ!!

 まあ、俺も俺なので担当でもないのに、「世界文学全集を8ページで描かねえ?」とか「単行本の4コマの最後だけ空けといて印刷してな。オチを全部変えて直筆で描き込んだら、本邦初全冊別オチだぜ!! どうよ?」などと言ったりしてた。

 んで、2人で真剣に可能性を検討し、コリャ無理だという結論に至った。だが、まさにこれぞギャグ漫画の醍醐味!! 非常識こそ生きる道だ。

 ……なのでギャグ漫画家の消耗は激しい。それをデビュー以来、ずっとやり続けてるんだから、ウエケンさんは偉えやなあ。彼が真面目なギャグ漫画家と呼ばれる所以である。

●『砂ぼうず』(うすね正俊)

 長期連載その3!! しかしまあ、編集者の前で「俺はカネのあるうちは、描かねえよ」と平気で言える古典落語の熊さん八っつあんみてえな人間が、よくもこんな長い間、ひとつのネタを描いちゃったもんである。

 まあ、そういった性格が俺は好きなんであるが。腕はいいんだが、言う事を聞かねえ職人ってえ風情である。

 物語に出てくる人物はあらかた無精で不服従。作者がそうなんだから仕方がない。そこが一番面白いんだよなあ。原稿の仕上げを手伝ってる彼のカミさんと俺で「もうちっと怠けねえで、早くやれよなー」と、うすねさんを一緒にケナすのが、とても楽しかった。

 本人は「ひー、ごめんなさーい」つってんだから、しょうがねえよな。ただ、病院行くのを面倒臭がって、十二指腸潰瘍が破れちゃって、長期リタイアしたのが惜しいね。マジで死にかけたからなあ。いやはや、死んじまったらシャレになんねえって。

 …あらら、スペースが尽きちゃった。次も前期を振り返るぜ!! 待て!! 次回!!

(次回は4月12日掲載予定です)



O村の漫画野郎 バックナンバー

イラスト/桜玉吉