スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』体験版ストーリーモードクリア後のお楽しみ“バトルモード”をレビュー!

ハチ
公開日時

 スクウェア・エニックスが8月22日に発売するPS4/Nintendo Switch/PC(Steam)用アクションRPG『鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)』の体験版が配信中! ストーリーモードのプレイデータは製品版に引き継ぎも可能なので、一足先にプレイして発売に備えましょう。

 別の記事では体験版の概要や見どころをレビューしましたが、この記事では本作でジョブの役割を担う“鬼ビ人”を使った戦いを堪能できるバトルモードをレポートします! 

 なお、バトルモードは体験版のストーリーモードをクリアするとプレイ可能に。難易度も3段階から選択できるので、自分に合った難易度でクリアを目指しましょう!

個性豊かな“鬼ビ人”を使いこなそう!

 本作では、主人公である“カガチ”に“鬼ビ人”を憑依させてバトルを行います。

 “鬼ビ人”とは、強く純粋な想いを秘めた“迷イ人”で、記憶と引き換えに強力な力を持っています。

 いわゆるジョブと同じ感覚で、“鬼ビ人”はそれぞれに異なった武器やスキル、技などを持っていて、リアルタイムで切り替えながら戦うことが可能です。

  • ▲“鬼ビ人”は4人まで編成でき、戦闘中にリアルタイムで切り替え可能。それぞれ4種類の技をセットできますが、技ごとにクールタイムがあるので、使用するタイミングに注意!
  • ▲魔物が落とす“鬼魂”で“鬼ビ人”の技奥樹を育てていくと、技が増えたり能力が強化されるのでどんどん成長させましょう!
  • ▲“鬼ビ人”の真の力を解放する“鬼哭化”! 同調率が100%を超えると“鬼ビ人”の能力が強化される“鬼哭化”を発動できます。

 体験版のストーリーモードでは、剣の使い手“アイシャ”と槍の使い手“ザーフ”。バトルモードでは、“アイシャ”と“ザーフ”に加えて、斧の使い手“ウィル”と鎌の使い手“イザナ”も使用することができます。

 ここでは、バトルモードで使用可能な4人の技やスキルを紹介します。

アイシャ:攻守ともにバランスがよい剣士で、初心者にオススメ

 剣の使い手で“カガチ”の相棒的な存在。ゲーム中のプロフィールによると、情熱的で愛情深く、遠い記憶に残るのは、ひとときの幸福と愛への激しい渇望……と、ちょっと意味深なお姉さまです。

 能力的には素早い動きが可能で隙が少ないことが特徴。攻守共にバランスがいいので初心者にオススメ! ダッシュが可能なので、敵の攻撃を避けやすいのも魅力です。

  • ▲ダッシュは敵の攻撃を避けたり、敵の懐に素早く潜り込むのに便利!
  • ▲疾風刻。ダッシュしながら攻撃し、攻撃中に通常攻撃で追撃が可能。
  • ▲鳳凰落月。“カガチ”が後ろに退き距離を取ってから、“アイシャ”が衝撃波を飛ばす技。
  • ▲明鏡夢想。精神統一して“カガチ”と“アイシャ”が斬撃を放つ! 発動前にボタンを押し続けるとチャージ可能で攻撃の威力が上昇します。
  • ▲闘翔撃。ジャンプしながら斬り上げて浮遊した敵を切り刻みます。通常攻撃で追撃可能。

ザーフ:まるで竜騎士! ジャンプを使った立体的な戦いが可能!

 槍の使い手で、騎士道精神を持ち実直な性格の持ち主。ゲーム中のプロフィールには“遠い記憶に残るのは自分へ向けられた誰かの憎悪と激しい後悔”とあり、かなりハードな過去をもっていそうですが!?

 能力的には、槍を使ったリーチの長い攻撃が得意で、ジャンプを使った立体的な戦いが可能!

  • ▲ジャンプしながら、技を繰り出すこともできる! ジャンプ中は無敵です。
  • ▲ミーティア。ジャンプしてから降下攻撃を行う。攻撃が当たる瞬間に再びボタンを押すとクリティカルが発生。光の輪で着地地点を決められます。
  • ▲ヘリックス。阿吽の呼吸で一気呵成に突撃を行う!
  • ▲ウインドミル。“ザーフ”が槍で作り上げた壁の後ろからクリティカル率が高い攻撃を行う、壁は敵近づけず、弾を消滅させる。防御にも使えるので便利。
  • ▲スウィープ。上空から攻撃するとともに、薙ぎ払って敵を吹き飛ばす! 敵を怯ませることもあります。

ウィル:高い攻撃力が魅力で、敵の攻撃をガードすることも可能!

 斧の使い手。感情的で近寄りがたいところもありますが、仲間想いの一面もある少年です。

 “遠い記憶に残るのは、幸福と混ざり合う憎悪と流浪の日々”……。憎悪、気になる言葉ですね。

 能力的には高い攻撃力が魅力で、敵の攻撃をガードすることも可能。タイミングよく使ってダメージを減らしながら戦いましょう。

  • ▲ガード。敵の攻撃のダメージを減らすことができます。
  • ▲ヘルスラム。信頼関係があるからこそ可能な捨て身の突撃を“ウィル”が行います。
  • ▲デッドエンド。“ウィル”が敵を打ち上げたところに合わせて、勢いよく斬りつけます。
  • ▲カラミティ。“ウィル”が回転しながら連続攻撃。敵を吸い込む効果があるので大量の敵を一気に殲滅可能!
  • ▲デスペラート。敵の眼前まで間合いを一気に詰めて、防御していようと力の限りぶっ叩く! ガードしている敵にも有効です。

イザナ:ワープ移動がユニーク! 広範囲攻撃が得意なクセが強い鬼ビ人

 鎌の使い手。無表情で無感情、他人への興味が薄い少女。

 遠い記憶に残るのは、死者の冷たい涙と生者の歪んだ笑顔。……なんだか、ちょっとオカルトの匂いがしますが、はたして?

 能力的には、広範囲に対して破壊力の高い攻撃が可能。ワープで敵の死角を突いた攻撃もできます。ちょっとクセは強い部分がありますが、戦い方次第ではかなり活躍できるはず!

  • ▲ワープ。敵の攻撃を回避することもできますし、うまく使えば相手の背後を取れます。
  • ▲パラレル。“イザナ”と背中合わせになって敵を薙ぎ払う。攻撃が敵の背面に当たると威力が上昇します。
  • ▲グレイス。流れるような動きで連続攻撃を行う。攻撃後は透明になって気配をなくします。
  • ▲ショック。前方に衝撃波を飛ばし、さらに衝撃波で追撃します。
  • ▲シリアル。斬撃の軌跡が立体交差する攻撃を行い、攻撃が敵の背面に当たると毒状態にする場合があります。毒状態になった敵には紫のシャボン玉のようなエフェクトが発生!

4人の“鬼ビ人”と一緒に強敵を倒せ!

 バトルモードのマップを進んでいくと、ストーリーモードでは登場しなかった敵がうじゃうじゃ!

 柵に囲まれ、敵をすべて倒さなくては先に進めないギミックもあり、まさに戦うためのモードといった印象でした。

 また、異常状態にしてきたり、地面に潜って近いてきたりと、特殊な攻撃をしてくる敵も出現するので注意! 

  • ▲紫の柵で囲まれてしまうと、その中にいる敵を殲滅するまで出ることができません。バトルモードでは敵の数が多いので“ウィル”の“カラミティ”などで一気に殲滅しましょう!

 マップを進むと、最後に強敵が待ち構えています。回復アイテムである“癒し香”も7個までしか持てないので、被弾を抑えることが重要!

 動きはゆっくりではありますが、腕を振る攻撃は範囲が広く、読みづらいので“アイシャ”のダッシュや“ウィル”のガードをつかうのがオススメです。

 また、ガードやビームを繰り出してくるので、ガードへは“ウィル”で対応し、ビームを打ってきたときには背面に回り込んで攻撃をしましょう。

 さらに、手裏剣のようなビームを放つ敵も現れるのですが、これがとにかく厄介。ひとつずつ壊そうにも動きが速いので、“アイシャ”などの攻撃の隙が少ない“鬼ビ人”を使って撃破していきましょう。

 NORMALモードでもかなり強いですが、いろいろな技を試して、ぜひクリアを目指してください!

  • ▲ビーム中は後ろがガラ空きなので攻撃のチャンス!
  • ▲手裏剣のような敵は、ビームや回転攻撃などをしてくるので注意!

 以上、『鬼ノ哭ク邦』の体験版バトルモードレビューでした。

(C) 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Developed by Tokyo RPG Factory.

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 発売日: 2019年8月22日
  • 希望小売価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: PS4
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)(ダウンロード版)

  • メーカー: スクウェア・エニックス
  • 対応機種: Switch
  • ジャンル: ARPG
  • 配信日: 2019年8月22日
  • 価格: 5,800円+税

鬼ノ哭ク邦(オニノナククニ)

  • メーカー:スクウェア・エニックス
  • 対応機種:PC
  • ジャンル:RPG
  • 配信日:2019年8月22日
  • 価格:5,800円+税